ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12
 
P1060436.jpg

P1060435.jpg

うどん食い放題6日目の早朝。高松空港まで佐保田のオッサンを迎えに行ったボキは1時間後、高松商店街の中にある「綿谷」といううどん屋さんへ。ココのイチ押しは肉うどんということで早速、オッサンとその肉うどん(350円)を頼んだんだけどさ。う~ん・・・・・難しいなぁ。まぁ、味は3点ってとこかな。

P1060439.jpg

P1060438.jpg

続いて、前々から訪れたかった「もり家」っていううどん屋に行ってね。名物のカキ揚げおろしうどん(580円)を頼んでみたんだけど、いや参った! 文句なしにメチャメチャうめぇや。超デカいカキ挙げも全然腹にもたれなかったし点数は4.5点!

P1060440.jpg

次にオレらは大好きな「長田in香の香」に行って、ココではうどんのお土産だけを買ってさ。てか、ココの釜あげうどんは冗談抜きで世界一ウマいっス。いや、マジで。

P1060443.jpg

P1060449.jpg

P1060447.jpg

続いては、ヤマとんのママさんご推薦の丸亀市にあるうどん屋「歩」に行ってね。ボキはカレーうどんの下に生玉子が入ってる釜玉カレー(450円)、そして、オッサンはざるうどんを頼んだんだけどさ。う~ん・・・・・確かにウマかったけど、今回の回ってる店の全体的なレベルから考えると3点・・・・だな。いや、勘違いして欲しくないのは、3点でもかなりウマいうどんなのよっ。そう、東京にあったら、まず間違いなしの人気店になってますよ。で、こういう3点以上のうどんを食い続けてると、もうウマいのが普通になっちゃって、こりゃ香川で普通にうどん作ってりゃ誰だってこのぐらいは・・・・・って思いがちになるけど、いや、とんでもないですよっ。今回、評価の低かった店が数軒あったけど、逆にそういう店のうどんの味の方が忘れないもんね。「うわっ、ウマくない!」っていう、何だかデッドボールを食らっちゃったみたいなさ。ま、とにかく3点以上の店は文句無くウマくて、4点以上の店のうどんはもう神がかってるって感じです。恐るべし香川・・・・・。はい、次いきます!

P1060338.jpg

その後、オッサンと1回ホテルに帰ろうってことになってさ。で、部屋に戻ったら机の上に変な手紙が置いてあってさ。(何だ?)と思って中味を見たら、電話番号が書いてあって、「夜に案内したい店があるから電話ください♥」なんてメッセージがあってね。おい、何だよ・・・・と思いながらも、その後、オッサンと一緒に毎日かあさんと待ち合わせてた醤油うどんで有名な「小縣家」で、その醤油うどんを食べたんだけど、う~ん・・・・・3・・・・いや、3.5点だな。ちなみに、毎日かあさん。今回はホントにどうもありがとう。次に来るときも、よろしくお願いしますね!

P1060455.jpg

で、今日はこれで4杯目だったんで、もうホテルに帰ることにしてさ。で、その途中で車の中で例の手紙の電話番号にケータイで電話してみたら「あ~~~~っ、ホントにかかってきたああああっ!!」なんて声が聞こえてきてね。「えっ・・・君って誰?」って尋ねたら「実は私の姉が昨夜、ゲッツさんにホテルの外で声をかけまして・・・」なんて言うから「ああ、あのネーちゃんの!」って逆にコッチがビックリしちゃってさ。で、とにかく色紙にサインして欲しい・・・・って言うから、夜の8時にホテルの前で待ち合わせをしてね。したら、その裕子ちゃんは彼氏と一緒に来たんで、とりあえず近くの焼き鳥屋に入ってさ。で、3~4枚の色紙にサインした後で「いや、昨夜、君の姉ちゃんをうどん屋に誘ったら、ちょっと家族との用があるので・・・・なんて断られちゃってさ」って言ったら、裕子ちゃんが「そんなのウソですよ。だって、お姉ちゃんは帰ってきてからズーッと自分の部屋に1人でいましたもん」なんて返してきてね。じゃあ、コッチも佐保田のオッサンていう友達を呼ぶから、キミもお姉ちゃんをココに呼んでよって頼んでさ。で、裕子ちゃんが姉ちゃんに電話して、途中でそのケータイの電話機をオレに渡してきたから「ねぇ、今日はココにおいでよ」って言ったら、また性懲りもなく「いや、これから家族と用があるので・・・・」なんて返してきてね。つーか、いい加減にしろっつーーーの(笑)。
つーことで、こうして6日目の夜は更けていったのである。(つづく)

