ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
27
 
17_20131227190726071.jpg

16_20131227190719279.jpg

で、翌日からオレと合田くんでうどん屋と、合田くんの地元、観音寺市の名所を次々回ることにしたんだけどね。まずはガイド本には今まで殆ど載ったことがないうどん屋「やすなみ」に行って、かけうどんとチクワの天ぷらを頼んだんだけどさ。麺は主人が丸亀市の「中村」で修行しただけあって、コシのある細麺が出てきたんだけどね。つーか、それ以前の問題で、この店のオレと同じ年ぐらいの男の主人は、やたら年寄り客に厳しくてさ。そういう頼み方をされると困るとか、順番に注文してくれとか文句言ってたけど、ジジババなんていうのは所詮そんなもんでね。だから、そういう人達にもわかり易いように、注文の仕方なんかをあらかじめ紙に書いて貼っとけっつーの! ダメだよ、店の方がエバってちゃ。てか、ガイド本に載ったことがないってのも、自分なんかまだまだそんな・・・って要素もあるかもしれないけど、それと同じぐらい店主の下らない小難しさが原因なんだろうな。つーことで、オレ個人は文句を言われたわけじゃないけど失格です、この店!

18_20131227190740540.jpg

19_201312271908111a4.jpg

20_201312271908217ef.jpg

続いても、オレは初めて行く「ゆり」といううどん屋なんだけどさ。ココの名物は”みそ汁うどん”という一品でね。んで、頼んだソレがきて見たんだけど、おいおい、みそ汁とうどんって合うのかよっ?って思ったんだけどさ。その時、オレは合田くんとちょっと真剣に話し合うことがあってね。で、話が終わって手元を見たら、みそ汁うどんが全部無くなっててさ。そう、いつの間にか食べきれちゃうほど、ごく自然というか、友達の家に遊びに行ったら出されたトン汁みたいな感覚でね。点数は5点満点中3点だけど、いや、いいっスわ、みそ汁うどん(笑)。

21_201312271908296a1.jpg

で、その次にオレは合田くんの案内で、彼の住む観音寺市を一望できる高台にある神社に行ってね。

22_20131227190848b5a.jpg

23_20131227190857324.jpg

ほら、この木に囲まれてる中に前回ココに来た時にも紹介した「銭形砂絵」があってさ。いゃあ~この高台から街を眺めてるとムチャクチャいい気分になりますなぁ~。

24_20131227190905de6.jpg

で、再び市内に戻ってきたオレたちは、何故か名古屋に住んでるボキのツイッターのフォロワーの「ごはん」くんが教えてくれたソフトクリーム屋に行ってね。合田くんも「俺も知らなかったのに、なんで名古屋のごはんさんがこんなところに美味しいソフトクリーム屋があるって知ってるって、ホントにビックリですよ」って言っててさ。で、とりあえず、その前で写真を撮ってたら、中から店のオジイさんが出てきてね。

25_20131227190914719.jpg

26_2013122719092542b.jpg

そんで、店の中に入ってイロイロな話をしてたら、オジイさんの若い頃の写真が貼ってあったんだけど、このオジイさん、若い頃はホントにカッコ良くてね。

27_201312271909368e7.jpg

28_20131227190944074.jpg

ま、とりあえず一個200円のソフトクリームを作ってもらったんだけど、そう、このオジイさん、一本足打法なんですよ。全然その必要ないのに。ガハッハッハッハッハッ!!

29_20131227190954fc4.jpg

いや、しかし、冗談抜きにホントに”濃く強い”アイスクリームでしたわ(笑)。

30_201312271910040b5.jpg

31_20131227191013a48.jpg

さらにその後、オレたちはミカンマンの横を通って観音寺市の隣にある三豊市の荘内半島に向かってね。この半島の一部は「浦島太郎」の舞台だったのではないか、という所まであってね。公衆トイレまで、ほら、この通り竜宮城の形をしてましたよ(笑)。

32_201312271910227d7.jpg

33_201312271910306bd.jpg

34_201312271910388d4.jpg

35_20131227191052b36.jpg

いや、とにかく、この半島から見る瀬戸内海が、もうボキの心をときめかせる輝きを放っててね。いや、東京に住んでると、こういうバカっ広い内海って絶対見ないじゃないっスか。いやいや、もう最高でしたよ。

36_20131227191101a3a.jpg

で、この日、最後に観音寺市の「うまじ家」っていう、昔、この店の店長が「おか泉」で修行をしてたっていう店舗に入ってね。

37_20131227191109539.jpg

38_20131227191118e53.jpg

39_20131227191127af4.jpg

そんで、合田くんもオレも天ぷらおろしぶっかけうどん(要は、冷天おろしね)を注文したんだけどさ。うん、麺もそれなりに美味しく、しかも、ここは海老天が3本も付いてきたんだけど、う~ん・・・やっぱし「おか泉」と比べると、味は少し落ちるということで5点満点中ここも3点!!

