ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
19
 
P1070204.jpg

さて、旅行3日目の早朝。オレと沖田は、坂出市にある「がもううどん」に行って、同店名物のキツネうどんを食べてね(すまん、写真撮り忘れた)。で、またしても沖田が、そのウマさに驚いちゃってさ。

P1070206.jpg

P1070208.jpg

P1070207.jpg

続いて、合田くん&センパイと待ち合わせた高松市の「はりや」ってうどん屋に行ってね。このうどん屋はオレは初めてだったんだけど、とにかく合田くん曰く「ココのかしわざるうどん(700円)が最高なんですよ」ということで、鶏肉の大きな天ぷらが5つも付いたそのかしわざるうどん、あと普通の天ぷらざるうどんを頼んだんだけどさ。鶏の天ぷらは極上のささみ肉がシッカリと揚げられてて、そのウマさったらハンパなくてね。また、ざるうどんの方も麺が箸で切れないほどシッカリしてるんだけど、かといって余分なコシもない絶妙な仕上がりでさ。いや、冗談抜きで、開店2時間で営業が終了になるのはわかりますわ。
それとね、あと1つ同店の名物があってさ(笑)。それは、この店の店長なんだけどさ。いや、最初、少し背が低めのプロレスラーみたいな体つきをしてて、顔もなんだか攻撃的な感じだったから、上からモノを言ってきそうな嫌な奴なんだろうなぁ~って思ってたんスよ。したら、この人って少しオネエ言葉が混じってて、性格も客に凄い気を遣うナイスガイでさ。「はい、次なん人~? あ、3人。じゃあ、ムコウの脇を今片付けるから、それが済んだら座ってねぇ~」とか、もう並んでる客のことまで全部把握してるんだけど、とにかく全然似合ってないオネエ言葉だから、もうコッチは笑いを堪えるのに必死でね(笑)。いや、この店は同店長を見るだけでも価値があるんで、今度香川に行く予定のある人は是非訪れて下さい。プハッハッハッハッハッハ!! ダメだっ、思い出しちゃったよ。プハッハッハッハッハッハ!!

P1070209.jpg

P1070210.jpg

で、次にオレ、沖田、合田くん、センパイの4名はドコに行ったかというと、高速に乗って昨日に引き続いて再び隣の徳島県に行ってさ。何で2度も徳島県を訪れたかというと、それは同県名物の徳島ラーメンを食べるためでね。てか、徳島ラーメンって今から10年ぐらい前にも東京のラーメン博物館の中に入ってたりして、少し流行るかもしれないという傾向があったんだけど、結局は流行らなくてね。で、それはナゼかというと、早い話が徳島ラーメンって「すき焼き風ラーメン」なんスよ。で、そのすき焼き風っていうのが博多や札幌ラーメンに負けちゃって、東京からは姿を消しちゃうことになったんだけど、ほら、ボキってとにかくすき焼きが大好物だから、この徳島ラーメンは大好きだったんスよ。今までも香川に来る途中で徳島に寄って、有名な「いのたに」っていう店とかで徳島ラーメンを食べたんだけど、今回は更にすき焼き色が濃い巽屋(たつみや)って店に行くことになってね。で、「支那そば肉玉入の大盛り(780円)」を頼んで食べてみたいんだけど、ホント、半分すき焼きを食ってるみたいでオレ的にはメチャメチャ大満足でした!

P1070211.jpg

P1070212.jpg

その後、香川に戻ってきたオレたちは続いてメチャうまの洋菓子「和三盆のホロホロサブレ」が売ってる高松市の「ラ・ファミーユ」に行ってね。ちなみに、このサブレは今年の3月にボキが香川に乗り込んだ時に裕々コンビが土産としてくれたモノでね。んで、家に帰って食べてみたら、ケツが真っ二つに割れるほど美味しかったから、こうして今回もその店に寄ったんだけどさ。で、オレたちは同店でお茶を飲みながら、もう1つの有名「まっ黒チーズケーキ」っていうのを頼んでみたんだけどさ。中に入ってるクリームチーズもさることながら、外を覆ってるブラックサブレが、もう誰かの家をダイナマイトでフッ飛ばしちゃってもいいぐらい旨くてねっ! いゃあ~ホント、こんな美味しいものを普通に隠してる香川はおそるべしですわ(ま、隠してるわけじゃないんだろうけどね)。

P1070216.jpg

P1070221.jpg

P1070225.jpg

で、この日の最後は昨日と同じく骨付鶏で有名な「一鶴」土器川店で岡製麺所の看板娘、岡宏美ちゃんと、その友達の由里子ちゃんと合流してね(宏美ちゃんが赤、由里子ちゃんがピンクの服)。で、ビールを飲みながら盛り上がったんだけど、普通は自分ちのうどん屋で真面目に働いてる宏美ちゃんのテンションが、もうハンパなく高くってさ(笑)。また、それに合田くんのフルスロットルが掛け合わされちゃって、もうオレはズーッと爆笑してるだけだったつーーのっ! 香川、最高っ!!
(つづく)

Comment

2012.09.19 Wed 20:58  |  

もうそろそろ「香川紀行」出ますよね?!
ぜったい買うー(*^ー^*)♪
  • #-
  • やんやん
  • URL
  • Edit

2012.09.20 Thu 00:28  |  

いやぁ、俺ん家も昭和40年代まで豚すき焼きだったんで、徳島ラーメン食ってみたいッス!
  • #PCo8mNTQ
  • 深川極楽
  • URL
  • Edit

2012.09.20 Thu 02:52  |  

ほんとに「香川怪人紀行」?「讃岐うどん怪人紀行」?が出そうですね。そうなれば是非、高松市の馬渕うどんのご夫婦を推薦します。出来立ちのうどんの旨さ、かけ出汁の旨さを超える、ご夫婦の店内での会話・・・近くにはラ・ファミーユの支店もアリ。(車で30秒)ラ・ファミーユと言えば、黄金バウムを推薦します。確実に一切れでは満足できず、ホール喰い必至です! ちなみに骨付き鳥の一鶴の支店も、車で5分程度のゴールデントライアングルです。
  • #-
  • romane
  • URL
  • Edit

2012.09.20 Thu 22:15  |  お恥ずかしいっ!

ひょえー!!!
アップしていただけるとはビックリ・・・(ノ゚ο゚)ノ
どうも有難うございます☆

それにしても1枚目の自分のオバサンっぽさに愕然・・・(笑)。
そして、楽しい時間を本当にどうも有難うございました!!!
また是非、美味しいものを食べに行きましょうo(*'o'*)o♪
  • #WMXoRydY
  • ひろみ
  • URL
  • Edit

2012.09.21 Fri 09:38  |  

ふふ・・・楽しそう。

ひろみちゃん、

こんどテンション高いところ見たいわ~(笑)

  • #NjryZHqE
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.09.24 Mon 21:51  |  「ライダー、戦闘員は俺に任せろ!」

センパイの白いジャージの上下が、滝和也の白デニムの上下に脳内変換されました…
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/190-5bf00a2c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。