Comment

2012.04.13 Fri 08:59  |  

おはようございます。
よかったです、つづきがアップできてて。

このまま
ホーサクさんとのやりとりで埋まってしまったら
どうしようかと・・・

裕子ちゃんのお姉さんの気持ち、わかる気がする。
私も板谷さんとお会いする前日まで
逃げ出そうかと思ってたもの・・・(~o~)

でもお会いしてよかったです!
  • #NjryZHqE
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.13 Fri 21:35  |  うどん県

毎度の事ながら、とても美味しそうなうどんちゃんたちに、地元の方々との濃縮100%の濃さの交流。。。

素敵ですなぁ。

お腹すいてきました。。。
  • #d60Xe2SE
  • マドンナ店長
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 08:32  |  長いっ

おはようございます♪

この日記は本にならないの?

携帯からだと、落ち着いて読めません(笑)
  • #-
  • ちっきょ
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 11:15  |  

私もおねえさんの気持ち、よくわかります。
ファンちうのは、一目お姿を拝見して、もしかなうならば握手、さらにサインなどいただけたりしたら、そらもー最高!!なんでつ。
まさかの「いっしょにお店に行く」、という選択肢は、妄想もはるか越えの、宇宙規模的ありえねえ展開なんでつ。
おねえさんの、「家族と用があるので・・・」といういいわけ、かわゆすぎてチョーわき腹です。

わしのばやいですと、ナマゲッツさんがいらっさったら、とても声もかけられず、物陰から市原悦・・・ いや明子姉さんのようにそーーっと見てて終わりそうデス。

前記事の、毎日かあさんとホーサクさんのやり取りは、もう髪の毛が逆立つくらい笑いました。。。
夏目漱石からそこまでいっちゃう?!
もうアタマん中に、原人のプロ野球からワニ星人に猿軍団まで、ぐりゅぐりゅ渦まいてまつ。
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 12:07  |  

> うでぴよさん

喜んでいただいてうれしいです。

ホーサクさんが
なにやらツボをついてくるので
横道それそれのやり取りしてしまいます。


ホーサクさんがまだいらしてなくてちょっと
寂しいです・・・。



  • #Bjv1hcFo
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 13:21  |  

皆様おはようございます。

「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~~ン!」ではありませんが、毎日聴いてる香川県人さん、お待たせしました(;´瓜`)

実は先程まで爆睡しておりまして今起きたばかりなのですが、それはなぜかというと、昨夜、職場の飲み会があり、4次会まで行って昭和のアニメ・ドラマ・特撮ソングを絶唱してきたからです(;´瓜`)
当然、「青春にかけろ!」も歌いましたよ。
宗方コーチの物真似(のつもりだが全然似てない)で「岡、エースをねらえ!」というセリフも勝手に入れて。

