ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
13
 
P1110808.jpg

旅行6日目の朝。合田くん家に寄って再び彼をピックアップしたオレたちは、高速に乗って一路、愛媛県の今治市と広島県の尾道市を海の上から結ぶ「しまなみ街道」へ。

P1110811.jpg

P1110818.jpg

で、海上に架かる橋をドンドン進んでいったら、左右の瀬戸内海が分厚い霧で覆われてて、いきなり幻想的な風景になってんスよ。で、「うおおおお~~~~~っ、キレイだなぁ~!!」って雄叫びをあげながら車を飛ばしてたら、いきなりパトカーに追跡されちゃってさっ。・・・・・結局28キロオーバーで捕まりました。けっ!

P1110819.jpg

P1110820.jpg

いや、しかし、なんで交通切符を切られながらも、こんな香川から離れた場所に来たかというとね。ほら、1年前にもボキは合田くん、宏美ちゃんなんかとこの街道を通りながら途中にある大三島っていう島にある「大漁」っていう海鮮の定食屋を目指してね。で、その時は同店は休みだって知ってたんだけど、とりあえず現地に行ってみようってことで寄ったんですわ。で、今回、とうとうそのバカ安の各定食を食べるために来たんだけどさ。結論だけ言うと、開店時間とほぼ同時の11時半に着くと、他の行列客から「2時間待ちで、しかも、今日食べれるかわかんないよ」って言われてさっ。そう、骨折り損のくたびれ儲けだったんスよ!

P1110822.jpg

いやいや、でも、ほら、そこはコッチも大人だからさ。慌てずにしまなみ街道を今治市の方に戻ったオレたちは、そこから同市の方に向かってさ。松山市で名物って言われている鍋焼きうどん屋に向かってね。てか、その鍋焼きうどんも2大人気店あって、その一方の「ことり」の方を訪れたら既に閉まっててね。で、もう一軒の、その近くにある「アサヒ」の方に行ったら開店しててね。

P1110823.jpg

P1110825.jpg

P1110826.jpg

P1110827.jpg

んで、その店で4人とも鍋焼玉子うどん(550円。いなりずしは一個120円)を注文して食べてみたんだけどさ。う~ん・・・・別にマズくはないんだけど、ハッキリ言います。香川のうどんと比べると「おままごと」の味だな。

P1110828.jpg

続いてオレたちは、その近くにある有名なカキ氷屋の「あたりや」に行ってね。ちなみに、噂ではココのカキ氷は今治市にある「登泉堂」より美味しいって話でさ。

P1110832.jpg

P1110833.jpg

P1110834.jpg

P1110831.jpg

で、ドキドキしながらも、オレは宇治ミルククリーム金時(750円)、合田くんはスイカみぞれ、鈴木さんはフルーツフラッペ、みりんちゃんはみるくクリームみぞれ(650円)を頼んでみたんだけどさ。
う~ん・・・・・オレのは結構旨かったけど、合田くんが頼んだスイカみぞれなんかは、う~ん・・・・・1つだけ言えることは登泉堂の方が明らかに上です!

P1110835.jpg

P1110836.jpg

P1110837.jpg

次に向かったのは、数キロほど離れた松山駅構内にある「安岡蒲鉾」っていうじゃこ天屋でさ。ここのじゃこ天が旨いって言うから食べてみたんだけど、運の悪いことに揚げ立てじゃないのを出されちゃってさ。つーことで、味はフツーでした。

P1110838.jpg

P1110840.jpg

結局、新しくピックアップした松山の名物は、昔行ったカレー屋「カルコバ」なんかと比べると全然レベルが低くてさ。でも、松山といったら誰がなんと言おうと絶対的エースの道後温泉があるからさ。ココでゆったりと旅の汗を洗い流しましたよ(笑)。

P1110854.jpg

P1110856.jpg

で、松山から香川のホテルに帰る途中、合田邸に寄ったら、合田くんの両親がオレたちに手品を見せようと待ち構えててね。いきなり合田くんのお母さんがド派手なマジックを繰り出してきたかと思ったら・・・・。

P1110857.jpg

P1110858.jpg

P1110867.jpg

P1110869.jpg

合田くんのお父さんは、お金が倍々になっていくというマジック、そして、例のただの紙を本物の讃岐うどんに変える技を出してきてね。

P1110873.jpg

いやいや、合田くんも充分凄いけど、彼の両親のサービス精神ぶりは尋常じゃないっス!

