ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
27
 
9.jpg

翌朝、ホントは昨夜乗るはずだった夜の夜景が見られる眉山のケーブルカー、それをホテルの窓から悔しげに見るオレたち。

10.jpg

そして、すぐ近くにある有名な徳島ラーメン「いのたに」へ。

11.jpg

ココのラーメンの味は少しすき焼きのようで、チャーシューの代わりに豚のバラ肉、そして、お好みで生卵も入れられます。すき焼き、豚バラ肉好きのオレにとっては、まさに堪えられないラーメンでした。

12.jpg

ラーメンを味わうケンケン一家。1番手前が長女のモモちゃんで、その奥が嫁のカヨちゃんです。

13_20100927211949.jpg

で、その後、隣県の香川を訪れたオレたちは、この「SIRAKAWA」から讃岐うどんの食いまくりを開始。ちなみに、この店は当ブログに香川情報を寄せてくれた「毎日聴いてる香川県人」さんの意見を参考に選びました。おすすめは、スープカレーうどん。

14.jpg

15.jpg

が、スープカレーうどんは今はやってないと言われ、なら冷たい「たこちくぶっかけ」を注文しました。そして、それを掃除機のように食べるケンケン。う~ん、確かにウマかったけど、やっぱ讃岐うどんは温かい汁の方がウマいような気もするな。でも、86点。

16_20100927212013.jpg

17.jpg

続いて訪れたのが、去年の年末にも寄ったうどん本陣「山田家本店」。ココでは各人、キツネうどんとかワカメうどんとか好きなものを注文し、ボキは写真の肉うどん玉子入りをオーダーしたんだけどさ。いや、やっぱりこの店は雰囲気もサービスもメタメタ良くて、オレ的にはこのうどんに94点をあげたいっス! いや、ホントうまいっ。

18.jpg

19.jpg

で、その後、夜も深まって訪れたのが、香川県ではうどんに続いて2番目に名物となっている骨付き鳥の直火焼の店でね。店名は「たあちゃん」。で、コレが50分も焼かれて出てきた、その直火焼なんだけどさ。

20.jpg

いや、ホントにメタメタうまくてね。こんな外はパリパリで、中はジュワ~っとしてる鶏肉を食べるのは多分、初めてだなぁ・・・・・。つーか、みんなも香川を訪れた際には、必ず行ってみてください。
香川県高松市成合町16-9

21_20100927212114.jpg

さて、で、旅行最終日の4日目の朝に訪れたのが「がもううどん」。この店は、うどん小が130円という激安店だったんだけどさ。

22.jpg

出っ腹のケンケンが、ここのうどんを一口食った瞬間「ウマいっ!・・・ウマいっ!」と絶叫。確かにココのうどんは汁の味の深さ、そして麺の適度な柔らかさも絶妙で、この日は平日だったんだけど店の周囲でうどんを食ってた沢山の客の数にも納得しました。90点。

23.jpg

ちなみに、香川には写真のような小さな山がポコポコあって、何だかソレが可愛かったです。

24.jpg

25.jpg

で、今回の旅で一番最後に寄ったのが、この朝の5時半から営業してる「なかにし」で、やっぱし評判どおりにウマかったっス。
ただ欲を言えば、オレ的には麺がプリプリしすぎてるっていうか、讃岐うどんの麺はもう少しだけ”だらしない”ほうがイイと思うっス。でも、80点。
つーことで、今回のバカ長いレポートもそろそろ終わるんだけど、最後に讃岐うどんについて一言だけ語らしてもらうと、やっぱ讃岐うどんのウマさ、イコール汁の奥の深さですな。あのさば節、かつお節、いりこ、こんぶでダシを取った、その奥深さが一番の魅力だと思います。てか、そうは言っても、まだまだ全然わかりません。また1~2年経ったら行きます、香川県に。つーことで以上です、キャップ!

Comment

2010.09.28 Tue 06:19  |  

美味そう~
今朝飯がっついて満腹だけどうどん食べたくなりました。鳥肉も美味そう~
  • #-
  • おぢ
  • URL
  • Edit

2010.09.28 Tue 15:34  |  

食べ物の旅ですね~
鶏肉もうどんも、とってもおいしそう!

