ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11
 
1_20111211202219.jpg

さて、8年前に知人に薦められた焼肉店「スタミナ苑」にようやく行ってきました。場所は足立区の鹿浜ってところでね。途中、運転してたハッチャキが一時停止線の不停止で白バイに捕まっちゃったりして散々な目にあって、しかも、開店1時間前に行ったのにご覧の行列でさ。

2_20111211202223.jpg

で、1時間後にようやく入れたんだけどさ。つーか、この店の見た目は普通の小汚い焼肉屋だったんだけどね。

3_20111211202229.jpg

まずは席についた途端、サービスのハツ(心臓)刺しが出てきてね。いきなりメチャメチャうまくてさ。

4_20111211202234.jpg

で、最初に注文したのが特上ハラミだったんだけど、これまた爆裂にうまくてね!

5_20111211202239.jpg

お次は牛塩タンで、これも笑っちゃうぐらいうまくてさ!

6_20111211202245.jpg

それからコレが店員から薦められて頼んだモツ鍋(小)なんだけど、いやいや、これもビックリするほど美味でねっ。

7_20111211202250.jpg

このミックスホルモンもうまかったしねっ。

8_20111211202254.jpg

野菜サラダの中に入ってる、この海苔もメタメタそそるしさっ。

9_20111211202300.jpg

もちろんレバもバカみたいにイケるしねっ。

10_20111211202305.jpg

いつもの一張羅の黄色シャツを着たハッチャキも大満足でね。

11_20111211202310.jpg

とにかく一品一品が、いちいちうまくてさっ。つーか、何でこんなうまい店をボキは8年間も放っといたんだっつーーーの! つーことで、これから3ヵ月に1回はココに来たいと思います。いや、ホントにウマかった!!

Comment

2011.12.11 Sun 23:36  |  

羨ましすぎる~(T_T)
そして相変わらず痩せてる~!!!
リバウンドなしなんですね?!素晴らしいですね~☆

ホルモンと言えば、先日”やま中”で忘年会して、ゲッツさんのこと思い出しました(*^ー^*)
サラダの海苔、真似してみます。味付け海苔ですよね~?
  • #-
  • やんやん
  • URL
  • Edit

2011.12.12 Mon 15:20  |  

ほんとに、“見かけによらず”といいますか、この店にこの行列…皆知ってるんですね、美味いトコ。
っつか、こないだ熊本の美術館で開催されてる『西原理恵子博覧会 バラハク』にサイバラさん来てたみたいです、全然知りませんでしたけどwww。
  • #-
  • ちゃんたけ
  • URL
  • Edit

2011.12.13 Tue 23:12  |  8年越し……!

モツ煮込みも旨そうですね。
節約もいいけれど、僕もたまには友だちとうまいものを食べに行こうと思いましたッ!

2011.12.15 Thu 22:23  |  

ハッチャキさんとゲッツさん(笑)
煙たそうなショット最高です!
  • #Z5GHyyj6
  • akiko
  • URL
  • Edit

2011.12.16 Fri 23:03  |  

焼肉はダイエットの強い味方です。
(ただし、「ご飯は食べない」、「焼肉に付き物のビールを飲みすぎない」…要は「糖質を一緒に取らない」という条件さえ守ればの話ですが…)

人間は、たんぱく質と脂質のみなら、お腹いっぱいになるまで食べても太らないどころか、むしろ痩せることも間々あるようです。
http://slim.diet.boy.jp/?eid=684439

いわゆる「低炭水化物(糖質制限)ダイエット」ですが、常日頃、ご飯・麺類・粉もの・パン・菓子などから恒常的に炭水化物を大量摂取している日本人には、特に効果が現れやすいダイエット法だと思います。

実は私も一ヶ月ほど前から実践しているのですが、絶大な効果を実感しています。

以前、88㎏から80㎏まで体重を落としたときの減量法も、「主食の量をやや減らすだけで、副食については制限せずに食べる」というものだったのですが、今回はそれを更に進めて、主食を完全にカットしてみました。
むろん、ご飯や麺類を食べなくても、野菜や、揚げ物の衣であるパン粉・小麦粉などにも糖質は含まれるので、厳密な意味での糖質「カット」ではなく、実態はあくまでも糖質の「大幅制限」ということになりますが。

そして、「主食を食べない」と言っても、その分、たんぱく質や脂質(肉・卵や油っこい揚げ物など)の摂取量を増やすことでカロリーを補い、満腹になるまで食べているので、総摂取カロリーは変わっていないか、むしろ増えているぐらいだと思いますが、にもかかわらず、日々、面白いように体重が落ちて行きます。

ここ数ヶ月、81~82㎏あたりをうろうろしていた体重が、一ヶ月で77㎏まで落ちました。
特にウエストが減ってズボンがゆるゆるになり、ベルトの穴を最も内側にしても合わなくなって、ついにはベルトを短くカットしなければならなくなりました。

その一方で、たんぱく質をしっかり取っているためか筋肉の減少は見られず、ウエイトトレーニングで扱う重量も低下しないどころか、やや向上しているぐらいです。

そもそも人間の身体は、単純に「カロリーの高いものや油っこいものを食べれば太る」ように出来ているわけでは無いようです。

人間が太ってしまう最大の原因は、「糖質を大量に食べる」→「血糖値が急上昇する」→「それに驚いた身体が膵臓からインシュリンを分泌し、肝臓や筋肉にブドウ糖を取り込むことによって何とか血糖値を下げようとする」→「しかし、肝臓や筋肉のキャパにも限界があるので、取り込みきれなかったブドウ糖は脂肪細胞に送られて、中性脂肪という形で身体に溜め込まれる」というメカニズムにあります。

