ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09
 
ズタボロ

10月13日より「ワルボロ」シリーズ3作目の「ズタボロ」がついに発売!! 今度の話は、とにかく派手だぜっ!!

waruboro.jpg

文庫メタボロ

ちなみに、「ズタボロ」を読む前に、まだ1作目の「ワルボロ」、そして、10月10日に発売される2作目の文庫版「メタボロ」を読んでない人は是非、この機会に買って読んで下さい。「ズタボロ」が10倍ぐらい面白くなります!

Comment

2012.10.10 Wed 01:38  |  こんばんは

帯いいですね。
写真もカッコいい(怖いですが)。

発売日付近に、まとめて購入&チビチビ読んでゆく予定です。
  • #mQop/nM.
  • 坪井野球
  • URL
  • Edit

2012.10.11 Thu 18:38  |  ついに!

うあー、ズタボロ、中森明菜の復帰くらいお待ちしてましたあ。
(明菜ちゃんの復帰はまだですが)

読書の秋。ズタボロで、また寝不足必至です。
  • #-
  • 1964
  • URL
  • Edit

2012.10.12 Fri 06:47  |  錦組最高。

本屋さんにアナログな予約したら、昨日届いて一気に読んでしまいました。最後、鳥肌が立ち、泣いてしまいました。漫画な文章とかよくわかりませんが、ここまでのめりこめるのはゲッツさんの文章しかないですよ。次回作品、期待してます。
  • #-
  • メリー
  • URL
  • Edit

2012.10.12 Fri 19:39  |  

うおっ
明日発売ですね。
待ってました!!

本屋へ走ります~~

おとなへなっていくゲッツさんの日々・・・・
楽しみでつ!!!!
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2012.10.12 Fri 22:21  |  真剣に!

本日購入できました!
子供がまだ起きているのでちょっと覗くつもりで「どれどれ?」とプロローグだけ拝見しました。

…読み始めるのが怖くなりました。
それは読み始めたら、読み終わってしまうから。

命を削って書いた本。
真剣に姿勢を正して読まさせていただきます。

新刊発売、おめでとうございます。
そしてありがとうございます!
  • #-
  • ハタ
  • URL
  • Edit

2012.10.12 Fri 23:01  |  危ねぇ~…

間違えて『ズタボロ娘』 (アダルトコミック)をポチってしまうところだった…
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.10.13 Sat 08:11  |  はじめまして

発売即購入し完全読破しました
もう止まりませんでした(^_^)
おかげで夜中3時ほどになってしまい寝不足で仕事に行くことに…
メタボロ以来、久々に夢中になりました。これからも無理せず頑張ってください

2012.10.13 Sat 18:03  |  やられた~

一気に読み切らなきゃ
俺の負け。
ワルボロのとき仰っていた勢いは
今回も健在でした。
そしてあの大一番…
ドデカいさよなら場外ホームランですわ。
待っててよかった!
ありがとうございました。
  • #-
  • ボロタツ
  • URL
  • Edit

2012.10.19 Fri 19:15  |  はじめまして。

以前から大ファンで『ズタボロ』すごく楽しみにしてました!!
久々に短期間で読破してしまいそのままのテンションでコメント書いてしまいました(^o^ゞ。
自分も5年前に軽度でしたが脳梗塞で左半身が少し麻痺した経緯もあって、復帰された時はまるで身内がや退院してきたみたいに本当に嬉しかったです。
次回作も楽しみにしてます!
  • #-
  • わこう
  • URL
  • Edit

2012.10.20 Sat 12:29  |  いやぁ~

最高に面白かったというと失礼ですけど、ほんと最高でした。
次回作も勿論読みますねありがとうございます。スカッとしました、生きる元気を貰いました
  • #-
  • マサルちゃん
  • URL
  • Edit

2012.10.20 Sat 17:57  |  遅いっつーの

ゲッツさんの本は 全て読みました


元々はタイのバンコクで鴨志田さんと食事に行ったのが キッカケです!


パレスホテルの送る会にも行かせて頂きました!



ゲッツさんには紀行本の執筆を 切にお願いします。


韓国怪人紀行?  ゲッツさんだけで 本にすれば良いのに?


カモちゃんも賛成してくれると思います!

