ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
25
 
001.jpg

はい、まずは上の2冊が只今、絶賛発売中です。
左の、恥ずかしながらボキが帯文を書いている「ニトロちゃん」という漫画本の著者はご存知、沖田×華。今回は過激な内容を少し控え"見えない障害"と闘っていた小・中学校時代のことを描いていて、しかも、腹立つことにチョット泣けちゃったりします。
一方、右の「味写入門」は天才、天久画伯の本で、全国から送られてきた失敗写真に天久くんが絶妙なコピーを付けることによって、グハッハッハッハッ!と笑える作品に仕上がってます。ちなみに、この本の編集者はボキの週刊SPA!の担当者でもあるシンボさんで、この味写は既に増刷がかかったそうです。
つーことで、この2冊を是非買って下さいね

002.jpg

003.jpg

続いては先週、長野県に行った時の写真なんスけどね。まずは、松本インターから下りて10分ぐらい走ったところにある"さかた菓子舗"で有名なおやきを買いました。ちなみに、この店のおやきは日本でも1~2位を争うぐらい有名らしく、朝の8時30分から開店し、昼前にはすべての商品が売切れになってしまうことが多々あるとのこと。おすすめは、野沢菜・キンピラ・ひじきくるみで、写真に大きく写っているのは豚みそで、肉まんをさらにおいしくしたような味がしました。キミたちも松本に行くことがあったら是非、寄ってみて下さい。
長野県松本市新村514-1 0263-47-7387

004.jpg

005.jpg

006.jpg

で、その次に行ったのは、さかた菓子舗から走ること1時間ぐらいのところにある白骨温泉、その中の新宅旅館という宿の温泉に入ってきました。この白骨温泉には有名な泡の湯という温泉がありますが、今回は初めてこの温泉に入りました。う~ん・・・・・・露天風呂が少し小さかったのが残念でした。

007.jpg

008.jpg

009.jpg

010.jpg

011.jpg

で、最後に寄ったのが「蔵久」という花林糖屋さんで、ココはその他にもソバが食べられたり、喫茶店も入ってます。ちなみに、ボキがココに来るのは2度目で、最初に訪れたのは去年「板谷遠足」で黒部ダムに行った帰りに寄って、ココでカレーを食べました。何で今回も寄ったかというと、実はつい10日ぐらい前に知ったのですが、ココって「犬神家の一族(旧作)」のロケ地に使われたところだったんスよ!

写真で解説していきますと、まず1枚目の門の写真。この門って、あの松子が初めて犬神家に戦争から帰ってきた佐清(※実は静馬)を連れてくるシーンで使われた門でね。夜、竹子と梅子がこの門の前で松子を待ってて、松子の後ろに車から降りてきたを佐清を「なにごとですかぁ~?」と梅子役の草笛光子がのぞいた瞬間、覆面の男が現れて「ぎゃあああっ!!」と梅子が叫ぶシーン、あの有名なシーンに使われた門なんスよっ。
で、2枚目の写真はその蔵久でソバを食べるキャーム&ハックで、3枚目の犬の糞みたいなのは同店自信の揚げたての花林糖っス。
んで、4枚目は蔵久の母屋の入り口の左側部分で、ココがナント「犬神家の一族」の最初のシーンに出てきます。そして、5枚目は4枚目の部屋のすぐ近くにある壁なんですが、ボキが立っているところ、ココであの猿蔵が最後に「あの人のこと、忘れられない」と言うのです。
つーことで、何で今回、長野まで来たかというと、「犬神家の一族」のロケ地を見たかったからでした~。
「蔵久」長野県安曇野市豊科高家604 0263-73-0170

あと、最後に細かい連絡。
飯山ちゃん。13日はボキは築地に行ってました。わざわざ来てくれたのにゴメンね。
佐保田のオッサン。6月ごろに時間が空くので、その頃に会いましょう。
増山ちゃん。いろいろありがとね。

あっ、それから、もう1つ連絡があった。
近々、「板谷遠足」で北海道まで行きまぁ~す。なので北海道はもとより、途中の青森、秋田、盛岡、山形あたりに何か面白そうな遠足ネタがあったら教えてください。お願いします。以上っ。
スポンサーサイト
 
16
 
uma3.jpg

お久しぶりっス。ところで、この半年ぐらいズーっと気になってたラーメン屋に行ってきました。店の名は「UMA」で、西武拝島線の西部立川駅のスグ近くにあります。ちなみに、この店のことを知ったのは去年のニュースで、以前はJR立川駅近くで他店を間借りして昼間だけ営業してたのが、2009年7月26日にココに移転したとのこと。
しかし、この西武立川駅って周囲に何もなくてさ。そこにトレーラーハウスをブチ込んでラーメン屋にしちゃったのである。
で、何で去年に訪れなかったていうと、確かに変わったラーメン屋だけどホントウマいんかよ?っていう疑いがあってね。ところが、今年になって某TV番組で、この「UMA」が取り上げられてさ。したら、つけ汁の容器をパイ生地ならぬパン生地で包んだつけ麺が名物になってるらしくてね。しかも、それを食べた、あのラーメンの鬼、佐野実が「いや、ウマいですよ……」と言ったのである。つーことで、だいぶ出遅れちゃったけど、先日キャーム&ハックと一緒に行ったんですよ。

uma1.jpg

で、話題の「極UMAつけMEGAチャーシュー(1150円)」を注文したら、20分後に上のような逸品が出てきてね。そう、まず驚いたのがパン生地よりも、このチャーシューの量の多さでさ。ロースとバラ肉の2種類が入ってて、バラ肉なんて20センチぐらいあってねっ。

uma2.jpg

早速、パン生地をハシの先で破って食べたら、つけ汁は濃厚な豚骨魚介系でね。麺も太いんだけど、少し甘みがあってウマくてさ。ま、でも、チャーシューは、さすがにボキも45になるから、ちょっと多い気がしたけどね。う~ん………ウマいかマズいかって聞かれたら、もちろんウマいんだけど、う~ん……あと2回ぐらい食べなきゃわかんないなぁ……。ちなみに、麺を食べた後でスープ割りを頼んで飲んだけど、ウマくて全部飲んじゃいました。
オレ(あと2回ぐらい、しかも、他の種類のラーメンも食べてみなきゃわかんないが、とりあえずウマいにゃウマい)。
キャーム(悪くない。でも、一ヶ月に最低でも一回は食べたくなるかと聞かれると、うん……そうでもないかな)。
ハック(ボクはチャーシュー麺は頼まなかったけど、それでもつけ汁の中に大きな肉がいくつか入ってた。味は76点っス)。
以上です、キャップ!
 
04
 
先日、文庫本発売のキャンペーンの一貫として、上野にある書店「明正堂アトレ」にサイン本を置いてきました。この本にサインは、もうしません。よって、ヒマな人は是非訪れて下さい。ボキの他の文庫本もビックリするほど揃ってます。増山ちゃん、ありがと(笑)。ちなみに場所は、JR上野駅の中央改札口を出て50メートルほど歩いたところにある、駅構内です。

dekin_20100304185608.jpg

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。