ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
25
 
ちっす! 最近、小まめに更新できなくてスンマセン。
つーか、先週までボキは大忙しでね。ほら、血圧を下げるために頻繁に地元の病院に通ってさ。しかも、そんな時にSPA!の「板谷遠足」で高尾山に登ることになっちゃってねっ。その上、その次の日には、上アゴの骨にビスを6本打ち込むインプラントの手術があったりと、毎日が試練の日々でさ。で、唯一、息が抜けるのが夜のDVDを見る時間だけでね。
てか、今、ボキはハンパない勢いでドラマ「北の国から」のDVDを見ててさ。そう、このドラマを見るのは実は初めてでね。つーか、このドラマがTVで放映されてた当時、なんか暗いというか、泥臭いというか、ま、そんな雰囲気が漂ってたんで一切見てなかったんスよ。
ところが、「北の国から」と同じく倉本聰が脚本を書いたドラマ、たとえば「君は海を見たか」「前略おふくろ様」「昨日、悲別で」「ライスカレー」なんかは大好きで、よく見ててね。で、ある日、先輩のNさんに言われたんスよ。
「コーちゃん、倉本ドラマが好きなんだったら"北の国から"を見ないのはオカしいって!」
で、その後、Nさんは口頭で「北の国から」のいくつかの名場面の話を簡単にしてくれてね。それを聞いたら、もう目頭がウルウルきちゃって、それでレンタルビデオ屋で「北の国から」を借り始めたんだけどさ。このドラマってDVDでも20本以上あってね。とにかく、最初から順に見始めたんだけど、ほら、舞台になってるのが北海道の富良野だから、ネタになるものがモロ人間関係しかないんだけど、もう毎回泣けちゃってさ。
つーか、数ヶ月前にボキは皆さんの推薦により「男はつらいよ」のDVDを2~3本見たんスよ。で、まぁ、良かったんだけど、どうしても全作品を片っ端から見ていこうっていう気にはならなくてね。ところが、この「北の国から」は止まらなくなっちゃってさ。特にジュンと竹下景子が吹雪きにあって死にそうになってる時、ゴローたちが北海道の馬に乗って助けに来たシーンなんて、その馬を見ただけで涙がチョチョ切れちゃう始末でね。
つーことで、「北の国から」が好きな人は、どのシーンが好きか教えてください。よろしく~

kita.jpg
最近、借りまくってる「北の国から」


これは「昨日、悲別で」のワンシーン。皆、この作品をDVD化させよう!

Comment

2010.05.25 Tue 19:25  |  

“泣きのド定番!”ってシーンも山ほどあるのが『北の国から』…っつ~事でちょっと目線を変えてチョイスした、俺が印象に残ってるシーンってのは、恐らくまだゲッツさんは見てないであろう後半なんすけど、鬼の様な形相でトラクターに乗って畑に農薬を撒きまくる岩城滉一に孤独な一票!
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2010.05.25 Tue 19:25  |  

そうですか
【男はつらいよ】ゲッツさんのお気に召しませんでしたか。

【北の国から】は、ちっとしか見てません。
有名なシーンですが、
食堂で、純と蛍が中華そばを食べてる最中に、
店員のお姉ちゃんが、さっさと片づけようとする処で、
五郎さんがキレて『子供がまだ食ってる途中でしょうが!!』
ってとこが印象的です。

血圧の具合は如何ですか?
心配致しておりました。(ぼくはホモじゃ無いッス)
  • #T0ca3UNU
  • marsa
  • URL
  • Edit

2010.05.25 Tue 20:58  |  

きゃっ!天宮良!!好きでした。

動画観てたら胸キュンですわ。
すっかり忘れてましたけど、当時は強烈でした。
終わりの曲かな?石田えりと天宮良が向き合ってダンスをするシーン、そこで流れてた曲、なんでしたっけ...
ムーンリバー???違うか?
昔の洋楽だったことは覚えてるんですけど。

DVD化賛同します!!

ゲッツさん適度な運動、もしくは深呼吸して血の巡りを良くするように心がけるだけでも違いますよ。
元気で長生き!頑張りましょー!