P1110875.jpg

で、この日の最後に大急ぎで宇田津町にある「おか泉」に寄って、名物の冷天おろしを食べたんだけどさ。何で大急ぎだったのかというと、この夜の9時に高松駅から東京に向けて出発する深夜バスに鈴木さんとみりんちゃんが乗らなくちゃいけなくてね。とにかく泣きたくなるぐらい時間がなかったんだけど、とりあえず西の大将店「おか泉」の冷天おろしは何が何でも食べさせなくちゃいけないと思ってさ。結論を言えばバスにはギリギリ間に合ったんだけど、オレ、冷天おろしを初めて3分で食べました・・・・。

P1110876.jpg

P1110878.jpg

P1110879.jpg

旅行最後の朝。オレと合田くんは「長田in香の香」で待ち合わせて、心ゆくまで釜揚げうどんを満喫してね(笑)。

P1110880.jpg

P1110881.jpg

続いて、ソコから1キロも離れていない「とみやうどん」で名物なカレーうどんを食べたんだけど、これがまた今回は特に旨く感じてさ。つーことで、合田くんとはココでお別れになってね。また奴がいつもこの段階になるとモノ凄い哀愁を放ってきてね。てか、オレは戦地に帰るんじゃないんだから、またスグに会えるよ。元気でな、合田の旦那(笑)。

P1110884.jpg

P1110887.jpg

P1110892.jpg

で、帰りは途中の兵庫県にある、平成の大修理が済んだ真っ白の姫路城に寄ってね。久々に赤の他人に写真を撮ってもらいましたよ。

P1110898.jpg

その後、夜に名古屋でセージの嫁をピックアップしたボキは、どうせなら同市内にある中華料理「四川」で夕飯を食べることにしてさ。

P1110894.jpg

P1110897.jpg

P1110895.jpg

P1110896.jpg

ところが、棒棒鶏とエビチリは旨かったんだけど、麻婆豆腐と汁なし坦々麺は妙に間の抜けた味でさ。つーか、それだってフツーには旨いんだろうけど、今回もこの一週間、旨いモノばかりを食べ続けてきたんで、少しでも旨くないモノが口の中に入ってくると途端にダメダメ信号が点灯しちゃうんだろうな。
つーことで、家に着いた頃は夜中の12時を回ってたけど、今回の香川旅行もメタメタ面白かったっス(笑)。ありがとう、合田くん! そして、コナちゃん!

スポンサーサイト
 
05
 
P1110717.jpg

P1110901.jpg

旅行4日目の早朝。オレとみりんちゃんは高松駅のバスターミナルまで、そこに深夜バスで到着したジムのコーチ、鈴木さんを迎えに行ってね。スグに高松駅の真ん前で彼を見つけることができたんだけど、なんか鈴木さんが負傷兵みたいな感じで突っ立っててね。(もしや!?)と思ったら案の定、バスの中が狭過ぎて東京から5分と寝れなくてココまで来るハメになったみたいでさ。いきなりボロボロ状態なんスよ(笑)。が、とにかく本日は予定が詰まっているので、早速そのまま坂出市にある「がもううどん」に行って、キツネうどんを食べましたよ。そしたら、やっぱりですよ。みりんちゃんも鈴木さんもあんまり感動してない表情でね。そうなんス、この「がもう」って店のうどんは最初はあんまり印象に残らないんスよ。ところが、2回、3回と食べていくうちに心の底から(ああ、ここのうどんって、やっぱりウメえや・・・)って声が響いてくるんです! で、この日、新たに驚いたのは、同店のおみやげうどんに遂に”出汁付き”が加わってさ。そう、ペットボトルに入った濃縮汁を水で薄めるタイプではなく、そのものズバリの出汁がビニールパックに入ってるヤツが売り出されたんスよっ。つーか、これって実は大変な事件なのよっ! だって、これでようやく香川で売ってるお土産用さぬきうどんが革命的に美味しくなるってことなんスから! つーか、あと半年もしないうちに、この方式を真似するうどん屋が最低でも20軒は出てくるだろうな。そういう意味じゃ先頭を切った「がもううどん」は流石っス!

P1110718.jpg

P1110719.jpg

続いては、約10キロほど離れた「長田in香の香」へ。で、この店は言わずと知れた釜揚げうどんの専門店なんだけどさ。ココのうどんを一口食べた瞬間、みりんちゃんが「何これ~!? 尋常じゃなく美味し~~~い!!」って叫んじゃってね。

P1110720.jpg

P1110721.jpg

オレもメタメタ嬉しい気分で食べてたんだけど、鈴木さんが何と言うか、いや、美味しいとは言ってたんだけど、その戸板一枚裏でまだ頭がボーーーっとしてる感じでね。が、無理もないよね。だって、40歳の鈴木さんは一睡もしないで香川にまで来ちゃってんだもの。そりゃ、ボーーーーっとするわ(笑)。

P1110728.jpg

その後、オレたちは観音寺市にある合田くん家によって彼をピックアップすると、一気に高知まで来ちゃってね。まずは、地元の高級郷土料理「英屋」の店長さんが教えてくれた、中土佐町にある「久礼大正市場」ってところに向かってね。この市場にはカツオは勿論のこと、色々な魚介類が上がって来るって言うから、じゃあココでソレらを仕入れて英屋で料理してもらおうってことで、買う気満々で中に入ったんだけどさ。

P1110732.jpg

P1110733.jpg

P1110736.jpg

P1110737.jpg

ここの市場って全長50メートルぐらいしかなくて、しかも、少し前まで海が時化ってたから半分以上の店が出店してなくてね。英屋の店長が買ったらいいんじゃないかって言ってたエビ類も無かったから、早々に高知市内に戻ることになってさ。

P1110750.jpg

で、いつも寄ってる「ひろめ市場」の中に入ってね。

P1110744.jpg

P1110746.jpg

P1110749.jpg

「明神丸」でカツオの塩たたきを食べてさ。

P1110747.jpg

P1110748.jpg

それから屋台餃子も食べてね。いや、どちらも相変わらずの旨さですよ!

