ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
16
 
uma3.jpg

お久しぶりっス。ところで、この半年ぐらいズーっと気になってたラーメン屋に行ってきました。店の名は「UMA」で、西武拝島線の西部立川駅のスグ近くにあります。ちなみに、この店のことを知ったのは去年のニュースで、以前はJR立川駅近くで他店を間借りして昼間だけ営業してたのが、2009年7月26日にココに移転したとのこと。
しかし、この西武立川駅って周囲に何もなくてさ。そこにトレーラーハウスをブチ込んでラーメン屋にしちゃったのである。
で、何で去年に訪れなかったていうと、確かに変わったラーメン屋だけどホントウマいんかよ?っていう疑いがあってね。ところが、今年になって某TV番組で、この「UMA」が取り上げられてさ。したら、つけ汁の容器をパイ生地ならぬパン生地で包んだつけ麺が名物になってるらしくてね。しかも、それを食べた、あのラーメンの鬼、佐野実が「いや、ウマいですよ……」と言ったのである。つーことで、だいぶ出遅れちゃったけど、先日キャーム&ハックと一緒に行ったんですよ。

uma1.jpg

で、話題の「極UMAつけMEGAチャーシュー(1150円)」を注文したら、20分後に上のような逸品が出てきてね。そう、まず驚いたのがパン生地よりも、このチャーシューの量の多さでさ。ロースとバラ肉の2種類が入ってて、バラ肉なんて20センチぐらいあってねっ。

uma2.jpg

早速、パン生地をハシの先で破って食べたら、つけ汁は濃厚な豚骨魚介系でね。麺も太いんだけど、少し甘みがあってウマくてさ。ま、でも、チャーシューは、さすがにボキも45になるから、ちょっと多い気がしたけどね。う~ん………ウマいかマズいかって聞かれたら、もちろんウマいんだけど、う~ん……あと2回ぐらい食べなきゃわかんないなぁ……。ちなみに、麺を食べた後でスープ割りを頼んで飲んだけど、ウマくて全部飲んじゃいました。
オレ(あと2回ぐらい、しかも、他の種類のラーメンも食べてみなきゃわかんないが、とりあえずウマいにゃウマい)。
キャーム(悪くない。でも、一ヶ月に最低でも一回は食べたくなるかと聞かれると、うん……そうでもないかな)。
ハック(ボクはチャーシュー麺は頼まなかったけど、それでもつけ汁の中に大きな肉がいくつか入ってた。味は76点っス)。
以上です、キャップ!

Comment

2010.03.17 Wed 03:19  |  お疲れさまです!

“UMA”…

てっきり未確認生物がトッピングされて出てくるお店かと思っちゃいました笑(;^_^A
  • #-
  • アドル
  • URL
  • Edit

2010.03.17 Wed 07:21  |  

コメント拝読した限りでは
なんかビミョ~な感じの店ですね
ラーメンに1150円は高すぎだと思います
  • #-
  • marsa
  • URL
  • Edit

2010.03.17 Wed 07:55  |  ゲッツさんへ

私、田中 美紀です。
この度、アメーバでブログ
「沢内 美希の詩♪」を作ったの。
よかったら、キャームさんにも
伝えてください。

2010.03.17 Wed 09:31  |  

この店 “ウマッ!(おいしい)” なんですか、“ウ~マ(未確認生命体)”なんですか?…ってか、んなことより、もしセージさんが行ったらやっぱ感想なんかも「ウン、いいと思うんですよ。漬け汁がキラキラしててドキドキした。ガムッガムッ!」とかになっちゃうんですかね。
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2010.03.17 Wed 19:42  |  Unidentified Mysterious Animal…?

他の皆さんも言及されていますが、学研のオカルト雑誌『ムー』に取材されそうな店名ですね。

ところで『ムー』と言えば、今の若い方はご存じないかもしれませんが、'80年代初頭から後半にかけて同誌の「文通相手募集コーナー」が、いわゆる“前世少女”たちの電波な投稿で埋め尽くされた時期がありました。

たとえば、

「前世でアトランティスの戦士だった方、石の塔の戦いを覚えている方、最終戦士の方、エリア・ジェイ・マイナ・ライジャ・カルラの名を知っている方などと」

「前世名が 神夢、在月、星音 という3人の男性を捜しています。早く目覚めて連絡を!!」

「私は3歳の時に運命を告げられ着実に超能力を伸ばしてきた戦士の一人です。同じ戦士の方、かなり強いエスパーの方、一緒に最終戦争に備えませんか? 」

「エーデル星で選ばれた聖なる月、星、緑、影の戦士 の方、お手紙を」

「“時”についての啓示あり。ESP戦士の方々は連絡を。戦士としての名前と生年月日を書いてください。60円切手同封だと助かる」

…等々。中には、

「霧風、涼風、時風、白羽 の名におぼえのある方か、私を仲間と感じる方、助けてください! 私はひとりぼっちです」

…などという、単に「友達のいない孤独な少女の悲痛な心の叫び」としか思えないものもありましたが…。

また、'87年12月号の読者投稿欄には、

「戦士といっている方へ一言。本当に戦士ですか?(略)私はちがうと思います」

…という14歳の子からの至極もっともなツッコミが掲載され、「中にはマトモな子もいるんだな」と束の間胸を撫で下ろしたものの、その後に続く“彼らが戦士ではない理由”というのが、