  • #Z5GHyyj6
  • akiko1873
  • URL
  • Edit

2010.05.25 Tue 23:02  |  

れいちゃんの完成した笑顔。

純が東京へ出て行くシーンで、五郎がトラックの運ちゃん(古尾谷雅人)に泥のついた二万円を渡していて、それを無愛想に突き返した時のトラックの運ちゃん(古尾谷雅人)の台詞。

純が理不尽にその金を盗まれ、結果はともかく、一人で向かっていったその精神。

プロボクサー時代の草太が、ボクシングの試合で負ける設定になっていた所、マジでやって勝ったら、勝った事にしてくれといって本気で勝負しに行った、クールスな部分。

和夫が、みずえの癌を吐露する場面で、地井武夫自身も実際に同じ事を経験していた為、演技ではなく本当の涙であったところ。
シュウが純にAVに出た経緯・事実を打ち明けた度胸。

出演者がずっと代わらないところ。
  • #grGQ8zlQ
  • URL
  • Edit

2010.05.26 Wed 08:37  |  

その助けに来た馬を売り、その事を酔っ払って告白する大友柳太郎。

いしだあゆみが富良野に来た帰り、それまで口をきかなかった蛍が電車を追っかけるシーン。

あぁ・・・また最初から観たくなった。

2010.05.26 Wed 10:21  |  

ううっ、↑の波さんに全面賛成ッス!!
  • #-
  • ひでゆき
  • URL
  • Edit

2010.05.26 Wed 12:07  |  ホント泣けます

そうそう、前出しましたが、食堂で純が泣きながらラーメンを食べてる時の、五郎さんの「子供がまだ、食ってるでしょうが!!」に一票。

何度見ても泣けますね・・

2010.05.26 Wed 14:27  |  

正吉が、たまに帰ってくるお母さんに甘えてる場面を寂しそうに見つめる純(蛍もいたかな?)のシーンですね。
それと、こごみを商売女呼ばわりした純を叱る五郎さんのシーン。
泣けはしないんだけど、残酷な映像描写とセリフの中にあるそれぞれの心情が悲しいです。

『昨日、悲別で』では、東京に確か新婚旅行で来た駅長が新妻から逃げる、その理由がなんともおもしろ悲しく、『ライスカレー』では、「自分には何も無い」と胸のうちを吐露し、ケンと別れるアキラが悲しかったです。
 
  • #-
  • 柏倉
  • URL
  • Edit

2010.05.26 Wed 19:39  |  

'92巣立ち~で、純に姪のタマコ(裕木奈江)を妊娠させられた菅原文太が、謝りに来た純を殴りつけて一言、

「誠意って何かね?」


…なんか、観ているこっちまで胃がキリキリ痛くなってくるようないたたまれないシーンでした(|| ゚Д゚)
  • #6WFLviE6
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2010.05.26 Wed 21:53  |  

北の国からは私も大好きで、再放送やDVDで何回か見ました。
私なりの名シーンはたくさんありますが、結構後の部分だと、ショウキチ君が蛍にプロポーズする場面が印象に残っています。
あとは最初の辺りの、川から水を引いてくるところとか。
私にとっては最初から最後まで全部が名場面ですね~(^^)
  • #Mb6FMswE
  • しほ
  • URL
  • Edit

2010.05.27 Thu 16:06  |  

オリジナル版の後、スペシャル化した作品もそれぞれイイんですなぁ…

机上では思いもよらない
富良野に住んでいるからこそのリアリティ

全員が主人公ってくらいに、キャラクターの成長や「老い」が
自然と伝わってくるのは、キャストが変わらないってだけではないでしょうね
製作スタッフに脱帽です
あ、好きなシーンは、ずばり「ま~め~~~~っ」
  • #bCI338BY
  • しげぞぉー
  • URL
  • Edit

2010.05.27 Thu 16:27  |  

僕も北の国からにハマりDVDを全部見て、2年前に富良野へ北の国からのロケ地を周りに行ってきましたよ。

住んでた家や小学校は見学できますよ。純が火事を打ち明けたラーメン屋さんは駅前に実在してて食べることができます。普通にうまいです。ほとんどの撮影箇所が見れます。マップもありますし。板谷遠足で行ってみては。

