ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
21
 
先週は、いつものメンバー(キャーム&ハック)でボキが大好きな群馬県は前橋市のカレー屋「マムタージ」に行ってきました。
32.jpg

下のがボキの大好物のカシミールチキンカレー。
31.jpg

で、当日はカレーを注文すると1人づつクジが引け、向かって左がボキが当てたコイン。真ん中がキャームが当てたお茶セット。そして、一番右がハックが当てた変なブレスレット。つーか、ちっとも嬉しくなかったっス……。
29.jpg

カレー屋を出たら。オレたちは再び関越自動車に乗り、水上温泉郷の「ホテル湯の陣」へ。ココは前に読者に教えてもらったところです。で、着いた早々、ハックが「板谷さん、写真撮ってあげますよ」なんて言うから任せたら……。なぁ、ハック。またもや影絵にしてくれてありがとう。
33.jpg

で、風呂に早速入ったら、ハックが急にお湯から上がって……
37.jpg

何も頼んじゃいないのに。雪の上にバサッ!
38.jpg

続いてキャームもバサッ! ということで、非常に下らない休日でした。おしまい。
39.jpg

Comment

2010.01.21 Thu 06:57  |  

おはようございます。

カレーすっごく美味しそう。
But、くじにしても、景品にしても店側の真心の空回りを感じます。
影絵はレタッチのソフトを使っても修正出来ないレベルの逆光、
ってゆーかデジカメって撮影後は画像の確認をしませんか?
でもハックさんならなぁ、あり得ますね。
湯船から上がって雪にダイブ…
血圧が高めの僕には、真似できません。

【野生時代】一昨日取り寄せでやっと手に入れました。
  • #T0ca3UNU
  • marsa
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 08:07  |  おはようございます。

【野生時代】拝見しました。
そこには、ピュアで小鹿のような瞳の「こーいちくん」がいました。

ちょっと前まで
一緒に遊びたい人(恋愛もあり)ランキング
一位 ゲッツさん
二位キャームさん
だいぶ離れて三位ハックさんだったのですが
ここを訪れるようになって
いつのまにか
キャームさんがだんとつ一位になっていることにさっき気がつきました。

さんきゅぅ
  • #-
  • はに☆
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 10:50  |  

キャームさんのお尻がキレイでもう♪

で、肝心のゲッツさんのヌードは?
  • #bCI338BY
  • しげぞぉー
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 12:35  |  

でもホントに思うのは著書でも書かれてる通り、“心底親友と呼べるダチ”ってのはいつまでも関係が変わらないんですね、羨ましいですよ。そんな中にカプセル怪獣のごとく現れたハックさんも、ファミリーの一員になれて幸せだと思いますよ…熱帯魚全滅しても映画撮れちゃうんですから!
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 14:06  |  

ゲッツさんの著書にあるカシミールチキンカレーはずっと食べたいと思っていましたが、写真はその著書に出てくるあのカシミールチキンカレーなんですか?
確かお店の名前が違ったような。変わったのでしょうかね。

水上はとてもいいところですよね。冬もいいですけど夏もすごい素敵です。

先日群馬の草津温泉に行って、ストリップを見てきましたが、50代後半のババアが登場し、おもむろに観客全員に特大のサツマイモやナス、それに水や砂などをいれて使うアレーやモロコシなどを配り出し、その全員に己の股間に入れさせるというショーを無理やり体験してきました。友達と観客の二人がオエッてなってましたよ。

草津の道中にはメロディロードといって、草津よいとこ~♪とタイヤの摩擦?というかなんというか、とにかく道路で音楽を奏でる面白い道があります。

あとなんといっても出来たてのホカホカ温泉まんじゅうをタダで配っているところがあるので最高です。

ちなみに草津に唯一一軒だけある「湯~パチ」というパチ屋は、三点方式の換金を完全に無視した換金方式でビックリしました。店員は一人ですが、常に客の背後にいるという離れ業を持ったジジイがやっています。是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

2010.01.21 Thu 19:04  |  

温泉であったまった体(とくにコカン)には、雪のつべたさがキモチえがったのでしょうかね~。

キャームさんのけつもステキですが、しげぞぉーさんも言うとおり、ゲッツさんもきちんときっちりケツを見せてください。

オラオラ~へるもんじゃねえし。
ケツ! しり! ハミ玉! 尻毛!

