ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01
 
1_20130601193336.jpg

さてさて、このネタは「パチンコ必勝ガイド」のコラムでも書いちゃったから、このブログで紹介するのは少し遅らせたんだけどね。いや、福島県は田村市というところにある日本一ハードな入水鍾乳洞、そこに行ってコースの最後にあるカボチャ岩にタッチして帰ってくるって挑戦を再びすることになってね。そう、昔、ボキは週刊「SPA!]誌上で挑戦したんだけど、そのコースの途中にある激狭の岩と岩の隙間を当時110キロぐらいあったボキは通れなくて、泣く泣くリタイヤしたんですわ。で、その挑戦のことは内緒にして、3人の友達を誘ってさ。まずは、茨城県の山奥にある慈久庵(じきゅうあん)っていう蕎麦屋に行ってね。

2_20130601193342.jpg

いや、この蕎麦屋は昔、杉並区の南阿佐ヶ谷にあったんだけどさ。店主がホントの蕎麦を作るには、自分で蕎麦の実を作ることから始めなきゃなんないってことで、店をいきなり茨城の何もない山奥に移してさ。そこで一人で蕎麦の実を栽培して、一人で粉にして、一人で打って、一人で料理して、おまけに店でも、たった一人で料理を運んでね。で、確か4~5年前にも食いに行ったんだけど、これがホントに旨くてさ。んで、3人をまさかとんでもなくハードな鍾乳洞に行くなんて思わせないために、まずはその店に連れてったんスよ。

3-4.jpg

その3人っていうのが、まずはお隣の八王子市からシンヤくんを呼んだんだけどね。はい、この写真のシンヤくんの顔、完全に壊れてます!

4_20130601200008.jpg

ほら、アップで見ると、この酷さ(笑)

5_20130601193354.jpg

それからあと2人は、学生時代からの友達のネムネム星人ハッチャキと、建築業の社長をやってる佐保田のおっさんでね。

6_20130601193404.jpg

で、とにかく盛り蕎麦を食った瞬間、3人とも凄く上機嫌になりやがってさ(笑)

7_20130601193416.jpg

で、これが野菜の天ぷらでね。

8_20130601193422.jpg

コッチが蕎麦粉で作った刺身コンニャク。

9_20130601193427.jpg

んで、最後に鴨南蛮までご馳走してやってね。

10_20130601193443.jpg

満腹になったところで、ようやく店から車で1時間ぐらい走ったところにある入水鍾乳洞に突撃ですよ! ちなみに、オレたちが目指すカボチャ岩は入口から600メートルのところにあってね。

11_20130601200923.jpg

くくくくく。この2人、ボキが用意した雨合羽とかライトや帽子を装着しながらも、もちろんこの先にはハンパない地獄が待ってるとは全然気づいてなくてね。

12_20130601200929.jpg

で、いよいよ鍾乳洞探索のスタートですよ。

13_20130601200936.jpg

そんで、いきなりの暗くて狭い通路に、やっぱし皆は驚きやがってね。くくくく。

14_20130601200942.jpg

ハッチャキに至っては、まだ水が流れてる場所にも行ってないのにナゼかズボンをビショビショにして、下はパンツ一丁で歩き始めやがってさ。がははははは!!

15_20130601201845.jpg

が、まだ入口から150メートルまでのAコースでは、皆に僅かな余裕も残ってたんだけどね。

16_20130601201853.jpg

ところが、下に超冷たい水が流れるBコースに入った途端、まず佐保田のおやじが「冷てえよっ!! これじゃあ足がつっちゃうよ!! 戻ろうぜっ、おいっ!!」なんて急に騒ぎ始めやがってさ(笑)。とにかく、超運動神経が発達したシンヤくんを先頭に暗くて、狭くて、低くて、冷たいコースを進んでってね。

17_20130601201900.jpg

いや、オレも自分で来ようって決めたにも関わらず、このハンパじゃないハードなコースに途中で打ちのめされそうになってね。

18_20130601201907.jpg

そのうち少し余裕が出てきたのか、先頭のシンヤくんが皆をサポートするようになってさ。

19_20130601201915.jpg

で、佐保田のおっさんも、ようやく水の冷たさに慣れたみたいでね。

20_20130601201922.jpg

そんで、写真は取り損なったけど、数年前にオレが引っかかって通れなかった「胎内くぐり」って箇所も、いつの間にか通り抜けててさ!

21_20130601203000.jpg

さぁ、Bコースの終点にあるカボチャ岩まで、あと少し!

22_20130601203008.jpg

つーか、しゃがんで歩き過ぎて、腰が痛いっつーーーのっ!!

