ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
17
 
22_20140517162206e93.jpg

はい、そして名古屋飯第2位の食堂が、この「杏亭」でね。しかし、この店って土曜の夜と日曜が休みなんで、何回か行ってようやく入れましたよ。

23_20140517162221b04.jpg

で、この店の名物は上写真の「四川式よだれ鶏(800円)」でね。もう、その料理名を聞くだけでヨダレが止まらなくなるんだけど、とにかくこの一品は凶暴に旨いっス!!

24_2014051716223052a.jpg

25_20140517162238d16.jpg

26_201405171622458ab.jpg

それから、この店の麻婆豆腐と坦々麺も絶妙な辛さで、とにかく食ってる途中で隣のサラリーマンの右頬に意味もなくパンチを入れたくなるほどの旨さなんですわ。しかも、この100円の杏仁豆腐がまた優しい味でさ。

27_20140517162257938.jpg

いゃあ~、この店はカウンターだけじゃなくって、テーブル席も作れば、もっと何人かでワイワイガヤガヤと食事をしたい客もドンドン入ってくると思うんだけどなぁ・・・・。まぁ、それと前にも書いたけど、土曜の夜と日曜が休みってのが観光客を取り込めない理由なんだろうけど、オレ的にはこの方がいつ来ても入れるからイイっスけどね(笑)。いや、とにかく最高です、杏亭!!

28_20140517162305ae7.jpg

29_20140517162315d1e.jpg

さて、そして名古屋の第1位に輝いたのは、見てくださいよ、この行列。土、日なんか3~4時間待ちは当たり前の「あつた蓬莱軒」、その″うなぎの櫃まぶし定食″がチャンピオンですよ。って、まぁ、これはボキが得意気に紹介するまでもなく、
実はオレ、今から20年以上前から名古屋に来たら、とにもかくにもコレを食べてたんだけどね。そう、このうなぎ飯は最初に細かくカットされたうなぎをとにかくよくご飯に混ぜ込んでさ。で、一杯目は普通にまぶしご飯で、2杯目はネギとわさびの薬味も混ぜて、3杯目は上から特製の汁をかけてお茶漬けにして食べるんスよ。
ちなみに、どうしてこの料理がイロイロな人にココまでウケるかっていうとね。これはボキの持論なんだけどさ。関東ではうなぎの蒲焼って焼くだけじゃなく、蒸したりもするんですわ。だから東京のうなぎって他の地域から来た人が食べるとビックリするほど柔らかいんだけどさ。逆に関東の奴が関西とか九州地区なんかのうなぎを食べると、蒸してないから何かバリバリしてて全然美味しく感じないんですわ。ところが、この蓬莱軒の蒲焼って細かく切ってあるから、その硬さもあまり感じないんですよ。だから東京から来る観光客なんかにもココまで受けると思うんスよね。

30_20140517162323007.jpg

あ、で、これはオマケなんだけどさ。名古屋から三重県に向かって小一時間ぐらい車で走ってくと右手に「ギロチン工場 鬼頭商店」っていう、とにかくとんでもない名前の付いた工場があってね。

31_2014051716233123e.jpg

それを過ぎて、さらに少し走った三重県四日市市の駅近くに「金城軒」っていう小さな和菓子があってね。

32_20140517162341b18.jpg

33_2014051716235116d.jpg

で、ソコで売られてる「太白長餅」っていう、中にアンコが詰まった薄い焼き餅がとにかく日本一旨い和菓子だから、機会があったら1度食べてください。電話を入れれば取り寄せもできます。賞味期限は3日しかないけどね。つーことで、名古屋の「ごはんくん」。いろいろ教えてくれて、ホントありがとね。今度、機会があったら是非、各名店を一緒に!! 以上です、しのぶちゃん。
スポンサーサイト
 
12
 
1_201405122317218ed.jpg

はい、カレーのPART3に入る前に現在、名古屋で働いてる「ごはんくん」の紹介で同地のイロイロな名店を訪れてきたんで、今回はソレらをババっと見せていきますよ!・・・・・どうでもいいけどまた寝てるよ、オレ。

2_20140512231729822.jpg

3_20140512231734cdd.jpg

はい、まずは手打ちうどんの名店「若鯱家」でカレーうどんを食べてプレイボールっスよ!!

4_20140512231741d1d.jpg

5_20140512231753359.jpg

続いても”カレー煮込みうどん”が有名な「鯱市」で、そのカレー煮込みうどんを食べてね。ちなみに、この店って、あの味噌煮込みうどんで有名な山本屋本店の姉妹店らしくてね。うん、確かにうどんのコシもバッチリあって、これはこれで結構旨かったっス!

6_20140512231800742.jpg

7_20140512231807aa2.jpg

8_20140512231812f2b.jpg

続いては、あの台湾ラーメンを作った元祖だっていう「味仙」を訪れたんだけど、名古屋駅からはちょいとばかり離れてるんだけど、とにかくデッかい店でさ。5分ぐらい並んだ後、2階の席まで案内されて台湾ラーメン食べたんだけどね。意外と小さな器に入っててさ。味は今、東京でもチョコチョコ出す店のあるニセモノとは違って、一本辛さの芯がビシッと通った美味だったんだけど、この味仙は他にもいくらでも料理の種類があってね。だから他のお客さんは皆、2~3品頼んでゆっくりやってましたね(笑)。

9_20140512233051da5.jpg

10_20140512233058e67.jpg

それから名古屋駅の地下街にあるサ店「コンパル」の名物”エビフライサンド”もテイクアウトで食べてみたんだけど、1つ800円ぐらいしたのかな? え、味? そりゃ、こんなに高いのに結構売れてんだからマズイわけないっつーの! でも、ちょっと高すぎるよ。プン!

11_20140512233104402.jpg

さて、今回の本番はココからですよ。そう「ごはんくん」が紹介してくれた名古屋飯の中でも特に旨いベスト3の発表ですよ。で、第3位が、この中国料理「四川」。へっ? 天むすやあんかけスパとかはどうした? はい、そんなもんはベスト10にも入りませんよ。あんまり舐めないでね、ボキの舌を!!

12_20140512233112ba5.jpg

13_2014051223311974f.jpg

で、まず「四川」の名物っていったら、この汁無し坦々麺でね。またコレが辛いんだけど、汁にハンパないコクがあって気がついたら食べ終わってましたよ、はい。

14_20140512233943647.jpg

15_20140512234015f35.jpg

16_20140512234025584.jpg

17_201405122340331db.jpg

18_20140512234043b2c.jpg

19_20140512234052a67.jpg

続いて写真上から「スーラースープ(これも結構辛いよ)」、「棒棒鶏(これもタレが辛くて食べたことのない素敵な味だった)」、「チャーハン(ちょっと休憩)」、「エビチリ(これは唸るほど旨し!)」、「エビチャーハン(再び休憩)」、「イカと青菜の炒め物(これもシビれた)」でね。いゃあ~、とにかく何を頼んでも大抵旨くて、その辛味に汗は薄らと出てくるんだけど、とにかく最高なんすわ。ところがね・・・・・。

20_201405122340592a8.jpg

21_20140512234108fd6.jpg

この激辛麻婆豆腐を一口食べた途端、口の中の感覚が全く無くなっちゃってさ。耳は遠くなるわ、一緒に食った塚ポンっていう後輩も麻酔弾が効いたシマウマみたいな顔になっちゃってね。いや、この「四川」では、この一品だけは特別に辛いので頼まないほうがいいと思います。最後にヤラレた・・・・。

つづく

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。