他には、

「ひとりぼっちのメグ」 (魔女っ子メグちゃんED)
「エリカのバラード」 (『闘将ダイモス』ED)
「魔法のマコちゃん」 (『魔法のマコちゃん』OP)
「夜霧のハニー」 (『キューティーハニー』ED)
「美しさは罪」 (『パタリロ!』ED)
「あかるいサザエさん」 (火曜日再放送版『サザエさん』ED)
「スペースナイツのうた」 (『宇宙の騎士テッカマン』ED)
「真赤なスカーフ」 (『宇宙戦艦ヤマト』ED)
「あしたがすき」 (『キャンディ・キャンディ』ED)
「ロックリバーへ」 (『あらいぐまラスカル』 OP)
「かあさんおはよう」 (『母をたずねて三千里』ED)
「元祖天才バカボンの春」 (『元祖天才バカボン』ED)
「ヤッターキング」 (『ヤッターマン』2期OP)
「青い地球」 (『銀河鉄道999』ED)
「宇宙マーチ」 (『キャプテンウルトラ』2期OP)
「○ね○ね団のテーマ」 (『レインボーマン』挿入歌 ※曲名そのまま入れると投稿がハジかれました)
「少年仮面ライダー隊の歌」 (『仮面ライダーV3』ED)
「タンゴむりすんな」 (『あばれはっちゃく』OP)
「コンクリート・ジャングル」 (『刑事くん』OP)
「ありがとうあなた」 (『赤い疑惑』OP)
「走れ風と共に」 (『赤い衝撃』挿入歌)
「面影」 (『Gメン'75』ED)

…等々。

そういえば、昨夜行った店にはことごとく無かった『猿の軍団』挿入歌「何処かで愛が」のカラオケも、確かUGAになら入っていたと思うので、毎日聴いてる香川県人さん、うでぴよさん、機会があればぜひ歌ってみてください。
私はその場面を想像するだけでご飯3杯はいけます(;´瓜`)

ともあれ、コメントが横道にそれて暴走するのは以前からの私の悪い癖ですが、最近、強力なタッグパートナーの出現で「鬼に金棒」というか「キ○ガイに刃物」状態になったな…と困惑しているであろうゲッツさん、暴走チャットを未然に防ぐには頻繁に更新するしかないことを忠告させていただきます(;´瓜`)
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 15:19  |  

「うわ~!ベンガルトラって綺麗でかっこいいね!」とかなんとか言っちゃっても、「んじゃちょっと入ってエサあげてみます?」とか言われると「猫アレルギーなもんで…」みたいなもんですかねwww。
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 19:38  |  

お初にお邪魔させていただきますぜ。

「長田in香の香」、世界一ですか~。
機会があれば食してみたいと思います!
  • #-
  • マスター
  • URL
  • Edit

2012.04.14 Sat 21:38  |  

うわー懐かしい歌ばかりですねぇ ホーサクさん。
特に「青春にかけろ!」「ひとりぼっちのメグ」「魔法のマコちゃん」
「美しさは罪」「あしたがすき」「ロックリバーへ」 
「○ね○ね団のテーマ」「タンゴむりすんな」 聴いてみたいです。

昨日から猿の軍団の動画で聞きながらお仕事。
いやいや、ハイジやヤマトじゃなく、これ見てましたわ。
今リードいう猿が「何処かで愛が」歌ってます。
私も、うでぴよさんみたいに
頭ん中がお猿で渦巻いてます。

そういや、カラオケなんて帰郷して17年余り
行ってないような・・・
香川にカラオケないというわけではないです。

「長田in香の香」はほんとにおいしいです。
でもね、香川に住んでると
どこでもあるおいしいうどんより
もう、そろそろ、『自然食カフェ』とかでランチしたいとか
思いだすんですよ・・・
香川の人みんなが毎日うどん
食べてるわけじゃないですよ~


それから板谷先生、ケンちゃんに
水もうぶっかけちゃっったんですか?