僕は85'初恋が一番好きです。純が泣いて父さんに反抗するシーンや発電機からの電気がつくシーンが好きです。

板谷さんDVDを全部見て一度富良野へ行くことをオススメします。富良野・六郷は最高ですよ。ちなみに富良野には北の国から博物館みたいなのもあります。

2010.05.27 Thu 20:45  |  素敵なドラマ!

私も北の国からの大ファンです!
ゲッツさんも好きだとは嬉しいです♪

私の好きなシーンは確か第一話だと思いますが、富良野の家に電気が通ってない事を純が知り、
純「TVはどうするんですか」
五郎「そんなもんいりません」
純「あたーーっ!」
のシーンの純が好きです♪

本当に素敵なドラマです。
私の中で北の国からを超えるドラマはありません!

2010.05.28 Fri 02:00  |  バカの国から'10 初夏

これはボクのためにあるお題じゃないですか!!
ボクの人生ナンバー1ドラマ『北の国から』。かつてあまりにもハマりすぎてしまい、ヒマさえあれば見続けてしまったせいで、激しく名作過ぎる『'87初恋』のセリフをすべて覚えてしまい、大学生のときの就職活動時に『北の国から』にかかわりたいからとフジテレビの一芸入試で、『北の国から'87初恋』のセリフをすべて言って入社しようと目論んでいたところ、一人の持ち時間が5分と判明して断念、、、、なんていうステキな青春のビタースウィートな想い出も。
『'87初恋』で鏡を反射させて純の顔にヒカリをあてながら「ウフフ、わかる?」といった大里礼ちゃんこと横山めぐみの初登場シーンで、礼ちゃんに恋してしまった輩はあまりにも多過ぎるはず。すでに、横山めぐみはあのとき青山学院の1年生でしたからね、そりゃぁ多感な思春期の少年たちは恋しちゃいますよね。
さらに、陸上部出身の横山めぐみが全力疾走するときのフォームの美しさにもウットリ。。。。
ゲッツさん、知ってました?『北の国から』のホントの恐ろしさは連続ドラマでやっていたときではなく、連続ドラマ終了後の2~3年に1度のペースで訪れるスペシャルにあるということを。。。。
  • #-
  • RYO
  • URL
  • Edit

2010.05.29 Sat 12:15  |  

SPA!に載せていただきありがとうございます。
知り合いからSPA!を見たという連絡が入るようになりました。
あと、血圧は薬を飲めば確実に下がります。
がんばって病院へ通ってください。
  • #1jhbtX.k
  • こもれび
  • URL
  • Edit

2010.05.29 Sat 15:19  |  初めてコメントします

板谷さん、こんにちは。よく著書を読んでいますが、初コメントです。

『北海道の富良野だから、ネタになるものがモロ人間関係しかない』に思わず吹き出してしまいました。

私、本名もあの純と同じ純なのですよ。。。だから田中邦衛さんが「じゅん~」って言う度に自分が呼ばれているような複雑な気持ちになっていたのですが。

それはさておき
私が一番好きなシーンは
純が「家の電話番号は何番だ?」と聞かれ、「うち電話無いんです」「嘘つけ」「ほんとに無いんです!!」と泣きながら言うシーンですね~
胸に来ますよ。
  • #q861.PBw
  • jun
  • URL
  • Edit

2010.05.29 Sat 15:35  |  

前出してますがほとんど後半の方の作品で宮沢りえが出てた回のラストで純にAVに出たいきさつを話すシーンを観たとき
走ってって純ぶん殴ってやろうかと思うぐらい号泣しました
  • #-
  • kozy
  • URL
  • Edit

2010.05.29 Sat 17:41  |  

何て質問するんだよ。読んでるだけで涙で画面が見れません・・・。
オイラの好きなシーンは
母さんの葬式の時に警官(平田満)が靴を遺書に探すシーンと、’98時代のトラクターの下敷きになって死んだ草太兄ちゃんの葬式で、草太兄ちゃんにトラクターを運ぶのを手伝って欲しいという頼みを断ったと、牛舎で純が父さんに告げ、嗚咽をもらして泣きじゃくるシーンです。
  • #-
  • COUっち
  • URL
  • Edit