「真の戦士ならばこんなところに名乗りでないと思うからです。戦士は“時(真の戦い)”がくれバ、集結すルのデス」

…ってな感じの、やはり電波なものであったという笑えない話も…。

ともあれ、これらの妄想の基盤となる“前世から転生した超能力者たちが悪の勢力と戦う”という設定は、'83年にアニメ映画化された『幻魔大戦』の影響が大きいと思われます。
また、時あたかも終末ブームで、「ノストラダムスの大予言」や「ハルマゲドン」への関心が高まっていた世相も相まって、彼女たちの妄想は加速してしまったのでしょうね。

そして、あれから早や二十余年…当時の自称“戦士”たちも今ではアラフォーとなり、「神に使命を与えられて転生したカッコいい名前の超能力戦士」とは程遠い平凡な専業主婦になって平和ボケした顔で鼻クソほじりながらTVのワイドショーを観てたりするんでしょうね。 
昔の名残りとしては、せいぜい自分の子供に「神夢」「在月」「星音」などの“カッコいい戦士”っぽいDQNネームを付けるのが関の山で。

そんなわけで、当時の“前世少女”たちのその後が気になる方は連絡を!!一緒に最終戦争に備えませんか?
  • #54OeKG6E
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2010.03.17 Wed 20:03  |  

ボクもTVで観ましたよ。高田延彦はたぶん普通の中華そばが食べたいんだと思いました。
  • #-
  • ガス太郎
  • URL
  • Edit

2010.03.17 Wed 23:24  |  

ラーメンにパンがつくんですか??
  • #-
  • キタハラ
  • URL
  • Edit

2010.03.18 Thu 09:02  |  

おもしろいじゃないですか!
奇抜なものを売り出したら、絶対に長続きしないと叩かれる昨今
あえてチャレンジされている店主にエールを贈りますよ

高田延彦はウチの地元の「味噌カレー牛乳バターラーメン」を食べて、ものごっつハマってましたが…。
割とシンプルな味付けで、年をとってもあっさり頂けますので、昔から食べている私達にはソウルフードに近い印象を受けます。
  • #bCI338BY
  • しげぞぉー
  • URL
  • Edit

2010.03.18 Thu 21:25  |  


僕は、じろう系のラーメンが好きです(^3^)/

あの濃厚なスープと太麺がなんともいえません(-゜3゜)ノ
  • #-
  • 高1男子
  • URL
  • Edit

2010.03.19 Fri 09:23  |  

豚骨と魚介ってミックス出汁の意味がイマイチ分からないんですよね。確かめに行きたくなりました。
ゲッツさん「厚木」!!厚木面白いですよ。
  • #Z5GHyyj6
  • akiko1873
  • URL
  • Edit

2010.03.19 Fri 20:51  |  おおお~~

とりあえずまずは、「ロシア人かいっ!」と、ツッコんでおきましょう。
よくロシア料理で、クリームシチューの上にパンをかぶせて焼いた「つぼ焼きシチュー」とかゆーやつですよね。
パンをちぎってシチュにつけて食すという。
(しかしたいてい、すげーちっけーカップにはいってて、「この10倍よこさんかい、オラア!」と言いたくなる量・・・・)

そのつぼ焼きと、つけ麺を合体させる、ちゅー発想はものスゴイですね。
まるで、舟盛りで活魚が口をぱくぱくしてるところに、餃子と麻婆豆腐をまんもり乗っけたような力技・・・ (ちょと違うか?)

ほんで、フタになってたパンはやはりちぎって、スープにつけて食べるのでしょうか?
しかしその場合、麺の立場は?
スープを、パンと麺とで取り合って、和泉モトヤと節子とヨメのような関係になるのでは・・・?
ああ、もう何を書いているのかわからなくなってきました。
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2010.03.21 Sun 21:13  |  

もともと駅前でやっていたらしいですね。
しかし あの場所であの行列は ちょっと意外ですよね。

五日市街道沿い 砂川三番の農協前の 三番亭って
八王子ラーメンも美味しいですよ~
  • #-
  • しんのすけ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/75-6e157c8f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。