P1110753.jpg

P1110756.jpg

で、再び通り沿いを歩いてたら、いきなり挑発的な銅像が出てきたりさ。また、かまぼこ屋の前で合田くんとホッコリしたりしてね(笑)。

P1110760.jpg

さらに、時間が少し余ってたから、鈴木さんとみりんちゃんを桂浜に案内したりしてさ。

P1110761.jpg

で、ようやく予約を入れてた夕方の6時になったから早速「英屋」突撃ですよ。

P1110764.jpg

P1110763.jpg

P1110765.jpg

P1110766.jpg

P1110767.jpg

いゃあ~、今回も素敵な郷土料理が出てきましたよ。まずは、ジャコの醤油漬けと酢味噌漬け。それから貝に(すまん、また名前覚えてねえや)、刺身5点盛りに、はいっ、今が旬のカツオのたたき!!

P1110769.jpg

P1110770.jpg

P1110771.jpg

P1110773.jpg

P1110775.jpg

それから鯨肉のしゃぶしゃぶに、金目鯛の煮付け、エビの唐揚げ、ウツボの刺身。そして、最後は激甘のフルーツトマトまで出てきちゃってさ。しかも、またこんな高級料理のオンパレードを激安料金で食べさせてくれてね。

P1110777.jpg

真ん中がオレと同い年の英屋の店長さん。そして、向かって左側がその娘ちゃんです。いゃあ~、いつもいつも甘えてばかりでスンマセン。でも、またよろしくお願いしますね(笑)。

P1110779.jpg

で、旅行5日目。この日は午前10時半ぐらいから高松市の「はりや」に並んでね。昨日は終始泥人形のような顔をしていた鈴木先生もようやく完全復活ですよ!

P1110781.jpg

P1110782.jpg

注文は勿論、かしわ天&イカ天ざるうどん!! つーか、やっぱりどう考えても、この店だけは満点だな。だって旨過ぎるもん!

P1110783.jpg

続いては綾川町に移動して、ようやく宏美ちゃんのいる岡製麺所で食事。

P1110786.jpg

もちろん、皆は1番のお勧めの肉うどんを注文してさ。

P1110785.jpg

P1110787.jpg

ボキは悩みまくった結果、合田くんが旨い旨いって言ってたキツネうどんを注文してさ。そしたら、モノ凄く分厚い揚げが乗っててね。ソレが出汁をたっぷり吸ってて、うん、ココのキツネうどんは大合格!! 食べて良かった(笑)。

P1110791.jpg

で、その後、みりんちゃんが腹が痛いっていうからホテルまで送って、オレと合田くんと鈴木さんは高松市の商店街をプラプラすることにしてさ。まず入ったのが、以前、宏美ちゃんにこの店いいですよ!って勧められた、琴電「瓦町」駅前にあるフルーツパーラーの「三びきの子ぶた」でね。そこでオレンジジュース、メロンジュース、フルーツジュースとオレはケーキも注文してさ(てか、ホントにオレって女子高生かいっ!?)。

P1110792.jpg

P1110794.jpg

P1110795.jpg

P1110796.jpg

続いて、もう腹はパンパンになってたから、今度行った時に寄りたい店を散策しとこうってことでさ。まずはカレーを出すバーの「タバーン」。そして、和風ステーキの店「山下」。それから、合田くんが知り合いからココのうどんも旨いと聞いたことがあるという「川福本店」。あ~~~~~っ、しかし、人間っていうのは、何でこうもちょっとしか飯を食えないんだろうなぁぁぁっ!! で、最後に合田くんが商店街に展示されてたポルシェに勝手に乗り込んじゃったところをパチリ!と撮ったんだけどさ。ガラスが光っちゃって殆ど顔が写ってなかったわ。ゴメン(笑)。

P1110797.jpg

P1110798.jpg

で、夕刻、お腹が空いたところで宏美ちゃんと骨付き鳥の「一鶴」土器川店で待ち合わせてね。で、ヒナと親を両方頼んで改めて食べてみたんだけどさ。いや、誰がなんと言おうとヒナの方が全然旨いっス!

P1110799.jpg

ま、そんなこんなで旅行5日目も終わりっス。はい、次の香川最終回につづきまぁ~す!。

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

05 | 2015/06 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。