ちなみに、たんぱく質や脂質の場合は、いくら大量に摂取しても血糖値は上昇せず安定したままです。
また、糖質を摂取した場合のように、「血糖値が急上昇した後の反動による急下降」も無いので、食後2~3時間で早々とお腹が空いてきて、ついつい間食を食べてしまう…などということもありません。
何より、肉料理や油っこい料理は、それほど大量に食べなくても多大な満足感・満腹感が得られますし、腹持ちもよいので、「食事が物足りないせいで甘いデザートや間食が欲しくなる」という現象とも無縁になります。

なお、人間は雑食動物だと思われがちですが、東京大学教授(農学生命科学研究科獣医生理学研究室)の高橋迪雄氏によると、消化管の構造的にはヒトの本性は肉食動物だということです。

確かに、人類400万年の歴史を顧みても、農耕が始まったのは今からわずか1万年前に過ぎません。
それ以前の何百万年もの間、人類は狩猟生活によって鳥獣や魚介類の肉を食べて命を繋いできたのですから、当然、現時点ではまだ、その身体も穀物食より肉食の方により適応していると考えるのが自然です。
「日本人は米を食べなくては健康を保てない」「日本人の身体は米食に適応している」というのは、単なる思い込み・幻想に過ぎません。
むしろ、厳しい冬の間、米と漬物ぐらいしか食べる物が無かった昔の東北の人は、たんぱく質と脂質の絶対的な不足によって血管が劣化して脆くなり、脳出血でバンバン早死にしていました。

なお、他の肉食動物と同様に、人間も、たんぱく質からアミノ酸を得るとともに、アミノ酸をエネルギー源としても使えるようになっています。
アミノ酸の末端に付いているアミノ基は、酵素の作用で簡単に外すことができ、これが外れれば炭水化物になります。
そして、アミノ基が外された炭水化物は、最終的にはミトコンドリアで酸素によって酸化され、ATPの形でエネルギーが取り出されます。
つまり、われわれの細胞にミトコンドリアが住み着いてくれているおかげで、アミノ酸をエネルギー源として使うことは、きわめて容易なのです。

しかし、その逆…つまり、炭水化物(糖質)を摂取して、それをエネルギー源としてだけでなく、草食動物のように身体を作る材料としても使う…という真似は人間には不可能です(腸内細菌によってタロイモからアミノ酸を作り出せるパプア・ニューギニア高地人を除く)。
現代のヒトは確かに植物性の食物もたくさん食べますが、生理学的には肉食動物に違いありません。

ちなみに、「脳のエネルギー源はブドウ糖なので、糖質を食べないと脳が働かない」というのも誤解だったようで、実際には、糖質を摂取しなくても筋肉や肝臓に溜め込んだグリコーゲンから速やかにブドウ糖を作り出せます。

これは私も実感していますが、糖質制限を始めてから、頭のはたらきが鈍くなったどころか、日中に感じていた眠気や倦怠感が減少して、むしろ頭が冴えている時間が長くなりました。
常に血糖値が安定するようになって低血糖に陥ることが無くなったためか、精神的・情緒的にも安定し、イライラしたり落ち込んだりすることが減ってストレスにも強くなった気がします。

「糖質を摂らないと低血糖になる」のではなく、前述したように、「糖質を摂り過ぎると血糖値が急上昇するため、それを抑えるためにインシュリンが分泌されて、結果的に血糖値が下がり過ぎてしまう」ことが低血糖の原因だということを、ぜひ憶えておいてください。
そして、「血糖値が下がり過ぎると倦怠感を覚えるので、即効的に血糖値を上げて元気になるための気付け薬として糖質や甘いものが欲しくなる」「それらを食べると、また血糖値が上がり過ぎるので、インシュリンが分泌されて、再び血糖値が下がり過ぎ…」という悪循環に陥ることも。

ともあれ、ゲッツさんのように外食が多いと、メニューの関係で糖質を摂らないようにするのはなかなか難しいでしょうが、少なくとも焼き肉屋に行ったときには、ご飯を注文しない(&ビールを飲み過ぎない、二杯目からは焼酎にする)ようにすれば、心置きなく肉を食べても大丈夫ですよ…ということで…。
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2011.12.17 Sat 06:17  |  

なげーよっ!
  • #-
  • ハッチャキ
  • URL
  • Edit

2011.12.17 Sat 08:45  |  

スマン…
  • #mZLB1yMc
  • ホーサク
  • URL
  • Edit

2011.12.17 Sat 17:00  |  

   ↑
ブッハッハッハ!! (大爆)  (>▽<)ノ


けどけど、たいへん参考になりました~。
つまるところ、炭水化物=糖分をカットなんでつね。
カロリーをどんだけ、とか考えるともーメンドクセエんですが、
これならできそう! わしもご飯と麺を減らしてみよっと。

野菜と肉とショーチューがおkならばだいじょぶだい!

ただ心配なのは、今だに去年の正月太りが続いてるんだが。。。。?? (←なが! つーか、それ通年デブ・・・)
  • #-
  • うでぴよ
  • URL
  • Edit

2011.12.18 Sun 05:19  |  お腹すいてきました...

うわ..おいしそ。貧しくて焼き肉なんて全然行ってません...
お肉を焼く姿がお似合いというか、プロというか、とにかくいいですね。

そしてグルメでらっしゃる。

くそぅ。来年は稼いでやる...焼き肉、行くぞー。
  • #d60Xe2SE
  • マドンナ店長
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://getsitaya.blog24.fc2.com/tb.php/151-8130782c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。