ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08
 
43_20130808182100abd.jpg

さてさて、旅行7日目の6月14日。この日は今回、是非もう1回行きたかった高松の「はりや」に合田くん&沖田と訪れてね。

44_201308081821088a5.jpg

で、イカ天ざるうどんを食べたんだけどさ。いゃあ~~~、心から旨かったっス。はい、ホント言うこと無し! で、この後、ちょっとした用があったんで観音寺市の合田くんちに寄ったんだけどさ。オレと沖田が居間に通されて飲み物とかを出されてたら、合田くんのお母さんが「沖田さん、あんたにあげるモノがあるわ」なんて立ち上がっちゃってね。で、戻ってきたらハンカチに包んだある物を沖田に渡してさ。で、沖田がスグにその包みを開けたら、そこには本物の真珠のネックレスが入っててさっ! で、当然のごとく沖田が「いや、お母さん。こんな大切なモノは貰えないですよっ!!」って言って断ったんだけど、合田くんのお母さんが「いいの、いいの。昨日、お父さんとも相談して、これは沖田さんにあげるのが1番いいってねぇ~、お父さん」か何か言ったら、合田くんのお父さんもニコニコしながら肯いちゃってね。つーか、ちょっと待てとっ! 沖田が合田くんの両親に会うのは、まだ今回で2度目なんだよねっ! で、自分が昔作った真珠のネックレスっていったら、仲の良い親戚、いやさっ、自分の息子の嫁にあげたりするわけでしょ、フツーは? なのに、まだ何も知らない沖田に、いきなり真珠のネックレスをあげちゃうってどういうことよっ!? 結局、沖田は何度も断ったけど、沖田くんのお母さんの勢いに負けて真珠のネックレス、もらってましたよ。いゃあ~、合田くんのプレゼント癖って、実は遺伝だったんだな・・・・・。しかし、今回も凄いもん見させられたわ。降参!

45_2013080818212156b.jpg

で、次にオレたちが訪れたのは岡製麺所でね。宏美ちゃんと妹の照代ちゃんに挨拶しつつ、改めてジックリと名物の肉うどんを食べてみたんだけどさ。

46_20130808182129fba.jpg

47_20130808182136939.jpg

48_201308081821442ad.jpg

いや、お世辞抜きでホントに旨いんですわ。いや、一緒にカラオケをやったとか、宏美ちゃんともかなり仲良くなったとか、そういうのは一切関係なく、ココの肉うどんは更に味が濃く、ドッシリと旨くなってるんですよ! 今でも合田くんが月に何回も来るって理由がホントにわかりましたわ。ここも完全に降参!

49_201308081821515cb.jpg

50_20130808182201d67.jpg

続いてオレたちは、一昨日休みだった善通寺市にある「とみや」うどんに行ってね。で、遅ればせながら、この店のカレーうどんを食べてみたんだけどさ。う~ん、正直言うと味は「香風」や「むさし」ほどじゃなかったけど、肉も野菜もシッカリ入ってて、しかも、カレーうどんが1杯410円という安さっスよ! つーことで、今回のカレー勝負は1位は、ほぼ同点で「香風」と「むさし」、2位はココ「とみや」で、3位は「鶴丸」でした。香川県の人、もしココ以上のカレーうどんを知ってたら教えてくださいネ!

51_20130808182210ab1.jpg

52_201308081822235cd.jpg

53.jpg

はい、つーことでその後、オレたちはお腹パンパン、体ヘロヘロになりながら高松に戻ってさ。明日帰るってんで、高松の巨大商店街にあるバスケグッズの店や、スタバーの上から飛び出てくる変テコリンなカラクリ時計を見学してさ。にしても、やっぱり今回も合田くんは凄くて、もう喋り&笑いで、どこへ行っても周囲の奴らを黙らせちゃってね。いや、もちろん合田くんには、その自覚はないんだろうけどさ。で、オレも合田くんの話&笑いを聞いて、やっぱしガハガハ笑ったんだけど正直言うと、合田くんの会話の3割ぐらいは何言ってるのかわからないんですわ。でも、とにかく合田くんの喋りの勢いと笑い声の迫力に無条件で笑っちゃってね。にしても、上の写真をもう一度見て下さいよ。そう、合田くん、ガタイがホントにガッシリしてきたでしょ? いや、冗談抜きで、オレもあと1年もすりゃ抜かれそうな勢いなんで今から必死ですよ。とにかく、オレは凄い核兵器を手に入れましたわ(笑)。

