ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
24
 
1_20130724184422.jpg

旅行5日目の6月12日。この日、東京から漫画家の沖田×華が高速バスで香川にやってきてね。で、朝から合田くんを加えた計3人で「カレーうどんDAY」にしようってんでさ。まずは、宇田津町にある「香風」っていう店を訪れてね。

2_20130724184428.jpg

3_20130724184433.jpg

ココには、石焼カレーうどん(680円)ってメニューがあってね。しかも、ラー油のような自分で辛さを調節できる調味料も用意されててさ。んで、早速食べてみたんだけど、うん、かなり旨くて、しかも、石焼という特徴もシッカリ生かされてて、オレ的には久々に美味しいカレーうどんに当たりましたよ、うん!

4_20130724184439.jpg

5_20130724184444.jpg

続いて訪れたのは、琴平町にある「むさし」でね。ココは、それまで香川で一番旨いカレーうどんを出す店だとオレは思ってて、今回も食べてみたんだけどさ。う~ん、前出の「香風」とイイ勝負だなぁ~。ちなみに、ついでに頼んだライスも全部カレーのルーの中にブチ込んでペロリと食べちゃいました。

6_20130724184448.jpg

7_20130724184453.jpg

んで、腹を休ませるためにも、その後、オレたちは高速に乗って隣の愛媛県にある松山城に向かってね。リフトに乗って山の上にある城に向かったんだけど、いや、エエ景色でしたわぁ~。

8_20130724184459.jpg

9_20130724184504.jpg

で、山頂から松山市街をグルリと見渡したんだけど、ビルの密度といい高さといい、いや、ココらあたりが実は四国で最も発展してるってことがわかりましたよ。

10_20130724184509.jpg

ちなみに、山頂で女の旅行者達からカメラのシャッターを押してくれるよう頼まれ、超積極的に指示を出す合田くん。合田くん、そのキラキラしたトキメキを忘れないで!

11_20130724184514.jpg

12_20130724184519.jpg

松山城と、その下にいたユルキャラの・・・・・・すみません、名前覚えてません。

13_20130724184525.jpg

14_20130724184532.jpg

その後、松山城から数キロしか離れてない道後温泉に今回も行ってね。

15_20130724184539.jpg

また、いつもの3階の一番端っこにある夏目漱石の記念の品々が置いてある部屋に行ったりさ。

16_20130724184545.jpg

ゆっくりお茶とかを飲みながら休める休憩部屋なんかも初めて利用して、ゆっくりお風呂に入ってきましただよ。

17_20130724184551.jpg

で、再び高速に乗って香川に帰ってきたオレたちは、再びカレーうどんを食いまくろうってんで、善通寺市の「とみやうどん」に向かったら、この日は臨時休業でしてね。しょうがねぇから、ホテルにある高松市に戻ってきて、今度は「鶴丸」って店に歩いて向かってたんですよ。したら、向こうからザ・クロマニヨンズのマーシーさんによく似た人が歩いてきてね。(まさか・・・)と思ったけど、もう一度よく見たら、やっぱりマーシーさんなんでスよっ。で、オレはクロマニヨンズの人たちは、自分が原作を書いた「ワルボロ」が映画化された際、そのテーマソングを作ってもらって、しかも、ライブにも何回も招待されたことがあるからさ。マーシーさんの肩を叩いたら、一緒に歩いてた人の1人がオレのことを暴漢だと思ったらしくてね。で、腕を広げて止めようとしてきたんだけど、もう面倒くさいからその腕を払っちゃって、マーシーさんの肩を強引に叩いたら、マーシーさんもオレのことちゃんと覚えててくれてね。「あれっ、ゲッツさん。こんなところで何してるんスか!?」なんて訊かれたから、「いや、マーシーさんこそ何してるんスかっ?」って訊き返そうとした時ですよっ。いきなりオレとマーシーさんの間に合田くんがバッと出てきてね。次の瞬間「どうも!自分、今ツイッターで板谷さんにフォローしてもらってる合田と申します!!」なんて挨拶しちゃってさっ。で、マーシーさんが途端に困った顔になってたら、オレの右端にいた人が「ああ、知ってるよっ、ゴウダくん。知ってるよっ!」なんて言ってきたから顔を見たら、甲本ヒロトさんでねっ。「うええっ、知っててくれてたんですかっ!!」なんて合田くんが本気印100%で騒ぎ始めたから、オレも「ウソだよっ、ウソ!!」なんて合田くんを本気で諭しちゃってさっ。で、甲本さんにも改めて挨拶して別れたんだけどさ。凄いです、合田くんのイザという時の瞬発力って・・・・・・。

18_20130724184557.jpg

ちなみに、高松の「鶴丸」は2店あってさ。1つは、昔からある深夜営業(20:00~翌3:00)の本店と、もう一軒はその近くにある2代目が開いた「つるまるGee」っていう2号店なんだけどさ。何か「つるまるGee」の方は客が全然入ってなかったから、客がたくさんいる本店へ行ってカレーうどんを食べてみたんだけどね。う~ん。決してマズくはないし、深夜営業ってことで多分料金は割高になってるのかはわからないでもないけど、それにしても、あのカレーうどんが1杯700円っていうのは高いような気がするな。ゴメンなさい、今回もウソがつけなくて。

(つづく)
スポンサーサイト

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。