2012.10.21 Sun 14:23  |  闇の向こうに

メタボロのどうしようもない闇、
少年一人では抜けられない闇。
そんな気持ちのまま、ズタボロを迎えていました。

ひとつ気がかりだったのは病の後遺症。
長嶋さん、西城秀樹さん、親戚のおばさん、
今だ後遺症と戦っている。
しかし、甘かった…

いっきに持っていかれたのである(笑)

登場人物が大半規格外。

だから、何をとってもデカイ。

今言えるのは、ズタボロ最高!

2012.10.21 Sun 18:12  |  プロローグ

こんばんは。
自分は『星星峡』連載版を読んでいたのですが、あの決意表明を含んだ「プロローグ」にグッときたというか、我が身をかえりみてちょっと恥ずかしい気持になったというか、とにかくなんとも言えない気持になりました。
とにかく本当に完走おめでとうございます!

──(自分は)『ワルボロ』『メタボロ』と順に読んで行く予定ですが、げんざい麻雀でいうと本の多牌状態で、着手はすこし先になりそうです。(初めて役満をあがった時も多牌でした。)

脱線しますが、ライオンズ残念でしたね!
自分も縁起をかついで、一度首位になった辺りからなるべく触れないようにしてました笑
チームに残るかわかりませんが、カーター、そしてヘルマンが好きです。
  • #mQop/nM.
  • 坪井野球
  • URL
  • Edit

2012.10.21 Sun 18:37  |  財産。

「絶対性」への絶対的な憧憬がゆえに揺さぶられ続けながらも絶対的な答えを出した「動」の男たち。揺さぶられる海の中で心の深いところに閉まっている「答え」を目指してひたむきに生きている「静」の女たち。人生哲学のプロローグからエピローグの完璧な起承転結の構成力にらせん状に絡む動と静の対比。半自伝だからここまで完璧な物語なのか?しかも作者のオリジナリティな躍動感と爽快感でもって世界で一粒だけのダイヤだけを残してくれたみたいだった。
  • #EcdmBr2U
  • ウィフ
  • URL
  • Edit

2012.10.22 Mon 13:04  |  再コメでしつれいしまつ~

読了しました。
読み終わったときは、心の底から深ーーーく
「うおおおおおおおおおお」 と叫びそうでした。

「ワルボロ」から始まり、長い年月をかけてゲッツさんの少年~青年時代を見続けてきたこと、すごく幸せです。
なんか自分もこの頃のゲッツさんに寄り添っていたような錯覚すら覚えます。

錦組のいとおしい中坊たち、そして族の洗礼を受け、
ついに本職の「仕事としている」ヤクザの世界へ・・・・
えっ本当にこれ、日本なの・・・? と思えるような暴力の荒野。
ゲッツさんはここを走り抜けて生き残ってきたのですね~~ふう。 すげえ。

この三部作は、冒頭にもあるとおりお母さま、
そして仲間たちへも捧げているんだろな~、とカッテに思ったのでありました。
人間は一人で戦ってもいるし、けれど
ひとの中で生きているんだよなー、とあらためて思いました。
ゲッツさん、すげえ本をありがとうございました。
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2012.10.23 Tue 10:16  |  「ズタボロ」2巡目

「ズタボロ」面白かったです!!!
特に445ページからのカーテンの・・・・・
あひゃぁ!!!と、思わず声が出ました。

「メタボロ」から“植木”“鬼”のこと好きでしたが、「ズタボロ」で惚れました。


もちろん1作目から“こーちゃん”“ヤッコ”“キャーム”には魅了されているわけですが。
錦組、最高です!!



  • #FraplKfY
  • おじょう
  • URL
  • Edit

2012.10.23 Tue 11:54  |  ズタボロ読破

追い詰められる恐怖感がヒシヒシと伝わって途中、吐き気がして読むのを辞めようかなと思うぐらい怖かった。

2012.10.25 Thu 14:04  |  17才のコーちゃんへ(ズタボロ読み終えて)

まるでジェットコースターのような青春時代だね。
普通ならオシッコちびっちゃうくらいのトラブルがあっても決して目をそらさず、不安を飲み込み、乗り越えていく君のそのまっすぐな生き様に心打たれました。

ぼくも親となった今、コーちゃんのおふくろさんの我が子への執念とも呼べる愛情の深さ…我が身を呈して子供を守る姿にはとても感動しました。

言いたいことはたくさんあるけど、まぁ元気が欲しい時はまたコーちゃんに会いにいくよ!んじゃ、また!
  • #-
  • ハタ
  • URL
  • Edit

2012.10.30 Tue 23:20  |  

ゲッツさんこんばんは

一年ぶりにゲッツ日記拝見させてもらってます

ワルボロが自分の中学時代と重なり読みながら泣いたのも良い思い出です

これからも応援してます

  • #-
  • 情熱丸刈リータ
  • URL
  • Edit

2012.11.04 Sun 16:33  |  再々コメです、すみません!

3度めなんですが・・・ホントすみません!

