ゲッツ板谷の波風日記

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
29
 
前回、松本市の山の上にある塔の正体を尋ねたら、もう20分後には"にゃあさん"がデータ付の正解を送ってくれた。そうっスか、昆虫標本や小動物の剥製なんかが展示されてる「山と自然博物館」でしたか。にゃあさん、ありがとう。

で、その1分後に情報を送ってくれた沖田×華。つーことで、仏舎利塔じゃなかったみたいだな(笑)。ちなみに、今度「板谷遠足」の取材に付き合って欲しいから連絡するね。

そうそう、週刊SPA!でやってる「板谷遠足」も早11回。とりあえず今までの流れを書いとくと

第1歩 牛久大仏を見に行く
第2歩 「瀬音の湯」に行く
第3歩 懐かしいハンバーグを食べに行く
第4歩 ガマランドに行く
第5歩 スープ入り焼きそばを食べに行く
第6歩 夢のカレーを食べに行く
第7歩 黒部ダムを見に行く
第8歩 西武ドームで野球観戦
第9歩 入水鍾乳洞を探索する
第10歩 北見隆作品展を見に行く
第11歩 サーキットの狼ミュージアムを見に行く

……と、こんな感じなんだけど、まだまだ遠足候補地や遠足ネタを募集してるので、これだというものがあれば遠慮しないで送って下さい。よろぴく。

それから、最後にいくつかのメールの質問に答えとくと、まずは光二くん。軽自動車じゃなくて、トヨタのビッツだよ! で、何でジープと買い換えたかというと、前にも書いたけど「板谷遠足」にかかる経費を少しでも節約するため、燃費がいい車にしたっつーわけよ。
それから沙夢ちゃん。ボキも、そんな歯無しオジサンは見たことありません。
ラストははっちゃん。「おでんそば」はボキ的には、う~ん……70点といったところです。ちなみに、小学生の時、代々木の塾に行く時によく食べてました。

スポンサーサイト
 
27
 
3ヶ月ぐらい前、長野県の松本市あたりで見かけた山の上にある塔。これって何なんでしょうか? 誰か教えてください。もしくは、一体何なのか一緒に考えてください。
1_20090827000409.jpg

2_20090827000419.jpg

3_20090827000427.jpg
 
22
 
ちょうど1週間前の8月15日のこと。その日、mgさんより次のようなメールがあった。
「板谷さん、今日"にじいろジーン"に、でてましたね。ぐっさんの後ろ」
いや、かなりビックリした。
実は、この約3週間前ぐらいに、ボキはキャームのことを東村山市にあるうどん屋の「きくや」に連れて行った。ところが、店に入ろうとすると、その入り口は人で一杯で、いや、この武蔵野うどん屋はマジで人気があるなぁ~と思っていたら、店のオバちゃんの1人が外に出てきて「2人?」と訊いてきた。で、「ええ」と答えたら「じゃあ、裏からで悪いんだけど入っていいよ」と言われ、店の裏口から店内へ。すると、なぜか店内はガラガラだったのだが、そこでテーブルに座ってウドンを食べていたのが吉本興業のぐっさんで、それをテレビカメラマンが録画していたのである。
んで、うどんを食い終わって車に戻る途中、「さっき吉本のぐっさんがオレらの後ろにいたよな」とキャームに言ったら、「えっ、ぐっさん?」と驚いた後で「何で山口良一がこんなトコにいんだよ?」と真顔で言ってたので、「違うよっ、だから吉本興業のぐっさんだよ。ほら、まだ店の外に立ってるじゃん!」と言って指差したら「ホントだ……。何だよっ、声を掛ければよかったなぁ、おい!!」という言葉を。が、キャーム、友達でも何でもないのに何って声を掛けるんだっつーーーの!
で、時は流れて8月15日の朝8時30分過ぎ。テレビをつけて朝メシを食べてたら、たまたま見ていたフジテレビの番組の「ぐっさんを連れて行くならこんなトコ!」というコーナーに、なんと例のうどん屋の「きくや」が出てきて、そのまま見てたら途中から完全な後姿だったが、ぐっさんと俳優の綿引勝彦さんの後ろにオレとキャームが数秒間だったが映っていたのだ。
で、数時間後に前記のメールがmgさんから届いたという次第である。
いや、ホントにビックリしたよ……。見てるんだなぁ。
 
16
 
先日「西八王子にある"西八焼肉"で、とにかくレバ刺を食べてみて下さい」という友進くんからのメールが届いた。で、何日か後にキャームとその店に行ったところ、マジでこの店のレバ刺は全く臭味がなく、今まで食べたレバ刺の中でもダントツにウマかったです。ありがとう、友進くん!

1.jpg
黙々と食べ始めるキャーム。

2.jpg
これが同店の上カルビ。ちょっと高いが確かに美味!

