ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
 
1_201403301742471e8.jpg

去年の11月。京さんから教えてもらった京都にある「原了郭」という老舗香辛料屋が経営するカフェで激ウマのカレーを食べたオレは、ここ数年の自分のカレーに対する動きを少々反省するようになった。というのも最近、ボキが行くカレー屋は群馬県にある「マムタージ」か、神奈川県相模原市にある「マボロシ」ぐらいなもんでね。そう、すっかり凝り固まってると思ったんスよ。

2_20140330174302bef.jpg

で、そんな時に「にゃーごろう」っていう読者から時々ボキのツイッターにツイートが来るようになってね。彼女のブログの日記を見たら、これまたイロイロなカレーを食べてるわけですよ。で、そのうち、じゃあ今度一緒にカレーを食べに行こうって話になって、オレはまず彼女(以下、ゴローね)を群馬のマムタージに連れてってね。その日の帰りにゴローが4~5ページの薄い手作りカレー本をくれたわけですよ。んで、家に帰ってきて一人になった時に改めて中身を見てみたら、彼女が今まで訪れて旨いと思った30軒ぐらいのカレー屋の紹介が簡単に書いてあったんだけどさ。驚くことに、オレはその30軒のカレー屋の中で1軒も行ったことがなくてね。後日、ゴローもまだ訪れたことがないっていう、東小金井駅近くにある「インド富士」って店に一緒に行ってみることにしてさ。と思ったら、思いっきり臨時休業してやがってね。

3_20140330174312c62.jpg

4_20140330174319a03.jpg

で、たまたまその近くに割と有名らしい「サイのツノ」っていうカレーショップがあったんで、ソコに入って3種のカレーの一皿盛り(欧風まろやかカレー、インド風レッドカレー、ひき肉とほうれん草のグリーンカレー)を頼んで食ってみたんだけどさぁ。いや、別にまずくはなかったんだけど、正直言うと、また食べたいって味のカレーじゃなくてね。

5_2014033017432799e.jpg

6_201403301743355dd.jpg

数日後、今度はハッチャキが西荻窪に「スプーン」っていう美味しいフレンチカレー屋があるっていうから一緒に訪れたらね。うん、確かに割と美味しくて、ボキのカレーランキングの中の10位ぐらいには入りそうな味でさ。

7_20140330174346e07.jpg

で、ボキも負けちゃいられねえから、数時間後にゴローのカレー本に載ってた荻窪駅の「トマト」っていうカレー屋に行くことになってさ。んで、この店は結構人気があって、開店15分前には既に10人ぐらいの行列ができててね。運良くオレたちは一回目のグループに入れて、早速店内に入って和牛ビーフカレー(1890円)に季節の野菜入り(480円)をトッピングして食べたんだけどね。

8_20140330174352984.jpg

9_2014033017435999b.jpg

10_201403301744066e0.jpg

う~ん、確かに結構なボリュームがあって、シッカリ作られている感じなんだけどさ。でも、ハッチャキは「何か苦い・・・」って言うし、オレもまた2500円近く払って、このカレー食うっていう気にはならなかったなぁ~。残念ながら旨くないです。

11_201403301744126f8.jpg

さらに後日、再びゴローと待ち合わせをして「インド富士」に行ったら今度は営業しててね。

12_20140330174421ba7.jpg

んで、ボキはシーフードカレーはあまり好きじゃないんだけど、ゴローが「ブリカレー」がお勧めだって言うから、それとチキンカレー。あと、ラッサムスープっていう、見た目は殆どインドカレーと変わらないスープ(上写真の一番左の皿)を頼んでさ。で、食ってみたら、いや、これがホントに美味しくてね! 特にブリカレーが全然魚臭くなくて、おまけに中に入ってたブリも凄く旨くてさ。ラッサムスープもキリッとシマった素敵な味がするし、この一見、日本米に見えるインド米もタイ米に近い味でバクバク食えちゃってね。いゃあ~、大感激ですよ。