その3につづく。
スポンサーサイト
 
24
 
1_2013122417351536c.jpg

はい、レポートがすっかり遅れちゃった今年11月に行った香川県。のっけから、最初は京都で新しく板谷うどん会に加わった京さんを車に乗せて、一気に香川まで行ってね。まずは、例の旨いオバアチャン海老天がある山下うどんに突入ですよ。

2_201312241735218e9.jpg

で、その優しい味のする海老天うどんを食べてホッとした後、すぐさま隣の高知県に向かってね。

3_20131224173525bd1.jpg

京さんを初めて見るっていう桂浜の龍馬像の前に案内してね。その像の真横に特別に「龍馬台地」っていう、上空の位置にいる龍馬に大接近できるっていうタワーが建てられててさ。

4_20131224173530fee.jpg

で、登ってみて京さんをパチリ! ね、京さんと龍馬が同じ高さにいるでしょ(笑)。んで、その後、オレたちはオレが前回行った「ひろめ市場」の明神丸でかつおの塩たたきを食べたり、また、数日前から何本もメールをくれた高知駅近くの「英屋(ひでや)」という高級居酒屋さんに行って、ボキと同じ年の店長さんがサバいた、これまたウルトラ旨いかつおのたたきや鯨肉の刺身なんかを堪能したんだけど、はい、それはオレが写真を撮るのを忘れちゃういました!! ってしょうがねえだろっ、東京をバカ早く出て、1日でココまで来てるんだからっ、オレだってええ加減呆けるわっ! つーことで、英屋のご主人&奥さん、そして、ゴッド・ファーザーの好きな娘さん、また近々行くからね(笑)。

5_20131224173535c45.jpg

で、キチガイのように眠った翌日、オレたちはくのっちさんの彼氏、アキさんの家に集まって料理大会を開くことになったんだけどさ。まずは今回、初参戦してくれたくのっちさんの友達の、高松で「ボン・ウーノ」というイタ飯屋さんをやってる店長さんが超旨そうな魚介スパゲッティを作ってくれてね。そう、いきなりプロの参戦ですよ!

6_201312241735407ca.jpg

7_20131224173544302.jpg

で、続いては京さんが、ひじきの煮物とタラモサラダ付きのフランスパンを出してきてね。

8_2013122417354971f.jpg

久々に会った裕子ちゃん&裕太くんの裕々コンビは、小細工なしの大学芋を作ってきてさ。

9_201312241735541e0.jpg

で、トン汁作りにも流石に飽きたボキは、今回は海老とアボガドが入ったタイカレーに挑戦してね。

10_20131224173559ed3.jpg

11_2013122417590151d.jpg

12_20131224175909a45.jpg

13_2013122417591517a.jpg

最後は料理上手のくのっちさんが、シンプルながらも素材の味を最大限に生かした通の料理を次々出してきてさ。

14_20131224175922567.jpg

15_2013122417592772a.jpg

で、アッという間に殆どの料理がなくなっちゃってね。いゃあ、しかし、裕々コンビ。とにかく久々に会えて嬉しかったぞ。裕子ちゃん、今度こそお姉ちゃんを・・・・・・・あ、もう連れてこなくていいや(笑)。
 
03
 
1_2013120319525781d.jpg

さて、日本のプロ野球の方も今は完全なオフシーズンでね。で、11月に入る寸前、歌手のシルバさんからハロウィンの仮装大会をやりましょうと声が掛かってね。んで、会場をオレの家にしてやることになってさ。オレは即、バットマンのジョーカーをやろうと決めて、メイクのために事前に白や赤のドーランを用意してたんですわ。で、大会当日、ウチに一番最初に来たのは佐保田のおっさんでね。「おっさんは今日、何の変身すんの?」って尋ねたんだけど、笑いながらも教えないわけですよ。で、そうこうしてるうちに、続いてシンヤくん一家が来たんだけどさ。

2_20131203195303ce7.jpg

そう、思いっきりジョーカーに成りきって来やがってね・・・・。

3_20131203195308810.jpg

しかも、一家でバッドマンのキャラに成りきってるという、このタッグの良さですよっ、ね!

