ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
28
 
週刊SPA!の「板谷遠足」で今週から4回に渡って、年末年始の休みを利用して行ってきた例の大ドライブの模様が展開されます。で、今回はそのおこぼれ写真を紹介するけどさ。

40.jpg
まずは、この九州で食べた「とりめしおむすび」ってのがホントにウマくてさ。ボキは九州に行くたびに食べてんだけどさ、中に入ってる鶏肉がホントにトリ~~~~~!って味がして、気がつくといつも5個ぐらい平気で食べてます。

43.jpg
で、ココが今回、ハッチャキと訪れたモツ鍋屋の「やま中」なんだけどさ。現在、ボキの中ではココのモツ鍋(みそ味)が日本一ウマい食べ物っス。

1_20100128142323.jpg

4_20100128142340.jpg

5_20100128142347.jpg

3_20100128142334.jpg

2_20100128142328.jpg
それから上のうどんは、どれも香川で食べた讃岐うどんなんだけどさ。いゃあ~、今まで日本で一番ウマいうどんは伊勢うどんだ、って言ってたけどね。違いました。この讃岐うどんが1番っス。特にいりこダシが効いたシルが絶品っス!

151.jpg
淡路島では現在、所有者がいない世界平和大観音を見に行ったけど、ほらっ、今にも倒れそうでしょ! ホントにヤバいよ、これ。

221.jpg
で、最後の2日間を過ごした和歌山県にあるホテル浦島のエスカレータなんだけどさ。見てよ、この長さ。そう。このエスカレータで100メートルぐらい高さが違う本館と山上館をつないでんだけどさ、エスカレータだけで10分ぐらいかかります。

224.jpg
夜のホテル浦島の玄関口。そう、このホテルは島(?)の上に建ってるんです。つーことで、今回はここまで!

Comment

2010.01.28 Thu 16:48  |  

ゲッツさん、『やま中』まで来られたって事は、もちのろんで今回火の国もまたがれたって事ですよね…?
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2010.01.28 Thu 17:13  |  

今回はちゃんと「ボキ」になってるな。

よしっ!よしっ!!
  • #-
  • ゆう
  • URL
  • Edit

2010.01.28 Thu 20:53  |  

わーーっ!!
ゲッツさん、やま中に行ったんですかーー(→ܫ←)♪♪
大橋の本店かな?
そんなに近いとこにゲッツさんがいたなんて・・☆
うまいですよねーー♪
シメはやっぱちゃん玉ですか??
他にも旨いもつ鍋屋、福岡にはいっぱいありますよー♪

それから「とりめしおむすび」も好きなんですね!!
これが特に好きなのかな?
私も大好きで、お土産に、
大分日田の、ご飯に混ぜるだけの”鶏飯の具”をよく使います(^^)
http://www.gourmet-ze.com/item/hara01.html
(ん?これだと地元で買うより割高かな?送料込みだからかな?)
好評ですよ~ゲッツさんも機会があれば食べてみてください♪

あーー地元ネタに思わず興奮してしまいましたー(o・艸・o)
  • #-
  • やんやん
  • URL
  • Edit

2010.01.28 Thu 21:06  |  

僕も昨年、勝浦のホテル浦島に泊まりました。
この長いエスカレーター乗って頂上の風呂に行ったり、
朝食場所も頂上のレストランだったので見晴らしは良かったです。
ゲッツさんのホテルの印象は、どうでしたか・・・・?
僕は、客の多い夏休みの時期に行ったのが敗因だと思いますが、なんか、昭和の名残の悪い部分を残したホテルのように感じました。
船でホテルへ渡るコンセプトはよいのだが、多客期で団体と重なり何もない桟橋の入り口で30分待ち。
ホテルの駐車場から1時間かかってやっとフロントにたどりついたら、今度はここでも手続きに20分待ち。
風呂がいくつかあってそれぞれを楽しむのにはよいのだが、
何せ人が多く、風呂以外にもフロントやそのあたりの廊下付近でこれほどの人間がいるリゾートホテルは見たことがない。
挙げ句の果てには、風呂で体を洗っていたら、中国人団体客のガキに背中を蹴られ、それを見た中国人の大人はゲラゲラ笑っている始末で、とてもリラックスできる状態ではありませんでした。
売店の中年女は、大声で仲間と世間話をしているし、
カラオケ・居酒屋・ゲームセンター・釣りなどの娯楽施設も、すべて中途半端で、ホテルの規模を大きくしていくにつれて、やっつけで作った、という感じ。
支配人あてに、手紙も書いたが、返事も何もこないので、やっぱりそれがこのホテルの状態をそのまま現しているのかと・・・
客が多い時に行ったのが悪印象になっているのかもしれないが、それを割り引いても、団体客重視の今のやり方では、リピートする客はいないのでは・・・と思います。
まぁ、悪い意味ゴッテゴテの昭和のホテルを1回体験するにはよいと思いますが。
それとも、空いてるときに安い料金で泊まったら、お得感がするのでしょうか?
  • #-
  • 小野寺
  • URL
  • Edit