23_20130601203017.jpg

やったああああ~~~~~っ、遂に到着したぞっ、カボチャ岩!!

24_20130601203026.jpg

で、とりあえず記念撮影。つーか、ハッチャキ。お前、とにかく気持ち悪いよっ! しかも、帰り道はパンツも脱いで、フルチンでオレのスグ後ろを歩いてんだから怖かったよっ! バカ!!

25_20130601203033.jpg

で、また約45分ぐらいかけてコースを戻って、無事帰ってきたぞおおお~~~~っ!!

26_20130601203039.jpg

で、東京に約3時間かけて帰ってきて、最後は阿佐ヶ谷にある鉄鍋餃子の店「なかよし」を訪れてね。

27_20130601203046.jpg

とにかく、餃子を浴びるほど食べましたとさ! おしまい。



Comment

2013.06.03 Mon 01:01  |  こんばんは

自分は単行本で読んだんですが、やはり印象が強かったので今回続篇が読めてラッキーと思いました。
なんというか思うところありました。
  • #mQop/nM.
  • 坪井野球
  • URL
  • Edit

2013.06.03 Mon 08:48  |  おはようございます

会社にて携帯で見ちゃってますが…すぐ見るのもったいないから

帰宅してPCから入り直します!!

仕事してきますo(^-^)o
  • #-
  • ちっきょ
  • URL
  • Edit

2013.06.03 Mon 11:15  |  ほんと

写真付き短編小説をタダで読めて、特した気分になりました(´ω`)
申し訳ないです。
自分は板谷さんの単行本を8冊くらい読んだ事がある程度のファンです。
さっき、「板谷番付」買いました!
こんな面白そうな本いつ出してたんですか!
読む前からウキウキです♪
楽しみ~(´ω`)
  • #SFo5/nok
  • イエティ
  • URL
  • Edit

2013.06.04 Tue 18:45  |  おおお

そばにだまされ、地獄めぐり。。。
`;:゙;`;・(゜ε ゜) ブッ!!

しかし、そば屋では顔面崩壊のシンヤさんが、鍾乳洞ではメチャかっこいいでつ。

ハッチャキさん、パンツ1丁→フルチンとのこと、見ると腰まで水につかる部分もあったようですが、
ムスコさんは、そんな冷水につけっぱだったのでしょうか?
( ゚◇゚;) ハアハア

鍾乳洞から出た瞬間のゲッツさん、グリコですね。
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2013.06.04 Tue 22:28  |  始めまして

いかついオッサン達の遠足!

むっちゃ、おもろいわ(^з^)-☆

蕎麦食べたいな~。

愉快な気分にさせてくれるゲッツさん大好き

2013.06.04 Tue 22:28  |  

普通、冷水につけると思いっきり縮こまってしまいますよね…まさに「愚息」と呼びたくなるような情けない姿に…
その点、ハッチャキ氏のご子息は立派な方なので大丈夫だったのでしょうか?

そういや、『まことちゃん』に出てきたロックンローラー・らん丸は、短小をカバーするために股間に「つけMr.ブラウン」なるものを装着してモッコリさせてましたね
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2013.06.05 Wed 17:43  |  

フルチン・・・いや~ん ; ; (〃∇〃) (〃∇〃) (〃∇〃)





  • #-
  • まゆゆ丼
  • URL
  • Edit

2013.06.10 Mon 12:37  |  極選・板谷番付!

読みました。面白しろかったです♪(´ω`)
自分は熊本に住んでるんですが、板谷さんに是非行ってほしい御飯屋さんが3店ほどありますので、紹介します☆

つけ麺「魚雷」熊本市藤崎宮(カレールー付がお薦めで、ジャンクフード好きに人気です)

うなぎ「上村屋」人吉市
(焼き加減とタレが最高です)

そば「森山」熊本市上の裏
(鴨南蛮蕎麦うまいです、店主が頑固オヤジです)

うんざりな「お薦め」かと思いますが、機会があったら是非お願いしますm(__)m
いつか感想とか聞けたら嬉しいです♪
いつも面白い本をありがとうございます

  • #-
  • イエティ
  • URL
  • Edit

2013.06.12 Wed 17:12  |  

「 極選・板谷番付」は、記憶のあるのばかりでした。(笑)

板谷さんも、もう病気になりませんように・・・。

2013.06.30 Sun 23:23  |  PCからですー

こんばんは。久々にPCからですー

いつも携帯から観させていただいているので
なかなかコメントもできませんが、観ています!!

写真もいっぱいで楽しいですー

私も東京都内在住なので、いつかお見かけできたらいいなーって思っています!






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/207-3fc1ba4b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。