ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01
 
19_20130801141919a6e.jpg

旅行6日目の6月13日。この日は合田くん、沖田と共に車で高知県へ。高速の途中で「立川」パーキングエリアを発見! 何か変な気分だった。

20_2013080114192890c.jpg

で、まずは高知の桂浜にある坂本龍馬の前へ。

21_20130801141935a9b.jpg

続いて、そのすぐ脇で開店していた「アイスクリン」というアイスクリーム屋でソレを3つ買うオレ。今から20年前、このアイスクリンをサイバラのねーさんに買ってもらって、ココで食べたっけ(笑)。

22_2013080114194211c.jpg

次に、ソコから100メートルほど離れた土佐闘犬センターに行くオレ達。そして、土佐犬の子犬コーナーで遊ぶ沖田。

23_20130801141948d24.jpg

闘犬場に入るとスグに60キロクラスの横綱が登場!

24_20130801141956491.jpg

25_2013080114200509c.jpg

で、横綱が引っ込むと、続いて40キロ級の2匹の土佐犬が出てきて早速バトルを開始!!

26_20130801142011d81.jpg

このタイマン勝負、思った以上に大迫力で、もう血やヨダレは飛んでくるわで、見物客たちは皆少し引いてました・・・。

27_20130801142020609.jpg

しかし、太平洋側の高知の海はホントにキレイだったなぁ~。

28_20130801142033d95.jpg

29_201308011420413b6.jpg

30_2013080114204752c.jpg

続いてオレたちは車で商店街の方に移動し、ひろめ市場の中へ。

31_20130801142057a4e.jpg

32_20130801143349608.jpg

で、まずは屋台餃子「安兵衛」で餃子を買って食べたんだけど、この小ぶりな餃子が予想以上に旨くてね。

33_201308011421111c4.jpg

34_20130801142117758.jpg

続いて、カツオのたたきで有名な「明神丸」で普通の醤油を付けて食べるたたきと、塩ソースを付けて食べるたたきを食べたんだけどさ。いや、この塩たたきがメチャメチャ旨くてねっ。いや、この旨さにはホントに驚きましたよ!!

35_20130801142124865.jpg

ちなみに、市場内にあった等身大、坂本龍馬のマネをする合田くん。近くでチビッコが、また泣いてました。

36_20130801142132676.jpg

37_201308011421390cd.jpg

38_20130801142146730.jpg

お次は、車で5分ほど走ったところにある、これもサイバラねーさんお勧めのうどん屋「さぬき岩蔵」へ。で、早速ココで釜たまと冷かけ(ひやひやね)を頼んで食べたんだけど、何じゃいっ、ココは讃岐でもないのに、このさぬきうどんの旨さは!? いや、サイバラのお勧めだから褒めてるんじゃなくて、ココのうどんはホントにバカ旨いんスよっ。ちなみに、後で店の人に話を聞いたら、時間さえあればしょちゅう香川まで行って美味しいうどん屋を食べ歩いてるんだって。その中でも特に旨いと思うのが「山越」と「おか泉」だって。ちゃんとわかってんだね(笑)。この岩蔵の住所は、高知県高知市桟橋通3丁目なので、皆も高知に行った時は是非寄って欲しい。冗談抜きで旨いから!!

39_20130801142154fd1.jpg

40_20130801142203c3a.jpg

続いてオレたちは、超腹一杯になりながらも岩蔵から車で20分ほど走ったところにある、貝を店内で焼いて食べさせてくれる「浮橋」に行ったんだけどさ。電話では「やってます!」って言ってたにも拘らず閉店になっててね。まぁ、腹一杯だったから許してやりましたよ。

41_20130801142210d1a.jpg

42_201308011422172a4.jpg

で、そのまま一気に香川の観音寺市に戻ってきたオレたちは、銭形砂絵を見た後、更に前月に18億円が当たったという宝くじ売り場に寄って高松に帰りました。いゃあ~、しかし、もう一回言うけど、明神丸の塩たたきと岩蔵のうどんはメチャメチャ旨かったです! サイバラのねーさん、ありがと!!

(つづく)

Comment

2013.08.01 Thu 20:20  |  旨そで良かった!

西原さんの事読んでて気持ち良かったっス。俺もかなりのマザコンなんすけど、簡単に言うと大好きって事なんすかね。似てるから好きとか愛情注いだり大切にしたいって事なんすかね。ファザコン、マザコンって。空白の補てんとか。ps・・西原jr鴨志田さんに似てます。ツイートでサンディエゴに出発画像出てました。
  • #Nnt4ifq6
  • siambangkok
  • URL
  • Edit

2013.08.05 Mon 14:11  |  土佐かあ~~

龍馬だ、アイスクリンだ、餃子だカツオだ、土佐犬だ~~

土佐犬の勝負というと、五社英雄監督の「鬼龍院花子の生涯」を思い出します。
夏目雅子の美しさはモチロンなんですが、
土佐犬のシーンで夏木マリの生きのいいネーちゃんっぷりがかっこえがったーー
ああ懐かしい。。。

  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2013.08.05 Mon 21:41  |  

『鬼龍院花子~』の、「あてぇは、高知九反田の侠客、鬼龍院政五郎の…鬼政の娘じゃき……おまんら…おまんら許さんぜよ!」…じゃなかった、「なめたら…なめたらいかんぜよ!!!」という啖呵は忘れられませんね。

ちなみに「おまんら許さんぜよ!」は、「鉄仮面に顔を奪われ十と七とせ。生まれの証しさえ立たんこのあてえが、何の因果かマッポの手先。けんどなあ、こんなあてえでも愛する事の尊さは忘れちょらんき! 二代目スケバン刑事、麻宮サキ! 愛を忘れ人の心の弱さにつけこむ悪党ども! おまんら、絶対に許さんぜよ!」(所々、声が裏返る)という口上でお馴染み、『スケバン刑事Ⅱ』の方でしたね…。

「幼少の頃から鉄仮面を被らされて育った」とか(原作漫画でも、似たような物を少年時代の神恭一郎が被らされていましたが…)、「小・中・高と鉄仮面姿で通学した」とか、「蟹江敬三に特殊合金製のヨーヨーで鉄仮面を割られて十数年ぶりに素顔を晒したシーンで、髪が前日にシャンプーしたようにサラサラで、顔も垢じみていなかった」とか、色々と力ずくでシュールで無理あり過ぎな設定ながらも、ドラマとしての完成度は高く、なかなかに見ごたえのある作品でした。

それにしても、『金八先生』みたいな学園ドラマに出るのが夢だったナンノが、マネージャーから「学園ドラマの主役決まったよ~!」と言われて小躍りして喜んだら、この作品のことだったという…そんなエピソードもまたシュールですね(;´瓜`)
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2013.08.05 Mon 22:03  |  カレーうどんといえば

初めまして、高知出身、香川在住の哲と申します。
パチンコ必勝ガイドルーキーズの5つ星ホールを探せから板谷先生のファンです。
香川のカレーうどんについてブログに書かれてましたが、次回香川に来られた時は、ぜひ高松にある【源内】のカレーうどんを食べてみてください。
何故かガイドブックに載ってないんですが間違いなく香川のカレーうどんでは一番だと思います。
  • #-
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/213-47cf49ef

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

- - 

管理人の承認後に表示されます2013.08.02 08:52

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。