・・・・・・アラしつれい。
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 21:27  |  

とても楽しそうですね

恥ずかしながら、キャームさんのヌードに興奮してしまいました∩(≧×≦")笑
やっぱり、持つべきモノは友達ですね(^^)
  • #-
  • 中3男子
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 22:39  |  

ハックさん、キャームさん。
ドリルチ○コは冷たかった雪の所為にしていないでしょうねw

夏の冷えたプール上がりを思い出して・・・失礼しました~。
  • #-
  • KIDFUJI
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 23:24  |  

ハックはどうでもよくって
キャームさんが見れてポカポカになりました~
  • #-
  • にゃ
  • URL
  • Edit

2010.01.21 Thu 23:35  |  

ゲッツさんの豊満な裸身を載せたら、たちまちサムソン系のお兄様方のオカズにされてしまう恐れがありますから自重されたのですね、わかります。

ところで、遅ればせながら『アバター』観てまいりました。

巷ではストーリーが『ポカホンタス』や『ダンス・ウイズ・ウルブズ』に似ていると言われていますが、私が真っ先に連想したのは、1957年に発表されたポール・アンダースンのSF小説『わが名はジョー』でした。

凍てついた大地にアンモニアの吹雪が吹き荒れ、空にナトリウムの爆発が閃く過酷な自然環境の木星を開発する目的で人工的に造られた四本脚の擬似木星人“ジョー”を、事故により半身不随となった生物物理学者アンダルシーが思念投射装置により遠隔操作する…という話なのですが、アンダルシーは次第に“ジョー”として活動する時にこそ喜びを感じ、不自由な我が身に戻ることを苦痛と感じるようになります。
この辺の設定、『アバター』にそっくりですよね。

さらに、『アバター』の主人公・ジェイクがナヴィ側に寝返った後、クオリッチ大佐が、遠隔操縦カプセルの中に横たわるジェイクの肉体を攻撃してアバターの動きを止めようとするシーンを観たときには『マイクロチップの魔術師』を思い出しました。

『マイクロチップの魔術師』というのは、インターネットがまだ無かった1981年に書かれたSF小説なのですが、「全世界にコンピュータ・ネットワークが普及し、人々は脳波を利用した入出力装置を頭に着けて自分好みの姿(それこそ文字どおり「アバター」)でファンタジーRPGのような仮想空間内を実際に歩き回っているような感覚を得ることが出来るようになった未来」を描いた作品です。

で、主人公・ポラックは、ネットワークを乗っ取って地球を征服しようとする異星人の存在に気づき、ネット内で戦いを繰り広げるのですが、互いにリソースを奪い合い相手の通信拠点を破壊し合う壮絶な戦いの影響が徐々に現実世界にも波及し、これをポラックの反逆だと誤認した政府は軍に彼の抹殺を命じたため、ポラックはネットの中で戦いながら、同時に現実世界に存在する自分の肉体も守らなくてはならなくなるのです。

まあしかし、このような、二つの肉体の間、あるいは現実と仮想現実の間を精神が行き来する話というのは、元を辿れば荘子の「胡蝶の夢」にまで遡ることができるのかもしれませんが。
  • #6WFLviE6
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2010.01.22 Fri 16:46  |  

きゃあ~~!みてびっくり。
カレー美味しそうと思ったら
次はグラビア。
ハックさんの勇気に拍手!
先にやるのは勇者ですよね。

キャーム様、なにげに戦力外ポーク表紙と同じポーズ、
パソコンではほぼ並んで見えますけど、
狙ってましたか?

お尻にお魚が入ってないのが残念!
(下品ですみませ~ん)
  • #-
  • asan
  • URL
  • Edit

2010.01.22 Fri 22:53  |  

酔った状態で失礼します・・・こんばんは~

だんなが長期出張で・・・ひとりぼんやり飲んでました。

こんなとき、ゲッツさんの日記って元気でます~~~
いい意味でおばかちゃん!!いい年してかわいい~。

いいお尻拝見しました。いい夢みるかも・・・です。

2010.01.27 Wed 20:21  |  

ゲッツさん、ほんとうに湯檜曽温泉の「湯の陣」行ってくれたんですね。マジでうれしいっす。露天風呂の向かい側の山の上の方を、列車が走っていて、おれはガキの頃からあれを見るとなにかグッとくるものがあって、感動しつつ遮断機あげたものでした。(ちょっと異常?)旅行中でゲッツさんのブログ読めなくて、帰ってから久しぶりに開いたら湯檜曽に行ってくれていたので果てしなく感激しました。ありがとうございました。

2010.01.27 Wed 20:36  |  

すみません。自分の名前間違えました。ロクデナシ君ではなくて、ウンコハゲ君でした。失礼しました。

2010.01.28 Thu 02:23  |  

ボクじゃなくて
ボキだべさ?
  • #-
  • ゆう
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/67-0b63c9cd

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。