ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
15
 
P1060606.jpg

P1060613.jpg

P1060614.jpg

P1060616.jpg

P1060617.jpg

P1060621.jpg

P1060624.jpg

3日目は、オレ&セージ夫婦の3人でエビ天で有名な坂出市にある「山下うどん」に行ってね。続いてボキの大好きな「長田 in 香の香」で釜あげうどんを食べた後、あろうことか、セージなんかが金毘羅宮こと、こんぴらさんの本宮に登りたいなんて言い出しやがってさ。でも、オレは一ヵ月前にも毎日かあさんと一緒にヘトヘトになって登ったことがあるから、「止めとけ。イイ加減な気持ちで登ると家が火事になちゃったりするぞ!」って脅したら、「もう火事になっちゃったよ」なんて笑いながら結局、ボキも再びこんぴらさんの石段の700数十段を登ることになっちゃってね。したら、その登る途中で偶然にも1日目に待ち合わせたヤマとんの母さん一家と会っちゃってさっ。何でも頂上にある神社で友達の結婚式があるってことだったんだけど、普通会わねぇよな、こんな所で・・・・。
で、老人のようになってこんぴらさんから下りたオレたちは、その後「うどんバカ一代」で元祖釜バターうどん(カルボナーラうどん)を食べた後、オレも初めて訪れる「わら家」っていう長田 in 香の香と1,2位を争うっていう釜あげうどんで有名な店を訪れたんだけどさ。う~ん・・・・・確かにウマいにはウマかったんだけど、麺にコシがあり過ぎて、これならボキは長田 in 香の香の方が上だな・・・・と思いました。
で、その後、オレたちは地元の裕子ちゃん&裕太くんの通称、裕々コンビとホテルの前で待ち合わせたんだけどさ。まだ2時間ぐらい時間があったから、ホテルの近くにあったバーに3人で入って雑談をしてたわけっスよ。したら、5年半前に死んだオフクロの思い出を話してたら、そのうちセージが泣き始めやがってねっ。「お前、なに泣いてんだよっ!」って怒ったんだけど、10秒もしないうちにオレまで貰い泣きを始めたら、さすがにセージの嫁が本気で困った顔になっててさ。だって、傍から見たら、どっちが自分と付き合い始めるか口論してた男が、いきなり2人ともビービー泣き始めてんだよっ。で、その後、オレたちは裕々コンビと小ジャレた居酒屋に行ったんだけど、もうその頃にはセージはケロッとした顔になってて、ミカを指しながら「だってコイツなんか、さっきから気取った顔してるけど、漢字なんか殆ど読めないんだからね!」なんて始めちゃってね。・・・・・いや、バカと長時間一緒にいるとマジでしんどいな。

P1060627.jpg

P1060628.jpg

P1060633.jpg

P1060634.jpg

で、最終日の4日目は、ボキも初めて行く「橙家(だいだいや)」といううどん屋で毎日かあさんと待ち合わせをしてね。んで、肉汁つけうどんってのを食ったんだけど、いや、かなり美味しかったっス。3.5点。で、最後に3年前に毎日かあさんがボキにメールで勧めてくれたうどん屋「SIRAKAWA」に今度は一緒に行って、たこちくぶっかけうどんを食べたんだけど、セージがココのうどんが一番ウマい!なんて感動しててね。で、毎日かあさんに礼を言って別れた後、東京に戻る途中にある、もうボキのブログではすっかり有名な「世界平和観音」を見てきたんだけどさ。その後、車ん中でセージに「なっ、さぬきうどんってメチャクチャうめぇだろっ?」って満をじして訊いたところ「えっ、どの店のがさぬきうどんなの?」という答えが返ってきました・・・・・。
ちなみに、セージは現在、嫁と一緒に3ヵ月の予定でタイに遊びに行ってます。おしまい。

Comment

2012.06.15 Fri 18:16  |  

ミカさんは、洋服着てるのがもったいないくらい、ものすごく着物が似合いそうですね。
セージさんの最後のお写真は、観音様に似ちゃってるような…。
  • #wtZ1SIdg
  • はっちゃん
  • URL
  • Edit