54.jpg

55.jpg

56.jpg

で、旅行最終日の6月15日。朝、寝てたら6時ちょい過ぎに合田くんから電話がかかってきてね。おいおい、君とは昨夜、ちゃんとお別れしといたじゃないかと思いつつも話してたら、とにかく最後の最後にもう一軒だけうどん屋に行きたいっていうんで「え、どの店に?」って訊いたら「ゲッツさんの一番好きな゛長田in香の香゛ですよ!」なんて返してきやがってね。で、ボキは笑いながらも沖田の部屋に電話して、彼女を起こしてね。3人で香の香に行って、しかも、オレが前から食べたかった゛たらいうどん(1000円)゛を頼んで、ゲハゲハ笑いながら、その激旨うどんをすすり込んでさ。その後、店の外で車に乗って改めて合田くんに別れを告げようと思って、車の窓を開けたら、もう合田くんの頭の中は岡製麺所の宏美ちゃんと照代ちゃんにオレが出演してるDVDをプレゼントして、その後で同店の肉うどんを食べることでイッパイイッパイで、「合田く~~~ん!! 合田く~~~ん!!」ってオレと沖田で叫んでるのに、まっすぐ前を向いたままゼロ戦の操縦士のように車を出発させて走り去っていきました。
合田くん、今回もオレは完敗です・・・・・。(おわり)
スポンサーサイト
 
01
 
19_20130801141919a6e.jpg

旅行6日目の6月13日。この日は合田くん、沖田と共に車で高知県へ。高速の途中で「立川」パーキングエリアを発見! 何か変な気分だった。

20_2013080114192890c.jpg

で、まずは高知の桂浜にある坂本龍馬の前へ。

21_20130801141935a9b.jpg

続いて、そのすぐ脇で開店していた「アイスクリン」というアイスクリーム屋でソレを3つ買うオレ。今から20年前、このアイスクリンをサイバラのねーさんに買ってもらって、ココで食べたっけ(笑)。

22_2013080114194211c.jpg

次に、ソコから100メートルほど離れた土佐闘犬センターに行くオレ達。そして、土佐犬の子犬コーナーで遊ぶ沖田。

23_20130801141948d24.jpg

闘犬場に入るとスグに60キロクラスの横綱が登場!

24_20130801141956491.jpg

25_2013080114200509c.jpg

で、横綱が引っ込むと、続いて40キロ級の2匹の土佐犬が出てきて早速バトルを開始!!

26_20130801142011d81.jpg

このタイマン勝負、思った以上に大迫力で、もう血やヨダレは飛んでくるわで、見物客たちは皆少し引いてました・・・。

27_20130801142020609.jpg

しかし、太平洋側の高知の海はホントにキレイだったなぁ~。

28_20130801142033d95.jpg

29_201308011420413b6.jpg

30_2013080114204752c.jpg

続いてオレたちは車で商店街の方に移動し、ひろめ市場の中へ。

31_20130801142057a4e.jpg

32_20130801143349608.jpg

で、まずは屋台餃子「安兵衛」で餃子を買って食べたんだけど、この小ぶりな餃子が予想以上に旨くてね。

33_201308011421111c4.jpg

34_20130801142117758.jpg

続いて、カツオのたたきで有名な「明神丸」で普通の醤油を付けて食べるたたきと、塩ソースを付けて食べるたたきを食べたんだけどさ。いや、この塩たたきがメチャメチャ旨くてねっ。いや、この旨さにはホントに驚きましたよ!!

35_20130801142124865.jpg

ちなみに、市場内にあった等身大、坂本龍馬のマネをする合田くん。近くでチビッコが、また泣いてました。

36_20130801142132676.jpg

37_201308011421390cd.jpg

38_20130801142146730.jpg

お次は、車で5分ほど走ったところにある、これもサイバラねーさんお勧めのうどん屋「さぬき岩蔵」へ。で、早速ココで釜たまと冷かけ(ひやひやね)を頼んで食べたんだけど、何じゃいっ、ココは讃岐でもないのに、このさぬきうどんの旨さは!? いや、サイバラのお勧めだから褒めてるんじゃなくて、ココのうどんはホントにバカ旨いんスよっ。ちなみに、後で店の人に話を聞いたら、時間さえあればしょちゅう香川まで行って美味しいうどん屋を食べ歩いてるんだって。その中でも特に旨いと思うのが「山越」と「おか泉」だって。ちゃんとわかってんだね(笑)。この岩蔵の住所は、高知県高知市桟橋通3丁目なので、皆も高知に行った時は是非寄って欲しい。冗談抜きで旨いから!!

39_20130801142154fd1.jpg

40_20130801142203c3a.jpg

続いてオレたちは、超腹一杯になりながらも岩蔵から車で20分ほど走ったところにある、貝を店内で焼いて食べさせてくれる「浮橋」に行ったんだけどさ。電話では「やってます!」って言ってたにも拘らず閉店になっててね。まぁ、腹一杯だったから許してやりましたよ。

41_20130801142210d1a.jpg

42_201308011422172a4.jpg

で、そのまま一気に香川の観音寺市に戻ってきたオレたちは、銭形砂絵を見た後、更に前月に18億円が当たったという宝くじ売り場に寄って高松に帰りました。いゃあ~、しかし、もう一回言うけど、明神丸の塩たたきと岩蔵のうどんはメチャメチャ旨かったです! サイバラのねーさん、ありがと!!

(つづく)

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。