3.jpg
ホルモンも冗談抜きでウマし。

4.jpg
で、これが話題のレバ刺。あまりにウマくて結局、5人前食べた。

5.jpg
食い過ぎてダル眠くなるボキ。

6.jpg
最後にマークの顔真似。……バカだね。
 
14
 
はい、前回のクイズの答えは「マスクメロン(しかも5個)」でした。
ごめんな、何のひねりもなくて(笑)。つーことで、れいくん1人が大正解。
ところで、リンク集のところにある「ハックのまだ何も始まっちゃいませんよ」を見た?何か、あのノビ太が、15人が集まって1人3分の映画を撮るっていう企画があり、そのうちの1人に指名されたとのこと。で、12月には下北沢で上映予定で、さらにその後、そのフィルムがDVDにもなるみたいっス。
まぁ、そうは言っても、あの走れない白馬は、まだ何も撮影してないみたいだけど、本人の話だとノンフィクションのホラーものを撮るみたいです。………まぁ、好きにしろって感じですね。みんなもからかってやりましょう(笑)

ゲッツ板谷プロフィール

本名・板谷宏一
生年月日・1964.07.04
出身・東京都立川市
職業・ライター

News

20121009221824454_20121125183504.jpg
「ズタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎
定価・円(税別)



ゲッツ板谷twitter
https://twitter.com/getsitaya

スケルトン忠臣蔵
ガイドワークス

作品一覧 文庫本

20121009221839812_20121125183514.jpg
「メタボロ」(2012年)
発行・幻冬舎文庫
定価・648円(税込)


4041000254.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2012年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)


14_20110814165015.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2011年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

13_20110814164604.jpg
「超出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

12_20110814164128.jpg
「出禁上等!」(2010年)
発行・角川書店
定価・629円(税別)

11_20110814163741.jpg
「許してガリレオ」(2008年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

10_20110814163327.jpg
「ワルボロ」(2007年)
発行・幻冬舎
定価・686円(税別)

9_20110814163035.jpg
「わらしべ偉人伝」(2007年)
発行・角川書店
定価・667円(税別)

8_20110814162727.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2006年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

7_20110814162436.jpg
「戦力外ポーク」(2005年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

6_20110814162033.jpg
「直感サバンナ」(2004年)
発行・角川書店
定価・514円(税別)

5_20110814161812.jpg
「インド怪人紀行」(2003年)
発行・角川書店
定価・705円(税別)

4_20110814161501.jpg
「板谷バカ三代」(2003年)
発行・角川書店
定価・590円(税別)

3_20110814161115.jpg
「バカの瞬発力」(2003年)
発行・角川書店
定価・552円(税別)

2_20110814155553.jpg
「ベトナム怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・648円(税別)

1_20110814154643.jpg
「タイ怪人紀行」(2002年)
発行・角川書店
定価・600円(税別)

作品一覧 単行本

111111.jpg
「板谷式つまみ食いダイエット」(2011年)
発行・角川書店
定価・1260円(税別)


ensoku_20101002152837.jpg
「板谷遠足」(2010年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


metaboro_20100628141438.jpg
「メタボロ」(2010年)
発行・幻冬舎
定価・1500円(税別)


shin_itayabanzuke_cover-2_20090522185134.jpg
「真・板谷番付」(2009年)
発行・扶桑社
定価・1300円(税別)


yappasi.jpg
「やっぱし板谷バカ三代」(2009年)
発行・角川書店
定価・1300円(税別)


板谷番付!単行
「板谷番付!」(2008年)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


BESTっス!単行
「BESTっス!」(2007年)
発行・小学館
定価・1400円(税別)


mousou_20110224152825.jpg
「妄想シャーマンタンク」(2005)
発行・ 楓書店 発売: ダイヤモンド社
定価・本体1200円(税別)


ワルボロ
「ワルボロ」(2005)
発行・幻冬舎
定価・本体1600円(税別)


tyoudekin.jpg
「超出禁上等!」(2005)
発行・扶桑社
定価・1200円(税別)


dekin.jpg
「出禁上等!」(2004)
発行・扶桑社
定価・1143円(税別)


garireo.jpg
「許してガリレオ!」(2004)
発行・楓書店 発売・ダイアモンド社
定価・1200円(税別)


warashibe.jpg
「わらしべ偉人伝」(2003)
発行・扶桑社
定価・1300円(税込)


photo.jpg
「ばらっちからカモメール」(2003)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


jyounetu.jpg
「情熱チャンジャリータ」(2003)
発行・双葉社
定価・1200円(税別)


poku.jpg
「戦力外ポーク」(2002)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


ベトナム乱暴紀行 リバイバル単行
「ベトナム乱暴紀行リバイバル」 (2001)
発行・スターツ出版
定価・1100円(税別)


ph_011.jpg
「どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行~くりくり編 ~」(2001)
発行・角川書店
定価・1100円(税別)


ph_010.jpg
「『ステキな自分』を見失う本」(2001)
発行・新風舎
定価・1300円(税別)


bakasan.jpg
「板谷バカ三代」(2001)
発行・角川書店
定価・1200円(税別)


01908410.jpg
「直感サバンナ」(2000)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


インド怪人紀行単行
「インド怪人紀行」(2000)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


bakasyun.jpg
「バカの瞬発力」(1999)
発行・二見書房
定価・1200円(税別)


betonamu.jpg
「ベトナム怪人紀行」(1999)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


タイ怪人紀行
「タイ怪人紀行」(1998)
発行・スターツ出版
定価・1200円(税別)


ranbou.jpg
「ベトナム乱暴紀行」(1997)
発行・スターツ出版
定価・1500円(税別)


ph_002.jpg
「パチバカ天国と地獄」(1994/絶版)
発行・白夜書房


ph_001.jpg
「パチンコ必笑ガイド」(1993/絶版)
発行・白夜書房


Time

ブログパーツ

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。