よしもとばななさんのブログ(月1の更新)10月のを読んだら
ゲッツさんのことが書いてありました。

父上の吉本隆明氏が3月に亡くなったばかりなのに
この1か月のあいだに
とても大切な友だちと、
なんと母上までがとつぜん相次いで亡くなって
半分茫然としつつも、新たに生きていこうという決意を書いておられ
最後のほうに、ばななさんの敬愛するかたたちのお名前があって、
その中のひとりがゲッツさんだったのです。

http://www.yoshimotobanana.com/diary/

ゲッツさんみたいに、命をかけて飛んできてくれる友だちが増えるかな、
というその文章を読んで、読んだばかりのズタボロの1シーン1シーンが目のうらに蘇りました。
ゲッツさんの本や存在が、ばななさんにも力をさしあげてるんだな、と思いました。
私も今ちょっと自信を失って袋小路にハマっています。
でもだいじょぶだ!
私もドロ沼ったときはいつもゲッツさんの本を読んで爆笑して
明日からまたがんばるのです。
ゲッツさんありがとう!! (^ω^)ノ ウッシャ!
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2012.11.06 Tue 21:40  |  初めてゲッツさんのまじめな小説を読みました。

感想を書きたいんですけれど、これほどの内容だとは思わなかったので難しいです。・・・それでも思いつくままに言いますと、まず、映画を3本観たような気持ちです。本を読んだ感じがあまりしません。人の性格と動きがはっきりしていてすごいなあと思いました。
読みだしたらとまらなくて、『ワルボロ』から3冊、読める日は明け方まで読みこんでしまって体調をこわしました。韓流連続ドラマ並みに夢中でつづきが気になりました。

そして、すべて分厚いのに、3冊目にいくにしたがって興味の勢いが増す小説はなかなかないので、そんなシリーズに出会えたこともうれしいです。
逃れられない環境と、ピンチの連続の毎日がつらかったけれど、そこから逃げずに戦っていたらこうなるのかというのを見せて頂けましたし、動き出したらとまらない洗濯機に放り込まれたような状況の中にも、居続けたらこんなに魅力的な人たちとの出会いがあるのかと不思議に思いました。
そこにいると決めなかったら、ここにはいないんだなあといろんなページで思ったり。この人とも喋ってないんだよなあとか。
ずるい人や弱い心は自分と重なって悲しかったけど、勇気と覚悟を決められる人をみると、どれだけの人がこの場面でこうできるだろう、と、感動して、憧れました。

この本はかっこいいと言ったら若者が不良になってしまうかなと思いましたが、ここまでこわかったら反対に歯止めになると思いました。

今まで何度も読み返した『板谷バカ三代』は、「ユニークすぎる家族だなあ♪」と爆笑したけれど、小説にはそのメンバーがほとんどでてこないし、反対に、爆笑の方に出ておられない方が小説にいらっしゃるというのは、こんなにすごかったからなのかと唸ったり、なんともいえない感覚でおります。

ボロボロシリーズ3部作は、これから起業する人や、今たった1人で何かと戦っている人が読んでもなにか実になったり、励まされるんじゃないかと思いました。

気になるのは、さらなる続編があるのかと言うことです。
みんなのその後や、この主人公が思いっきりひと息ついている姿を、ぜひ見てみたいです。
『ズタボロ』発売本当におめでとうございます。
  • #-
  • きゃろらいん
  • URL
  • Edit

2012.11.20 Tue 10:17  |  今から

今からメタボロ買いまーすシャーマンも面白かったです。
笑わせてくれていつもありがとうございます♪
  • #-
  • テラス
  • URL
  • Edit

2012.11.20 Tue 10:45  |  

買いました!
新文庫化コーナーにあった草椥優の「艶色アンバランス」が恐ろしく誘惑してたのですが、負けずに買いましたよクソったれ!
やはり鉄板を選んじゃう自分はまだまだ未熟です
楽しみ~♪
  • #-
  • テラス
  • URL
  • Edit

2013.03.17 Sun 00:44  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/193-0434e40a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

- - 

管理人の承認後に表示されます2012.11.05 09:29

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。