2010.05.30 Sun 01:24  |  

自分の好きなシーンは、イソップが死んでしまった時です。
  • #mQop/nM.
  • ラキルチ
  • URL
  • Edit

2010.05.31 Mon 09:52  |  


節子、それ「北の国から」やない、「スクールウォーズ」や
  • #6WFLviE6
  • 清太
  • URL
  • Edit

2010.05.31 Mon 17:56  |  

おおっ動画は「昨日悲別で」ですね!
もう20年以上前のことですが、モロ地元出身で、自分の母校の前で布施明さんの乱闘シーンなど撮影していました!
北の国からの名シーンは、ドラマ版の蛍が母さんの列車を川沿いに追いかけるシーンと、怜子の葬儀に飛行機ではなく汽車を利用して一日遅れで現れた五郎に、陰口を言う周囲に対して、清吉が言い訳をするシーン。汽車と飛行機の運賃の一万ちょっとの差をどれだけ土に這いつくばって稼がなければいけないのかを説いたセリフは、今でも無駄使いした時、自分に言い聞かせてます(笑
  • #-
  • スカポンタン
  • URL
  • Edit

2010.05.31 Mon 23:24  |  

北の国から
私もハマりました。
新婚旅行は富良野・麓郷を巡りました。
会社の社員旅行で札幌に行った時、一人で富良野に行ってしまったし。

好きなシーンは警察官と靴探すシーン。
正吉と純が川遊びから裸足で麓郷に向かうシーン。
トラックの運転手から2万円を返されるシーン。
純が風呂場で父さんに泣きながら富良野で暮らしたいと吐露するシーン。
父さんが生き埋めになり、必死に生き抜こうとした事を子どもたちに教えるシーン。
正吉が父さんと一緒に酒を飲みたいと一升瓶を抱えてきたシーン。

キリないわ~
  • #-
  • kidfuji
  • URL
  • Edit

2010.06.01 Tue 10:34  |  ソプラノズ

初投稿です。連ドラ繋がりでゲッツさんにどうしても推薦したくて書き込みます。
→アメリカの連続ドラマ「ザ・ソプラノズ」
「ゴッドファーザー」と「グッドフェローズ」と西原さんの
「ぼくんち」を混ぜてイッキ飲みした味に似てると思います。
アメリカではめちゃくちゃ人気やったらしいですが、日本ではWOWOW等で放送されつつも人気はイマイチみたいです。
されーど、!アウトローの持つ万国共通な雰囲気、堅気である嫁や子供の悩み、友情と組織の天秤、裏切りも等々、リアルです。もし既にご存知でしたらすみません。
ズタボロ楽しみにしてます!

2010.06.03 Thu 14:16  |  

ソプラノズ自分も好きです。見てるうちにハマりますよね!イソップなんて言ってる場合じゃないですね。清太さん、すいま千円くれ
マフィア映画のフェイクも好きです最近、DVDも出たから、チェックしてみて下さい
  • #mQop/nM.
  • ラキルチ
  • URL
  • Edit

2010.06.03 Thu 21:06  |  

はじめまして です!

板谷さんの著書が好きで、西原さん
鴨ちゃんetc 結構 読ませてもらってます。
最近、ブログを知り『北の国から』にハマって
いるとのことで・・・。
自分もリアルタイムではまり大好きなモノの
ひとつです。
某ブッ○オフでシナリオ版『北の~』が全巻
出ていたので大人買いしてしまいました。
  • #5mLFFOuI
  • ザル
  • URL
  • Edit

2010.06.10 Thu 00:16  |  

私も「靴」ですね。
警官に職務質問されて
「母さんは4日前に死にました」
の後の警官の沈黙の間で号泣です。
  • #EoWYdHHw
  • ゆみこ
  • URL
  • Edit

2010.06.21 Mon 19:07  |  

初めまして!板谷さんのご本、ほぼ読破しましたよ。(面白かったです。)

「昨日悲別で。」DVDになればいいですね。

懐かしい、昭和のかほりがプンプン♫

・・・お身体、大事になさってくださいね。
  • #-
  • まゆ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/81-d03061cc

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。