2010.01.28 Thu 22:15  |  

こんばんは~。
今日の晩御飯がうどんでよかったです。
おでんの残りにうどん入れちゃった(笑)びんぼーですみません・・
さいこーのご馳走でしたが、写真のうどんがおいしそうです~。

おいしいものの写真大好き。いっぱいお願いします!!

2010.01.29 Fri 00:08  |  ハッチャキに会いたい

写真ではわかり難いですが、ホテル浦島の巨大エスカレーター(正式名称:「スペースウォーカー」…って、どこのSFメカだよ…)の窓のサッシって、平行四辺形なんですよね。(縦方向は垂直で、横方向はエスカレーターの傾斜に合わせて斜めになっている…特注でしょうか?)

正直、小野寺さんの仰るとおり、建物は大きいものの、接客サービスや温泉以外の施設の充実度の低さ・料理のショボさ等を考えると決して一流とは言い難いホテルではありますが、昭和の名残り的ないい加減さ…良く言えば大らかさ…が随所に窺える館内は、度重なる増築により複雑に入り組んでちょっとした迷路のようにもなっており、こういう昭和チックで男の子の冒険心をくすぐる怪しげな雰囲気に惹かれる好事家の方にはたまらない施設となっているのも事実です。

ホテルというよりも、そういったコンセプトの温泉付きアミューズメントパークのつもりで御利用されれば、あまり腹も立たないかも…(;・∀・)
  • #6WFLviE6
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2010.01.29 Fri 07:19  |  

おむすび、うどんとっても美味しそう。
羨ましい限りです。

小野寺さんの体験にある、トホホな施設はおいといて、
最近の中国成金人の、
世界各国への蹂躙行為は如何なるものか、
相当前に行った【浅草フランス座】では、
ショーの進行を止めて、踊り子さんに千円札とハンカチを渡し、
どうやら、この金でオ○ンコをハンカチで拭いて、
臭いを付けて欲しい、の様な要求をし観客一同ドン引き状態。
勿論、速攻で拒否されておりましたが。
ストリップ劇場で、踊り子さん、及び衣装に触わんのが
タブーって事は小学生でも知ってますよね。
ま、日本もバブルの頃は、散々世界中で恥を重ねた物なので、
あまり批判は出来ませんが。

しかし、いくら旅先でチョーシこいたとはいえ、
赤の他人の、それも隙だらけの背中に蹴りを入れる。
しかも、周りの大人(多分中国人、保護者含む)が注意は愚か、
笑ってるって、、、
民度が低すぎですね。
  • #T0ca3UNU
  • marsa
  • URL
  • Edit

2010.01.29 Fri 11:38  |  ああっもう

食べ物全部、超ウマそうっす
うどんだけ食べに、香川に行きたいなぁ
三食全部うどんでも全然大丈夫

自分、東北のはずれだけれど
うどんは外で食べると、高いのにウマくないもんでね
  • #bCI338BY
  • しげぞぉー
  • URL
  • Edit

2010.01.29 Fri 14:20  |  

ゲッツさんが紹介してくれるお店は、本当においしいお店が多いです。僕も旅行をするとしたら是非そのモツを食べてみようと思います。
余談以外の何物でもありませんが、ヤフーニュースに「三原じゅん子再々婚へ」ってありました。念の為報告させて下さい。