13_20140330174428c36.jpg

14_201403301744365a7.jpg

で、さらに一週間後に、今度はその「インド富士」にハッチャキ、佐保田のおっさん、マッちゃんを連れて行って再び同じメニューを食べたんだけど、3人が3人とも旨いって言ってバクバク食べててさ。

15_20140330174447edb.jpg

16_20140330174459397.jpg

数時間後には、これまたゴローの本に載ってた東京駅近くの「ダバ・インディア」っていう南インドのカレーを出す店に突撃してさ。で、まずビックリしたのが、前菜で頼んだチーズクルチャ(インドのピザ)が凄く旨くてね。

17_201403301745061e9.jpg

18_20140330174530326.jpg

19_20140330174537495.jpg

20_201403301745437a3.jpg

調子に乗ってオレたちは次々と色々なカレーや料理を頼んでさ。

21_2014033017455175b.jpg

22_2014033017455854e.jpg

23_20140330174609391.jpg

24_2014033017461815e.jpg

25_20140330174626341.jpg

26_2014033017463335e.jpg

さらに勢いが止まらなくなったオレたちは(主にオレだけどね)、ナンとか揚げパンとかマトンカレーやエビカレーなんかも食べまくったんだけどね。いやいや、オシャレで美味しい店だったけど、やっぱしこの店は一番最初のチーズクルチャが最高でしたね。以下、次号で!

Comment

2014.03.31 Mon 08:19  |  美味しそう!

おはようございます!

カレーっていろいろあるんですね~外食をほとんどしない私には、新しい発見です!(b^ー°)

今携帯からで、画像が見切れませんが…またPCから見に来ますね!!
  • #-
  • ちっきょ
  • URL
  • Edit

2014.03.31 Mon 20:29  |  おおお

東京駅のダバ・インディア、私も何回か行ったことあります~
インド料理なのに、店内がブルーでオサレですよね。

ランチだと、バナナの葉っぱにいろんなカレーとごはんをちょっちずつ盛り合わせた「ミールス」ってのが楽しかったです。
ほんでも、カレーの味はまぁいいんだけど、確かに「ぬおお!」とうなるほどではなく、南インド料理が珍しいってのが先行しちょるような。。。
ゲッツさんのおっさるチーズのナンのピザみてえの、たしかにちょーんまかったです!
あ、そうそう。 あと、「ドーサ」つって、パリパリのクレープみてえのに、コロッケの中身みてえのを包んだヤツもんまかったです。
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2014.04.01 Tue 17:23  |  カレー三昧!

カレーの香りが漂ってくるような日記ですね(笑)。

京都のカレーも「スプーン」も、画像からおいしさが伝わるようです。
食べてみたいなぁ~、じゅるり。
「トマト」は個人的には大好きなのですが賛否両論ですよね・・。
ダバインディアは、ミールスの楽しさとまぜまぜするおいしさがあるとおもいますので、また行かれる機会があれば是非にと思います☆

「インド富士」さんは衝撃的なおいしさでしたね。
初めて食べたとき、店主さんに「嫁にこないか?ともし言われていたらきっと、ふら~~となっていたと思います(笑)
インド富士さんと1.2を争うくらいラッサムが好きなのが、能見台にある「ガネーシュ」というお店で、スパイスがっつり・コク旨ラッサムに感激しました。カレーもとってもおいしく通いつめたいお店です。(夜のみのオイスターマサラが忘れられません)。

なにはともあれ、カレーをいつまでもおいしく食べられるように、健康でいたいと切実に思う今日この頃です(笑)。

2014.04.03 Thu 21:46  |  ダンディー&ガチムチ

若かりし頃は学園の王子様だったマッちゃんが、やはり順当にダンディーなオジ様になってる…

この雰囲気ならおそらく今でも女子高生にモテモテですわ…桜たまこの「おじさんルンバ」の歌詞のように…
http://www.youtube.com/watch?v=rVks8ZFYlUM

(そういや、『がきデカ』でこまわり君が「おばはんルンバ」という替え歌を歌っていましたね)

ついでに、ラットマシンで90キロを引けるようになって広背筋が異常発達し始めたゲッツさんの肉体には、ホモからの更なる熱い視線あれ!
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/228-3f02088d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。