さ、次、いってみよーーーー! (*^。^*)
  • #NjryZHqE
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.15 Sun 11:01  |  

ぐお。 すげえです、ホーサクさん
これだけ歌うとなると、夜が24時間あっても足りそうにありまっしぇんね~
(´д`)

ちなみになんでつが、わしがよく歌うやつは
ハカイダーの歌 (キカイダーの宿敵のテーマ)
デビルマン
マジンガーZ
タイガーマスク (主題歌およびみなしご)
海のトリトン
などなど。。。。
(なぜ男子アニメばかりなんだ)

今後は、これにさる軍団も加えたいと存じます。
ああ、のど●ンコがムズムズしてきましたわ。
今日は、ひとりカラオケかしら・・・・ グヘグヘ。

あと、毎日かあさんの、「ケンちゃんに水ぶっかけ」発言が
たいへん気になっております。
ゲッツさん、その顛末もぜひ!
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2012.04.15 Sun 12:48  |  

いらんことゆうた?
  • #-
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.15 Sun 21:28  |  

> ハカイダーの歌 (キカイダーの宿敵のテーマ)
> デビルマン
> マジンガーZ
> タイガーマスク (主題歌およびみなしご)
> 海のトリトン

私もこの辺、全部カラオケで歌ったことがあります。(当然みなしごwも)

『マジンガーZ』関連では、挿入歌の「Zのテーマ」もよく歌うのですが、いきなり「♪人の命は 尽きるとも 不滅の力 マジンガーZ」で始まるアダルティな歌詞が格好良過ぎてしびれまくります。
「人の命は尽きるとも」って…子供向けアニメの歌とは思えませんよね。

あと「♪この広い空は おおお誰のもの~ 君のもの(君のもの) ぼくのもの(ぼくのもの) みんなのものぉ~だ~」というサビのフレーズに燃える「空飛ぶマジンガーZ」も…。

ちなみに、番組開始前は「Zのテーマ」が主題歌になる予定だったのが、オンエア直前になって「もっとパンチの効いた曲にして欲しい」というスポンサー(だったかな?)からの要請があり、それを受けて渡辺宙明先生が3日かそこらで急遽書き上げた曲が、あのアニメ史上に燦然と輝く有名な主題歌になったそうです。
宙明先生、天才過ぎますね。

それと、ハカイダーといえば、日本特撮界におけるダークヒーローの草分け的存在にして最高峰ですよね。
ある意味キカイダーよりも格好良かった…。
ハカイダーのデザインについても、今の子供が見てもCoolに映るらしく、玩具売場でたまたまバンダイ・ソフビ魂シリーズのハカイダー人形に目をとめたわが息子に「(何のキャラクターか知らないけど)これ欲しい!!!」と強烈にねだられたこともあります。
まあ、それ以前に自分が欲しくなってしまったので二つ返事でホイホイ買ってあげましたが(;´瓜`)

「ハカイダーの歌」は今でもイントロ聞いただけで鳥肌立ちますが、エンディングの「戦え!!人造人間キカイダー」(♪ギターのジロー ぼくらの仲間 やさしく強い ロボットさ~)や挿入歌の「ぼくらのキカイダー」(♪この世に 悪のあるかぎり この世に 敵のあるかぎり オー レッド&ブルー オー レッド&ブルー 正義のわざの 鉄腕ふる~うう~)も名曲ですよね。
(そういえば、これらも渡辺宙明先生の作曲ですね)

キカイダーについては、あのデーモン小暮閣下もライブで演奏したことのあるプロフェッサー・ギルの笛のメロディや、「01」でのビジンダーことマリ(志穂美悦子)の「ブラウスの第三ボタンを外すと核爆弾が爆発する」という設定(マリ:「胸が苦しい。ボタンを外して」(;´瓜`)…まあ、いつも第2ボタン止まりでしたが、あのシーンで性に目覚めた少年は多いはず。ちなみに私は『トリプルファイター』でオレンジファイターに変身するお姉さんがしょっちゅう敵に捕まって拷問されるシーンで…http://www.youtube.com/watch?v=4Pr2J8904oo)や、キカイダーのデンジエンドで破壊されたダークロボットの残骸から、当時の足踏み式ミシンに付いていたようなデッカい歯車がコロコロ転がってくる(「こんな大きな歯車、いったい今までどこに収まっていたんだ」とツッコまずにはいられない)など、語るべきことが多過ぎますね(;´瓜`)