2010.01.29 Fri 17:02  |  

>しかし、いくら旅先でチョーシこいたとはいえ、
>赤の他人の、それも隙だらけの背中に蹴りを入れる。
>しかも、周りの大人(多分中国人、保護者含む)が注意は愚か、
>笑ってるって、、、
>民度が低すぎですね。

単に民度が低い所為ならまだ救いもあるのですが、中国人は、中国共産党による徹底した虚偽歪曲捏造歴史教育…いわゆる「反日教育」を受けて洗脳されていますからね。
むしろ、憎き“小日本人”の背中を蹴った子供に対して、「よくやった」と快哉を叫びたいぐらいの気持ちだったのではないでしょうか。(それ以前に、そもそも大人たちが子供に「蹴って来い」とけしかけたのかも知れません)

不況の折、ホテル側も背に腹は代えられず、中国人旅行者を締め出すわけにもいかないのでしょうが、海外には「中国人・韓国人お断り」の観光地や店も結構あるほど彼らのマナーの悪さは響き渡っているようですね。

これ以上書くとこちらのブログの趣旨から外れてしまうので自粛致しますが、それにつけても、中韓で行われている反日洗脳教育の実態には頭がクラクラします…(´・ω・`)
お時間のある方は、ぜひ下記リンク先をご一読ください。
          ↓

「学校の教科書はすべて書き換えられ、日中戦争の日本軍の残虐行為をあげつらうものになった。相変わらず小学校の教師は、授業で日本軍の残虐行為を語るときに、感極まって泣き崩れる。壮絶な話に興奮した生徒たちは泣き叫び、教科書を黒板に叩きつけ、机をひっくり返し、集団ヒステリー状態に陥る。しかし、それが収まった後には、教室の中に恍惚とした一体感と日本に対する激しい憎悪が生まれるのだという。」
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-magazine019.html

「かくして日本統治時代を悪く言うことで、相対的に現在の朝鮮政府がいかに素晴らしいかを強調するネガティブキャンペーンが開始された。『日本が悪い』ということにしなければ国を衰退させた無能な指導者たちは革命によって殺されてしまうからである。これが現在も続く『国家方針=反日』のルーツである。」
「ここまで見てきたような酷い反日教育が数十年続いているため、現代の韓国人は根拠もなく日本を見下すのが当たり前になっている。特に反日教育の影響が強い30代以上の大人や低学歴の者の日本蔑視は筆舌に尽くし難い。」
http://www.koreanantijapan.comze.com/korea2.html
  • #54OeKG6E
  • 田吾作
  • URL
  • Edit

2010.01.31 Sun 01:05  |  とりめし

板谷さん、こんばんは。
九州出身ですがとりごはんはウマいですよね。
古くからある折尾駅の「かしわめし」(東築軒)がすきです。
新幹線に乗ると必ず食ってます。
あと北九州市のみにチェーンしてる「資(すけ)さんうどん」の
かしわむすびもウマいです。ゴボ天うどんとの組み合わせが
一番。安いし、24時間営業だし。なんでかおでんやおはぎも
おいてるし、お酒だって飲めちゃうナイスなお店です。

2010.01.31 Sun 17:10  |  九州!!!

ハッチャキさんお元気そうで!
九州人気は衰えず...ですね。日本全国いろんな場所にそれぞれ魅力的なものがあるのでしょうが、九州はやたら魅力的にみえてしまいます。食にとどまらず音楽もなんかカッコいい。そういえば今日町田の仲店を歩いたのですが、「とんむす」なるテイクアウトのお店にも人が並んでいました。トロッとしたチャーシューのように分厚い柔らか肉の中にご飯が入っている様。トッピングでチーズもあるようですが、かなりボリュームがありそうです。

関東から九州並みの凄い個性的な「食」生まれないもんですかね。最近九州の真似ばかりしてるので(笑)そんな夢をみてしまいます。
  • #Z5GHyyj6
  • akiko69
  • URL
  • Edit

2010.02.04 Thu 03:22  |  

spa!買ってきました~
たのしい旅行記に笑いながら
バス待ちで立って読みました。
続き楽しみです。
饂飩、おいしそ~
  • #-
  • asan
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/69-c0262ec0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。