ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
20
 
P1060857.jpg

さて、先月ボキが当ブログで書いた原稿では、シチリア産の洋菓子「カンノーリ」は日本で探し尽くしたから、もう気が済んだって明記したんだけどね。したら、その数日後に夏場に入ってカンノーリ作りをお休みしてた四谷のカフェ・アントニオ、そこのパティシエさんから当ブログにメールがあり、その後なかなかの好評で、今は休んでいるのですが、近日復活予定なのでお待ちしております・・・なんて書いてあってね。よしっ、じゃあ、もう1度あの美味しいカンノーリを食べに行こうって重い腰を上げた翌日ですよ。

P1060814.jpg

今度は「まっちばこ」さんていう読者の方からメールがあって「新宿小田急百貨店の広告に、地下2階にあるジョトォという洋菓子店にフリコルノ(1箱5個入で840円)というカンノーリによく似たお菓子が出てます」って情報が書いてあってさ。さらに、その広告の説明文によると「イタリア産リコッタチーズ、マスカルポーネとオレンジオンフィの濃厚クリームをパイ生地に詰めました」って書いてあるとのこと。う~ん、フリコルノという名前はカンノーリとは全然違うけど、とにかくリコッタチーズがパイ生地に詰まっているというんだから、これはきっとカンノーリに近い味だ!!・・・ってボキの血が再び騒ぎ始めてね。

P1060813.jpg

P1060816.jpg

P1060822.jpg

で、さらにその翌日。ボキは高田馬場で仕事の打ち合わせがあったから、その前に新宿の小田急百貨店に行って、そのフリコルノってヤツを早速買ってみましたよ。んで、家に帰ってきて箱のフタを開けてみたら、ん?・・・・・ちょっとコレはカンノーリとは違うなぁ~と思ったけど、とりあえず1つ食べたら驚くことに中に詰まってるクリームはカンノーリとほぼ同じでね。外の皮がカンノーリのは揚げてあるのに対して、このフリコルノの皮は焼いたヤツなんスよ。でも、ただそれだけの違いだけで、ボキはこのフリコルノは割と気に入りました。

P1060851.jpg

P1060853.jpg

さらに、それから数日後。このブログにそのエッセイがかれこれ10年前からリンクされている相模原のアッコちゃん、彼女と四谷カフェ・アントニオに行って、早速カンノーリを注文してみたら、前回来た時より倍ぐらいデカくなっててね。つーか、もう完璧にボキが探してたカンノーリなんですわ。中に詰まってるリコッタチーズもココのはより柔らかいっつーか、凄くクリーミーでね。つーことで、ボキ的には改めてココのが日本一のカンノーリに決定!!

P1060856.jpg

カンノーリを食べるアッコちゃん。ダメだよっ、1本630円もするんだから、もっとウマそうな顔して!

Comment

2012.06.20 Wed 21:44  |  こんばんは

カンノーリ、しつこそうだからあんまり興味なかったけど、
フリコルノは美味しそうだと思いました。
デカくなったカンノーリは少々食べづらそうですね(^_^.)
  • #dvqV/Jrk
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.06.21 Thu 00:00  |  ええアッコです。

よりによってくわえてるとこ、ありがとうございます。

極秘デートと思いきや、いいんですねオープンで。オープンついでに、比較的ゲッツさんちとウチが近いから近所のいい店情報交換をしたりしますよね。

そうそう「ざんまい」の海老名店も出来ました。「みんみん」もいいですが「ざんまい」も要チェックです。それと馬場のお蕎麦屋さん「sobako.」にも一度行きましょう。明後日オープンです。

しっかし、ゲッツさんは体重増えず....羨ましい。私は大変なことになってます。んもーっ!!!
  • #Z5GHyyj6
  • akiko
  • URL
  • Edit

2012.06.21 Thu 18:38  |  

で、でかくなってる・・・。

あの味でこのでかさなら、日本一はうなずけますね!

しかしアッコさん、いいくわえっぷりっす!(笑)
  • #-
  • シンヤ
  • URL
  • Edit

2012.06.22 Fri 05:26  |  おはようございます

アッコさんの第一印象がくわえてるひとになりました笑
  • #mQop/nM.
  • 坪井野球
  • URL
  • Edit

2012.06.22 Fri 22:49  |  

めっちゃ痩せたな・・・!!
ビツクリ・・
  • #-
  • アキ
  • URL
  • Edit

2012.06.23 Sat 15:44  |  

たしかに“デカく”なってますね~。見た目的には南青山「リストランテ・ダ・ニーノ」の方が上品かつ完成された感じがする…とかぬかしちゃったりしますけど、やっぱり要は“味”なんですね。恐らく今、熊本で最もカンノーリを食べたいバカ野郎ランキングがあれば、堂々第1位だと思います、俺…っつかエントリー自体俺1人ですけど。
  • #-
  • ちゃんたけa.k.a GEE-Q EIJI
  • URL
  • Edit

2012.06.23 Sat 17:38  |  

カンノーリで思い出しましたが、乾海苔というエ○漫画家がいたような…。

ところで、漫画といえば『パタリロ!』の泣ける2大エピソード、「忠誠の木」と「FLY ME TO THE MOON」を久々に読み返してみたのですが、やはり泣けますね…。

ちなみに、アニメ版ではタイトルがそれぞれ「忠誠の木ものがたり」と「月への旅立ち」になっていましたが、両方とも原作のタイトルの方が秀逸ですね。無理に変えなくてもよかったのに…。
特に後者は、どうせ変えるなら、流用元であるjazzスタンダードの名曲のタイトルの意味からいっても、ストーリーの内容的にも、「月へ飛ぶ想い」とでもした方がしっくり来るような気がします。
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.06.25 Mon 21:09  |  こんばんは ホーサクさん

こんばんは ホーサクさん。

高松のとある店で”カンノーリ”ありますかって
聞くとありますって言われ、案内されたらなんと
”韓国海苔”と聞き間違えられてたという、
フルスロットル合田君の冗談みたいな体験には
大笑いしましたが・・・。

『パタリロ!』読んでました。懐かしい。
同じ雑誌の『はみだしっ子』や姉妹雑誌の『綿の国星』が好きでしたね。

あ、それからツイッターあまりやってないようですが、
アイコンに少々びびりながら
フォローしてみました・・・(@_@;)

  • #NjryZHqE
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.06.26 Tue 00:27  |  

韓国海苔www

『はみだしっ子』といえば、ゲッツさんが大好きな三原順子(現:じゅん子)ならぬ、三原順先生の…私も読んでましたよ。

『綿の国星』は大島弓子先生ですね。
『四月怪談』も好きだったなあ…。

他にも、『エロイカより愛をこめて』や、『悪魔(ディモス)の花嫁』、『ガラスの仮面』…等々、とにかく少女漫画を読みふけりながら育ちました。

ちなみにツイッターは苦手で…いまだに仕組みや使い方がよくわからんのです…(◎д◎;
使わないから、基本的な操作まで日に日に忘れていってしまうという悪循環で…フォローってどうやってするんでしたっけ?(;´瓜`)

アイコンの写真は95㎏まで増量した時のものなので、今見るとプロレスラーみたいな体型ですね(;´瓜`)
現在は75㎏まで絞りましたので、近いうちに近影に差し替えようと思います。
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.08.05 Sun 21:26  |  ありがとうございます

またまたの来店ありがとうございます。お陰さまで連日大好評ですこの場を借りてお礼申し上げます またのお越しをお待ちしております  
  • #-
  • アントニオ四ッ谷店パートナーパティシエ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/182-3e0e7d24

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。