なんだかうどんを食べたくなってきちゃったなぁ
  • #-
  • HBK
  • URL
  • Edit

2010.09.28 Tue 18:43  |  最近の小さな悩み

うちの地元の駅前にさいきん『秋のかもしゃぶ』って
のぼりが立ってるんですけど、
それが私には『シャブやってる鴨ちゃん』
の意にしか見えないんですよね。
親友に言ったら、
サイバラさんに写メ送れって言われたんですけど、
どうやったら届くのかさっぱりわからないんですよね…。

私はそんな日々を送ってました!
お帰りなさいキャップ!
  • #mQop/nM.
  • さちこ
  • URL
  • Edit

2010.09.28 Tue 20:53  |  鼻からうどん

うどんと言えば、『あしたのジョー』で、減量苦に耐え切れなくなったマンモス西が夜な夜なジムを抜け出してはこっそり食べていた屋台のうどんが忘れられません。

減量中で炭水化物が枯渇している身体に流し込むうどん…わけても、丹下会長やジョーの目を欺きながら隠れてむさぼり食ううどんの味は、罪悪感や背徳感がむしろ極上のスパイスとなり、さぞや甘露のごとき美味に感じられたことでしょう。

その代償として、いつまでたっても西の体重が落ちないことを不審に思ったジョーに現場を押さえられ、怒りのボディブローを食らって鼻からうどんを噴出するという醜態を晒したばかりか、その後もことあるごとに「減量に耐え切れず隠れてうどんを食うようなやつ」「うどん野郎」などと罵倒されるハメになるのですが…。

放送当時、鼻からうどんを垂らしながら惨めに泣くマンモス西の顔が脳裏に焼き付いて、しばらくうどんが食えなくなりました…。
  • #54OeKG6E
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2010.09.28 Tue 21:07  |  

なかにし!実家近いっすよ~^^
先代のご主人のときからよく行ってました。
そして、がもう!地元の友達も推してましたね~
鳥は「一鶴」かと思ったんですが、成合にそんな良いお店あったんですね!
今度帰省したらいってみよ!^^

ってか明日帰りたくなってきました~~
  • #2DdjN05.
  • まっちゃん
  • URL
  • Edit

2010.09.28 Tue 21:52  |  感激

どうもすみませーん。やってなかったんや。
ほんとにお寄りくださるとは思いもかけず。感涙。
ちなみにワタクシの家はSIRAKAWAうどんと同じ町内です。
今度お越しの際は、大将にスープカレーうどんを用意するよう言っておきますので、お知らせくださいませ。
というか、ゲッツさん、間近で拝ませてください!!!
なんなら、ゲッツさんそっくりのうちの社長を呼びますので!

がもうのうどんは、ほんとーに奇跡のように美味しいんですよ!

2010.09.29 Wed 08:14  |  興奮冷めやらず

まだ、釜あげうどんや、釜玉うどんを召し上がっていないようなので、こんどぜひお試しください。
ワタクシとしては、釜あげは長田in香の香、釜玉は山越うどんがお奨めです。
2店とも超有名店なので、ご存知かな。
ゆでたばかりのうどんに温かい出汁をつけます。
ゆでたてのうどんは、炊きたてのご飯のような感覚ですね。

SIRAKAWAさんとこのうどんはコシがあるので、温かいほうが美味しいと思います。
温かいぶっかけうどんもあります。

ワタクシの町にいらしてくれたことがうれしくて、またコメントしてしまった!







2010.09.29 Wed 11:42  |  

実は俺もこないだ愛媛に行ってきまして、熊本を夜の2時に車で出発し、翌日の夜1時に帰ってくるというキャノンボールランだった訳で、名物も何も食べる暇もありませんでした。大成功!テテッ!テテテ~っ!
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2010.10.01 Fri 23:02  |  

むちゃくちゃうまそうですーー!!!
ダイエット中の私には刺激的な写真ばかり・・
いつか絶対行くぞーー
そしてゲッツさんが行ったお店回ります♪♪
  • #-
  • やんやん
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/97-974df5d9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。