4_20131203195314417.jpg

5_201312031953215e8.jpg

6_20131203195326ccc.jpg

そしたら、佐保田のおっさんがシンヤくんに向かって「お前、俺がジョーカーになろうと思ってたのににににっ!!!」なんて怒鳴ってたんだけど、その後、仮想をさせたらお面をかぶるだけの始末でさ。で、結局はお面を取っちゃって「やっぱブルース・ウィリスでいくわ!」なんて言い出したんだけど、どう見てもトチ狂った自衛隊員にしか見えなくてね。

7_20131203200309f9f.jpg

8_20131203200316ca1.jpg

続いてセージの嫁のミカは「キル・ビル」のユマ・サーマンに仮装したんだけど、金髪の迷い子にしか見えねーしさ。

9_201312032003235b3.jpg

10_201312032003285d3.jpg

で、シンヤくんが完璧にジョーカーになりきってるから、オレはどうしようか迷ってたらキャームが近寄ってきて、「コーちゃん。俺、仮装の衣装を3パターン持ってきてるから、無かったら1つ貸してやるよ」なんて言ってきたから、もうそれでいいやと思って借りたらゾンビの衣装でね。顔も体も全部隠れちゃって、1つも面白くなくてさ。

11_20131203200903499.jpg

12_20131203200909e9e.jpg

んで、当のキャームは何に仮装するかと思ったら、きたよ・・・・・レクター博士でね。しかも、このお面は手作りだっていうんですよ!

13_20131203200916d2d.jpg

14_20131203200922565.jpg

んで、言いだしっぺのシルバさんは野澤さんと来たんだけど、2人とも何になりたかったのかイマイチわからなくてね。で、そこにセージが佐清の仮面をかぶって出てきてさ。本当なら顔が全部隠れちゃってるからダメなはずなんだけど、着物を着たせいでググッと迫力が出てきやがってね。

15_20131203200929e43.jpg

最後に皆で集合写真を撮ったんだけど、ほら・・・・佐保田のおっさんは野澤さんの影に隠れちゃってるし、オレに至ってはカメレオンのように保護色になっちゃって、いるかいないかもわからない状態だしさ。つーことで、第1回の仮装大会の優勝者は、シンヤくんとキャー厶に決定。・・・・あ~あ、つまんなかった。

16_20131203201616547.jpg

17_20131203201623d9c.jpg

ちなみに、これは遅れて登場した(っていうより、オレが迎えに行くのが遅れたんだけどね)にきサムだけど、コイツもオレや佐保田のおっさんと同様、思いっきり撃沈だよっ、バカヤロー!!

18_20131203201629c1f.jpg

ちなみに、佐保田のおっさんは、往生際が悪く、いつまでもケンちゃん所有のカツラをかぶってたりしてね。

19_201312032016371a8.jpg

で、徐々に効いてきたのが、いつまでもこの格好でジュースを飲んだり、料理をしたりしてたシルバさんでね。つーか、いくら何でも、もう少し格好つけてくださいよ(笑)

20_20131203202158d63.jpg

21_20131203202204eb6.jpg

22_20131203202214074.jpg

ちなみに、話は急に変わるんだけど先日、よ~~~~やく東京で旨い讃岐うどんの店を発見してね。一軒目は、本郷にある「こくわがた」っていう立ち食いの店なんだけど、オレと塚ポンは「冷や冷や」と天ぷらを頼んだんだけどさ。もちろん、細麺のうどんも旨かったんだけど、もうココのちくわ天と鶏天が暴力的に旨くてねっ。

23_2013120320222029a.jpg

24_2013120320222606d.jpg

25_201312032022323c9.jpg

2軒目は代々木にある「慎」って店で、ココのカシワ天ざるうどんも、また天ぷら、麺、出汁とみんな旨くてさ。が、この後、もう1回行ってみたら、う~ん・・・・・麺がプリプリし過ぎてて、もう少し麺がダラシがない方が食べてていつまでも飽きがこないのに・・・と思いました。以上です。キャップ!!

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。