ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06
 
P1060406.jpg

はい、今日は香川うどん食い放題旅行の5日目で3月8日っス。ちなみに今日は1日目以来、久々に1人で行動することにしてね。が、早朝、ボキはツイッターで赤目君に3月10日に再び一緒にうどん屋を回らない?っていう誘いの言葉を掛けててさ。そう、彼のフルスロットルが早くも恋しくなっちゃってね(笑)。で、まぁ朝、自転車通勤の人が次々と通る、30~40年前ぐらいの北京のような光景の高松商店街を車で走りぬけ、まず最初に向かったのは綾川町の「山越うどん」でね。ココは前回、ハッチャキなんかと来たときにも寄った、かまたま発祥の有名な店なんだけどね。今回、オレはココに"ある確認"をするために寄ったんですわ。てか、去年の暮れにもボキはこの山越に来たんだけど、その時もかまたまを頼んだんだけど、と同時に同行した友達が頼んだかけうどんを一口食べさせてもらったんですわ。したらメタメタうまくてね。で、今回、ボキはかまたまとかけうどんの2つを食べたんだけど、ようやくはっきりしましたよ。てか、さぬきうどんのダシ(汁)っていうのは、東京のうどんのダシと比べても、イリコ・煮干・かつお・昆布なんかがブレンドされてて、やっぱ全然ウマいんですわ。でも、でもねっ。じゃあ、ボキはそのダシが好きだから、こうして今回も車で7時間以上もかけて香川に来てるのか?っていうと実は違うんですわ。そう、ダシはホントにウマいとは思うけど、この山越のメタメタうまいダシを飲んでも、それだけじゃ香川には来ない・・・・・ってことが今日、改めてハッキリしてさ。じゃあ、さぬきうどんの何に惹かれて香川まで来てるかって言うと、それは各有名店のかまたま・醤油うどん・ひや天おろし・カレーうどん・肉うどん・釜あげうどんetcなどのイチ押しメニューがどれもホントにウマくてね。てか、例えば餃子やチャンポンがウマくて有名な街でも、ホントにウマい店っていったら実は2~3軒しかないことが多いんだけど、この香川のうどんに関しては、うまい店に途切れがなくて次々と出てくるんですわ。・・・・・いや、日本広しといえども、こんなに美味しい店が集中してる所って、ちょっと他にはないですよっ。いや、ホンマに。・・・・・あ、山越うどんは文句なしに4.5点ね。

P1060413.jpg

P1060410.jpg

P1060412.jpg

続いてボキが向かったのは昨日、毎日かあさんに教えてもらった三豊市にある「はまんど」っていう店でね。つーか、シビアに言うとココはうどん屋じゃなくて正確にはラーメン屋なんだけどさ。メニューの中にスープは中華そばのスープ、が、麺はうどんっていう讃岐そば(500円)があってね。とにかくソレを注文したんだけど、う~ん・・・・・最初のスープを飲んだとき、思わず(塩辛っ!)と感じたんだけど、食べ進んてくうちに、その塩辛さはあまり気にならなくなったんだけどね。が、うどんという要素は殆ど感じず、黙って出されたら"単なる太麺のラーメン"で終わってるな。しかも、食べ終わって運転してたら口の中は塩辛さが蘇ってきて、改めてノドが乾いちゃう始末でさ。つーことで、この店は接客は超イイんだけど、あえて2.5点!

Comment

2012.04.06 Fri 14:19  |  こんにちは

お昼休み中でゆっくり読めないので(笑)

また改めてきます!(b^ー°)

偶然クリックして日記を発見しました!
  • #-
  • ちっきょ
  • URL
  • Edit

2012.04.06 Fri 23:20  |  

うん、『はまんど』は辛いと思う。
大将が讃岐うどん王選手権の初代チャンピオンで、
メディア慣れしてるせいなのか、すごーく接客がいい。
うどん王国でラーメン屋やるってえらいとは思うけど・・・
すごく研究されてるとは思う。
私は息子さんのやってらした店のほうが薄味で好きでした。

やっぱり、板谷さんには『うどん県。それだけじゃない香川県』の
それだけじゃないほう紹介してもいかんね(笑)

私は子供の頃、うどん、嫌いでした。
だってなんでもかんでも、うどんでしょ。
法事で出したり家で麺打ったりするしね。
祖母が小麦粉のことをうどん粉っていうのもイヤでしたし。
香川ってうどんばっかりで頭かたい、
なんちゃ~文化が育たんやんて、20代には
関東方面に逃避行したりして(それだけが理由ではないが)
麺通団、田尾さんの本も読んだことがない非県民。
私みたいなんアテにしてはいけませんよ(笑)

でも香川に戻って、讃岐うどんってこんな美味しかったって?
て思いました。
当たり前にありすぎて、気が付かなかったのか
うどん屋さんの努力で讃岐うどんが進化しているのか
それとも両方なのか、わかりませんが・・・

それだけじゃない香川県のほうを、アピールしたいのですが
やはりどうしても讃岐うどんには勝てません。
うどんしか考えてないってことじゃなくて
それだけ考えるに値するほど
讃岐うどんが奥深いってことかもしれませんね。










  • #NjryZHqE
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.07 Sat 00:02  |  

吉田戦車の『ぷりぷり県』にも、試合に向けて減量中のボクサーが立て続けに「マンモス西マニアの香川県人」に捕まって無理やり讃岐うどんを食わされるという、いわゆる「連続通りうどん魔」wのエピソードがありましたね。
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2012.04.07 Sat 16:00  |  

今さっき知ったんだけど
facebookのお友達の方
いろいろ讃岐うどん屋さん行ってる画像ばっかりと
思っていたら
麺通団の方でした(;O;)


  • #-
  • 毎日聴いてる香川県人
  • URL
  • Edit

2012.04.07 Sat 17:05  |  

まだ途中のところ申し訳ないんですけど、次回は是非“ラーメン”をおだいに熊本めぐりでもどうぞ!
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/171-20f2276d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。