そういえば、SFの世界には俗に「SFの黄金期は12歳」という言葉があって、つまり「(純粋で多感な)12歳の頃に読んでセンスオブワンダー的な衝撃を受けた作品が、その人にとって生涯最高のSF作品になる」という意味なのですが、『ガンダム』の富野監督もまた、クリエイター志望者向けの講演の中で「11歳から12歳くらいまでに自分が好きだったものに徹底的にこだわれ」と言っています。
それくらい、子供の頃に触れたものや、子供の頃に見たアニメ・特撮番組というのは、われわれの血肉となり骨身に染み付いているのだというこもあるのでしょうが、そもそもそれ以前に、わが国のアニメ・特撮ソングというのは楽曲としてのレベルが非常に高い(子供向けだからと手を抜いていない)ので、大人になってからも忘れられず、未だに聴いたり口ずさんだりせずにはいられないんですよね…決して単なる懐古趣味ではなく…。
で、お酒が入れば当然、カラオケでも歌わないわけには…(;´瓜`)

まあ、それもそのはずで、斯界には、渡辺宙明先生と並ぶもう一人のワタナベ、“ナベタケ”(故・渡辺岳夫…『ガンダム』『キューティーハニー』『ハイジ』『ラスカル』『魔女っ子メグちゃん』他多数)先生や、『ヤマト』の故・宮川泰先生、『ウルトラシリーズ』の冬木透先生など、錚々たる作曲家陣が揃っていましたからね。

重厚なイントロが印象的な『ウルトラセブン』の主題歌なども、フルオーケストラで聴くといかに凄い曲かということを再認識させられます。
http://www.youtube.com/watch?v=6Pk1KQXS_Ks&feature=player_embedded
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.04.15 Sun 23:12  |  

ホーサクさん・・・

ながっ。
  • #-
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.16 Mon 09:56  |  

スマソ…
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.04.16 Mon 10:44  |  

ぐわぁ。 ホーサクさんすげえ!
ガキンチョのときは何げに番組を見たれてて、
終わるとほとんどアタマからすっ飛んで
内容も今ではうすボンヤリとしか憶えていないのですが、
こうやって克明にシーンのことなどをお聞きすると、
「おおっ! そういえばあったかも」 と、若干ながら蘇ります。
それに、「おいコラ!」 ちうツッコミどころがたしかに多かったですよね~(爆)

前記事のコメでもおっしゃっていたように、
われわれの子供時代は今のようにゲームとか多様な娯楽があったわけでもなく、みな同じTV番組、マンガを見て育ちましたよね。
ある意味とても幸せなことだったと、今は思います。
同年代のヤツらと酒を呑んでると、思い出話がつきませんもん。

先日も花見の宴席で、公園だっちゅーのに爆唄い大会が始まり、
3時間以上アニソンその他歌いまくりでした。(迷惑・・・)

俺~の名は 〃  ハカイダ~~ 
潰せ 壊せ 破壊せよ~~ ♪♪♪
俺の 俺の使命 俺の宿命~~

あああ、かっこええ! たまらんち会長~~(故人)
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2012.04.16 Mon 12:55  |  

うでぴよさん・・・

どこまでいくの?
  • #-
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.16 Mon 19:38  |  

こうなったらみんなでイスカンダルかアンドロメダ終着駅あたりまでいきましょう(;´瓜`)
なんなら、コールドスリープして猿が支配する未来へでも…
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.04.16 Mon 21:52  |  

わーぁーい\(~o~)/
連れて行ってくださーいぃ!
  • #-
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.17 Tue 10:31  |  

♪♪♪♪
マハリーク マハリタ ・・・・・ヤンバルクイナ!

あああああ すません!! (´д`)
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/173-231ccade

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

- - 

管理人の承認後に表示されます2012.05.27 09:05

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。