ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
14
 
寅さんかぁ…。
実は友達の何人かにも何年も前から寅さんを見ろ、って薦められてたんだけどね。寅さんって昔から何かこう、年寄り臭く感じちゃってさ。いや、実は1本も見てないんだけど、そうかぁ。こんなに寅さんが面白いって人が多いなら、今度見てみるか。
で、1つ宣伝なんだけど、今月の「野生時代(角川書店)」の冒頭でボキは水球に挑戦したことを書いてます。良かったら読んでねぇ~。

yasei1.jpg

yasei2.jpg

Comment

2010.01.14 Thu 00:47  |  ゲッツさんが水球?

ロケお疲れ様でした
心臓大丈夫でしたか?

「男はつらいよ」シリーズはかなりの作品数なので
興味あるマドンナが出演されているものから観たらいかがでしょ?
でもそれぞれ撮影している時代を反映しているシーンが必ずあるので、最初からでもいいのかな?
年齢的には寅さんに近いでしょうから、昔とは違った視点で拝見できる事でしょうね
  • #bCI338BY
  • しげぞぉー
  • URL
  • Edit

2010.01.14 Thu 01:51  |  

20年ぐらい前は新年わざわざ浅草の映画館に行って観るっていうのが毎年恒例でした
コアなファンのおっちゃん達が 寅さんのセリフを覚えちゃってて 寅さんが言う前に大きな声で言っちゃうです 皆リピーターなのです いや映画館で暖をとってたのか あの頃あんまり厳しく入れ替えしなかったような気がします
若い頃 寅さんに恋しました でもジジくさい感じってよくわかります
  • #DL0dExLA
  • コロ
  • URL
  • Edit

2010.01.14 Thu 07:23  |  

僕の空手の師も、最近の趣味は【男はつらいよ】を観ながら号泣する事らしいです。どうも観る人の年代や経験によって、受ける感慨が異なるらしく(当たり前ですが)、僕は【男はつらいよ】で泣いた記憶は無いのですが、師、曰く『おばちゃんの言動や、物事の感じ方、考え方に接するとダメなんだ』と伺いました。ちなみに師の御母様は一昨年逝去されまして、その事が大きな要因と推測しております。最初はダハダハと笑い、しみる様に感じるものが伝わってくる映画だと思います。

野生時代読んでみます。
  • #-
  • marsa
  • URL
  • Edit

2010.01.14 Thu 21:15  |  

寅さんシリーズ、今まで1回も観たことがないのなら、
やはり第1作から順番に観るのがよいと思います。
ただし、最初の数本は、確か当時TVドラマでやっていた「男はつらいよ」の延長線の映画版、といった感じなので、
映画そのものの完成度としては低いですが、当時の昭和の時代の雰囲気や家族の雰囲気などを味わうにはよい作品です。
吉永小百合がマドンナをつとめるあたりの作品から(9作目くらいだったかなぁ)どんどん面白くなっていきます。
そして、順番に観ていくと、40作あたり以降で、寅さんは、甥の満男(吉岡秀隆)の恋のコーチ役に回るのですが、それがとても面白くなります。
恋愛に対して純粋な寅さん、人に対する思いやりに対して純粋な寅さん、家族を思う気持ちに純粋な寅さん、
純粋に損得抜きで人と接する寅さんを、ぜひ時間をかけて観てみてください!
損得勘定でしか動けない、損得勘定でしか人付き合いができない、といった馬鹿な連中に見せてやりたい作品です。
  • #-
  • 小野寺
  • URL
  • Edit

2010.01.14 Thu 22:30  |  立川の吉川晃司(モニカ)

水球お疲れ様です。

 「男はつらいよ」、様々なとらえ方があるかとは思いますが、僕が最近感じたのは「寅さん、マジメじゃん!」でした。
当時は、一般的な学歴の持ち主でも大会社に勤める事が出来、しかも終身雇用が前提、職業安定所に一回も行った事が無い人も大勢いた時代だったんですねぇ。
それを踏まえての寅=テキヤでふらふらしてる、という事だと思うんですが、今のメチャメチャな時代を過ごしている者にとっては、「寅さん、そんなにダメか?」と思いました。
  • #-
  • ユキロウ
  • URL
  • Edit

2010.01.14 Thu 23:14  |  

アロンゾモーニングがダンクを決める写真かと思ったら、ゲッツさんだったよ。

野生時代読んでみます。

寅さんは3作目だったかな?どこにも旅行しない回が好きです。
  • #-
  • KIDFUJI
  • URL
  • Edit

2010.01.14 Thu 23:49  |  

「野生時代」楽しみー!!

話飛びますけど、私は板谷ケンちゃんを演じるのは田中邦衛さんだと「板谷バカ三代」を読んだ時心底そう思いました。
  • #Z5GHyyj6
  • akiko69
  • URL
  • Edit

2010.01.15 Fri 17:34  |  

ピラフ水牛ならぬピラフ水球ですね
  • #6WFLviE6
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2010.01.15 Fri 23:39  |  

ええっ!?寅さん見たことないんですか。

ゲッツさんがいう年寄り臭くってさってのはわかります。
私も寅さんを観てない頃はそう思ってました。

でも、観だしたら「ああ、まだ40巻以上もあるのかよ、幸せだなぁ~」ってなりました。
  • #-
  • ママさんバレー
  • URL
  • Edit

2010.01.16 Sat 11:31  |  

ゲッツさん、水球おつかれさまでした。

「寅さんシリーズ」への挑戦、お勧めです。今年は、寅年。
まさに、時が熟したのです。チャンス到来、千客万来。
「ハトヤ」の勇気をもう一度。
全篇制覇、期待しております。
そして、松竹様と仲良くなって、「板谷バカ三代」を、第二の寅さんシリーズとして映画化!

応援しております。
  • #/fk6P18E
  • ルビコン
  • URL
  • Edit

2010.01.17 Sun 13:51  |  

再度の書き込み失礼致します。
ゲッツさんに【男はつらいよ】を薦めた自分自身が、
渥美清さんの逝去という事実を受け入れられずに、
ここ数年【男はつらいよ】を観ていなかったので、
昨夜、久し振りに第一作を鑑賞致しました。
最初から爆笑して、途中何度か泣きました。
【わたしの初体験】です。
やっぱ僕もおっさんになったモノだと実感し、
少し寂しくなったっす。

一昨日【ワルボロ】読了し、
昨日【男はつらいよ】の前に【ワルボロ】のDVDを拝観。
個人的な感想を語らせて戴くと、
原作本の方が良く感じるのは当たり前ですが、
あの頃の時代をキチンと表現されているのは圧倒されました。
  • #-
  • marsa
  • URL
  • Edit

2010.01.18 Mon 18:18  |  

野生時代が本屋に見当たりません。
探す旅にでます…
  • #-
  • asan
  • URL
  • Edit

2010.01.20 Wed 00:21  |  

今度「野生時代」を見かけたら読んでみようと思います。

いつも板谷さんの本には爆笑させられています。

受験で東京の方の大学に行けたらぜひ一度立川に行って板谷さんに会いたいです!
  • #tHX44QXM
  • クルパー
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/66-4a8f5d13

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。