2012.06.15 Fri 23:36  |  密かな感動

そうそう、似合うと思うわ・・・お着物。
メガネを頭にのせてたのがミカさんらしいっていうか、
おしゃれな浜っ子だなーと思ってました。

セージさんは、こだわりをもたない大きな人でした。
さぬきうどんでもタイ料理でも美味しければいい。
国も県も別に関係ないのかも。

『橙家』の駐車場でみんなを待っているとき
いきなり『橙家』の隣の店の間の狭い路地から突然出てきた
セージさんを目の当たりにしたのが今年最大の私のヒットです。
6年前入院中の病院のベッドの上で
布団かぶって必死で笑いをこらえながら
『板谷バカ三代』を読んでいたあの頃、
セージさんやミカさんご本人とお会いするなんて考えもしなかった。
普段見慣れた景色の中に本物のセージさんが、
突然現れるなんて、私だけが味わった感動です。
言わないでおもうかと思ったんだけど(笑)

たしか3年前、私が住む町の「SIRAKAWA」のスープカレーうどんが
美味しいってこちらのブログに書き込みしたら
板谷さんたちがほんとにいらしてて、当時かなり驚きました。
そのうえ、セージさんご夫妻に気に入っていただいて
ほんとにうれしいです。
言ってないので店主は知らないことですが・・・。
スープカレーうどんは夏限定の日替わりなので
なかなかメニューに出てこないのですが、
そろそろ始めるそうです。

板谷さん、今度はこんぴらさんの奥の院まで行っちゃいましょう!
本広監督も参拝していることですし、ご利益あります。
おともいたしますよ~~~(^◇^)

・・・長々とおじゃまさまでした。


  • #dvqV/Jrk
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.06.16 Sat 09:27  |  

セージさん、最後のコメント、さすが!デス。
  • #-
  • いがり
  • URL
  • Edit

2012.06.16 Sat 11:13  |  

っつかセージさん、やっぱ強そうですわ…マジでwww
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2012.06.16 Sat 16:26  |  


お初です。
いたっちファンで香川在中のもちです。

僕のオススメは、山越近くにある『はゆか』というお店です。
かまたまぶっかけがイチオシ!
だしは濃い口と薄口が選べるんですが、濃い口の濃厚なだしがコシのある麺にからみつき、半生卵と相まってメタメタ美味いっす。
(人によっては麺がかたいと言われますが)
是非行ってみてください。
山越の北の信号を西に曲がって真っ直ぐ進み、ガソリンスタンドを左折して500mくらい進んだ左側の黒い建物です。
この店はかき揚げもビッグで美味しいのです!

これからもblog&著書楽しませていただきます~。
がむがむ!

  • #-
  • もちくん
  • URL
  • Edit

2012.06.17 Sun 08:54  |  

セージ君、今はタイの空の下ですか…

極真カラテ経験者の血が騒いで、ムエタイチャンピオン・ブラックコブラと戦った大山倍達総裁のごとく地元のキックボクサーに喧嘩を売っていないか心配…(;´瓜`)
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.06.19 Tue 10:58  |  「ケンちゃん」

糖尿ヘラクレス の近況はどーなんでしょか
それと セージは立派にオッサンになれてむくれて
直に ちょい 昔の ニーちゃんを超すなァ
  • #-
  • 寛 IN 三河山間部
  • URL
  • Edit

2012.06.19 Tue 16:28  |  

本当に、セージさんは大物ですのう~!
3ケ月もタイにいらしたら、何やかんやと大騒動が起きるのは必至でありませう。
ホーサクさんの言うように、ケンカ・・いやムエタイの試合にも乱入しそう。。。

アメリカ旅での大騒ぎを思い出しました。
ぷぷぷっ (^ε^)

2012.06.19 Tue 18:15  |  セージさん

セージさん、
みなさんにえらい期待されとるな!!!
  • #j0/Uw1iE
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/181-0a01d994

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。